今月と来月

第43回

2021.11.30更新

11月も今日で最終日。明日から12月です。今月も「みんなのミシマガジン」に訪れてくださり、ありがとうございました。「今月と来月」のコーナーでは、毎月の最後にミシマ社メンバーが今月を振り返り、そして来月に思いを馳せながらこれから起こるおもしろいことをお伝えしていきます。


代表 三島邦弘の今月と来月

mishima.jpg明日から12月。今年も残すところひと月です。早いものですね〜。
発売になったばかりの『ちゃぶ台8』の中で、益田ミリさんの漫画「仮りの世界」に、こんなセリフがあります。「今年の東京 ほぼ緊急事態宣言」。京都に住んでいる私も同感ですが、どこに住んでいても「コロナ下」の生活だったのは間違いありません。そして、つい「コロナが終わったら」と思うクセがついていました。それが、「仮りの世界」を読んで以降、もうすっかり思わなくなりました。「元の生活なんてものはそもそもないんだ」と、腑に落ちて思えるようになったのです。
現時点ではコロナは収まっていますが、皆さんは、どうでしょう?
少なくとも私にはこうした変化が起きたわけですが、これも「ひっくり返る」の一つだと思っています。「さびしい」が、ひっくり返る。『ちゃぶ台8』の特集に据えたテーマが、実践されたと言えます。
明日からの日々も、ひっくり返った世界を生きていく所存です。それが楽しみでなりません。
そのあたりの変化のことは明日の「ちゃぶ台編集室」でも話す予定です。すでにひっくり返った人はさらにひっくり返りに、まだの方はこの機会にひっくり返りに来てください! (三島邦弘)

今月のこと〈星野、 新居、森、山田、角、須賀

hosino.jpg先日、近所のカレー屋さんにテイクアウトのランチを買いに行ったら「サービスのラッシー飲んで行ってください」と言ってくださり、思いがけず嬉しいひとときを過ごしました。(星野友里)

2111hosino.jpg

arai.jpg友人宅で山盛りのからあげを作りました。ほんまにこんなに食べんの? と思いながら作ったらあっという間になくなり、自分の大切な人たちが、自分が作ったものをもりもりと食べてくれるって嬉しいことだなと沁みました(この写真は食べ尽くされた残りのひとやまです)。思わず帰宅後に『料理と利他』を読み返しました。(新居未希)

2112arai.jpg

mori.jpg高校の同級生から連絡がきました。最高ですね。(岡田森)

2111mori.png

yamada.jpg何かの流れで「長縄跳びをやりたい!」という話になり、長縄を購入した京都オフィス。久しぶりにいい汗をかきました。跳んでいるのは北海道から1週間デッチにきてくれていたアサシマさんです。(山田真生)

IMG_3387.JPG

sumi.jpg秋の京都に住むのは初めてです。紅葉の山は、夕日に照らされると輝きます。先日は比叡山がとてもきれいでした。(角智春)

2111sumi.jpeg

suga.jpg今月は『ちゃぶ台8』の発刊や、新聞に『その農地、私が買います』の著者インタビュー掲載(13日 毎日新聞、14日 読売新聞)、『くらしのアナキズム』の書評掲載(27日 朝日新聞)など、書店さんにお伝えしたいニュースがたくさんありました。書店まわりの道中、電車の写真を撮影して、ミシマ社メンバーの子どもに見てもらうのが楽しみの一つでした。(須賀紘也)

IMG20211111165057.jpg

来月のこと〈長谷川、 池畑、 田渕、岡田、 野崎、佐藤

hasegawa.jpg仕掛け屋チームはここ数週間、いろんな「仕込み」をやっています。来月はそのお披露目月間。まず12月15日(水)から、『てがみがきたな きしししし』の原画展が恵文社一乗寺店(京都)さん、『みゃーこ湯のトタンくん』の原画展が、青山ブックセンター(東京)さんではじまります。どちらもただ原画を展示するだけでなく、著者さんや会場の書店員さんと話し合って、ディスプレイにもこだわって準備しています。楽しみにしていてください。そして今年も、ミシマ社カレンダーを販売します。先日バタバタと入稿したのですが、いざ印刷に入る直前に業者さんから「6月の1日の数字がありません!」と教えていただき、事無きを得ました・・・。ミシマ社の本づくりの様子が伝わる(?)ミシマンガつきカレンダーです。よかったら来年のお供にぜひ!(長谷川実央)

ikehata.jpg今年もあと1ヶ月。青山ブックセンター本店さんでは、12月10日刊行のスケラッコさん新刊『みゃーこ湯のトタンくん』の刊行を記念して、原画展を開催します。マンガの制作工程や、舞台となっている滋賀の〈都湯〉さん取材の様子など、スケラッコさん・トタンくんの世界をまるごと味わっていただける展示になりそうです! また、Tシャツと手ぬぐいのオリジナルグッズも販売もありますので、ご来場記念にぜひ。この冬は本書を読んで、あわよくばぜひご近所の銭湯にでも入っていただき、身も心もホカホカに。原画展は12月15日~1月7日までの開催です。ご来場お待ちしております。(池畑索季)

okada.jpg来月はもう年末なんですね・・・早すぎる。この一年、電子書籍の制作に携わってきました。ミシマ社から発刊となった書籍も150冊以上になり、電子化をコツコツと進めています。来月発刊の『みゃーこ湯のトタンくん』は、紙書籍と電子書籍を同日発刊します! ミシマ社では初の試みです。「いつでもどこでもトタンくんに会いたい」という方がきっといると思うので、電子版もぜひお求めいただけたら嬉しいです。「どんな本が電子書籍化しているの?」と気になった方は、こちらのページをご参照ください。(岡田千聖)

nozaki.jpg10月から11月になるとき、なぜか私は12月を迎える心持ちでいました。そして今年も残すところあと1カ月ですね〜と言ってはまわりを混乱させるという事態に何度か陥っていました。その後自分の体内、脳内時間がなかなか修正されず、明日からはボーナストラックの1カ月。たくさん読んで、会って、話して、仕込みの期間にしたいです。そしてこれを書いている今日、京都オフィスの玄関にミシマ社の一筆せんの制作でお世話になった表現社の方とつくった、リースを設置しました。それぞれの方法とペースで、気分をあげてまいりましょう!(野崎敬乃)

satou.jpg今年もミシマ社サポーターのみなさまからいただいたお便りや、特典のサポーター新聞ではサポーターさんのみなさんがおすすめするスポットを集めてつくった地図に、たくさん元気をいただいた1年でした。来月からは次年度のサポーターさんの募集がはじまります。仕掛け屋チーム・ハセガワとともに制作したサポーターさん募集動画がお披露目される予定なので、動画だけでもぜひ見ていってください。(佐藤美月)


運営メンバー紹介(カッコ内は似顔絵を描いた人)

mishima.jpg三島邦弘 ミシマ社代表。編集者。今日も明日も明後日も、熱をもった本をつくるため動き回る。合気道歴12年。(絵:ヤマダ)

hosino.jpg星野友里 自由が丘オフィスリーダー。編集チーム。若手メンバーを教え諭す自由が丘の姉御。涼しげな表情の裏側は満身創痍? ラジオ体操を欠かさないでください(絵:モリ)。

hasegawa.jpg長谷川実央 京都オフィスリーダー。仕掛け屋チーム。ミシマ社通信やポップ、パネル作り、展覧会の設営もこなす。いつも明るくほがらかな仕事人。(絵:アライ)

arai.jpg新居未希 営業チーム現場監督(京都オフィス)。通称「ミッキー」。ミシマ社の新卒第一号。ドーナツ好き。2018年に出産し、子育てに奮闘しながらいろいろ手探りで仕事中。(絵:ノザキ)

ikehata.jpg池畑索季 営業チーム現場監督(自由が丘オフィス)。関東・東北・九州エリア担当。元山岳部その1。苔と土を愛するネイチャーボーイ。(絵:ホシノ)

tabuchi.jpg田渕洋二郎 営業チーム・デジタル事業現場監督(京都オフィス)。関西・北海道・沖縄・岡山エリア担当。社内で一番(いい意味で)軽い男。歌が好きで、急に歌い出す悪癖がある。足が速い。(絵:スミ)

okada.jpg岡田千聖 自由が丘オフィスで事務まわりを担当。ミシマ社の元祖オカダ(のちに入社した夫・岡田森は通称モリ)。元バレーボール部員で、そのためか熱血な一面があるといううわさも。(絵:イケハタ)

nozaki.jpg野崎敬乃 編集チーム(京都オフィス)。元山岳部その2。2018年入社で、その働きぶりは以降の新人のハードルを上げた。笑い上戸で、ピースが苦手。(絵:ミシマ)

mori.jpg岡田森 営業チーム・デジタル事業現場監督(自由が丘オフィス)。関東・静岡・甲信越エリア担当。ミシマ社にIT革命を起こすべく奮闘中。特技はセールストークで、気に入った商品はメンバーにもご紹介。合気道愛好家。(絵:サトウ)

suga.jpg須賀紘也 営業チーム(自由が丘オフィス)。関東・東北・中国・四国エリア担当。2019年入社の新卒。「西郷どん」という通称とは反対に、社内でアタフタしている。めちゃくちゃ硬い髪質に深い悩みを抱える。地味にお調子者。(絵:オカダ)

satou.jpg佐藤美月 営業事務。自由が丘オフィスで出荷まわりを担当。好きなものはお笑いとパン全般。湘南生まれのピアニスト。(絵:スガ)

yamada.jpg山田真生 営業チーム(京都オフィス)。2020年入社の新卒。関西・山陰・北陸エリア担当。大学では西洋美術史を専攻。高校時代は卓球部。わりとずけずけ物を言うタイプか?(絵:タブチ)

sumi.jpg角智春 今年4月より入社の新卒(京都オフィス)。とはいえデッチ歴7年と実はベテラン。メキシコ留学の記録をまとめた『すみちゃんのメヒコ日記』の著者でもあります。(絵:ハセガワ)

*紹介文はスガが書きました。

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 伊藤亜紗さんと村瀨孝生さんの往復書簡が一冊の本に! 『ぼけと利他』まもなく書店発売!!

    伊藤亜紗さんと村瀨孝生さんの往復書簡が一冊の本に! 『ぼけと利他』まもなく書店発売!!

    ミシマガ編集部

    こんにちは! ミシマガ編集部です。今週木曜日の9月15日、いよいよ『ぼけと利他』が発刊します! 『ぼけと利他』刊行のきっかけとなったのは、2020年7月18日に開催されたMSLive!「ぼけと利他~時空を超えるお年寄りたちに学ぶ」でした。出演は「宅老所よりあい」代表の村瀨孝生さんと、美学者の伊藤亜紗さん。

  • 『偶然の散歩』まえがきを公開します

    『偶然の散歩』まえがきを公開します

    ミシマガ編集部

    いよいよ9月15日(木)に、森田真生著『偶然の散歩』が書店先行発売となります。(公式発刊日は9月22日(木)です。)本書は、森田さんが2017年から2022年にわたって、日経新聞の「プロムナード」などに寄稿したエッセイ全40篇を収録しています。

  • 京都・横浜で「ミシマ社の本屋さん」を出店します!

    京都・横浜で「ミシマ社の本屋さん」を出店します!

    ミシマガ編集部

     こんにちは! ミシマガ編集部です。本日は、来週末、そして来月に私たちが出店する「本屋さん」についてご案内します!  ミシマ社京都オフィスにて併設していた小さな本屋「ミシマ社の本屋さん」が2022年7月をもって終了することになりました。 

  • 『ちゃぶ台』次号は10号! こんどの特集は「ボゴボゴ」!?

    『ちゃぶ台』次号は10号! こんどの特集は「ボゴボゴ」!?

    ミシマガ編集部

    こんにちは、ミシマガ編集部です。現在、『ちゃぶ台9』の特集「書店、再び共有地」に、読者の方々よりたくさんのご感想のおはがきをいただくなど、大きな反響をいただいています。取材記事で登場する「共有地」の本屋さんに、「記事を読んで行ってみました」というお声もいただいていて、すごく嬉しいです。

  • メンバーが選ぶ、小田嶋隆さんの本と言葉

    メンバーが選ぶ、小田嶋隆さんの本と言葉

    ミシマガ編集部

    小田嶋さんはこれまでにもミシマ社から3冊の本を発表され、また、数々のイベントにも登壇くださいました。本日のミシマガでは過去の著作に加えて、いますぐ読める豪華な対談記事をご紹介します!20代の若手メンバーが痺れた小田嶋さんの言葉とは・・・?

この記事のバックナンバー

09月30日
第53回 ミシマガ編集部
08月31日
第52回 ミシマガ編集部
07月31日
第51回 ミシマガ編集部
06月30日
第50回 ミシマガ編集部
05月31日
第49回 ミシマガ編集部
04月30日
第48回 ミシマガ編集部
03月31日
第47回 ミシマガ編集部
02月28日
第46回 ミシマガ編集部
01月31日
第45回 ミシマガ編集部
12月31日
第44回 ミシマガ編集部
11月30日
第43回 ミシマガ編集部
10月31日
第42回 ミシマガ編集部
09月30日
第41回 ミシマガ編集部
08月31日
第41回 ミシマガ編集部
07月31日
第40回 ミシマガ編集部
06月30日
第39回 ミシマガ編集部
05月31日
第38回 ミシマガ編集部
04月30日
第37回 ミシマガ編集部
03月31日
第36回 ミシマガ編集部
02月28日
第35回 ミシマガ編集部
01月31日
第34回 ミシマガ編集部
12月31日
第33回 ミシマガ編集部
11月30日
第32回 ミシマガ編集部
10月31日
第31回 ミシマガ編集部
09月30日
第30回 ミシマガ編集部
08月30日
第29回 ミシマガ編集部
07月31日
第28回 ミシマガ編集部
06月30日
第27回 ミシマガ編集部
05月31日
第26回 ミシマガ編集部
04月30日
第25回 ミシマガ編集部
03月31日
第24回 ミシマガ編集部
02月29日
第23回 ミシマガ編集部
01月31日
第22回 ミシマガ編集部
12月31日
第21回 ミシマガ編集部
11月30日
第20回 ミシマガ編集部
10月31日
第19回 ミシマガ編集部
09月30日
第18回 ミシマガ編集部
08月31日
第17回 ミシマガ編集部
07月31日
第16回 ミシマガ編集部
06月30日
第15回 ミシマガ編集部
05月31日
第14回 ミシマガ編集部
04月30日
第13回 ミシマガ編集部
03月31日
第12回 ミシマガ編集部
02月28日
第11回 ミシマガ編集部
01月31日
第10回 ミシマガ編集部
12月31日
第9回 ミシマガ編集部
11月30日
第8回 ミシマガ編集部
10月31日
第7回 ミシマガ編集部
09月30日
第6回 ミシマガ編集部
08月31日
第5回 ミシマガ編集部
07月31日
第4回 ミシマガ編集部
06月30日
第3回 ミシマガ編集部
05月31日
第2回 ミシマガ編集部
04月30日
第1回 ミシマガ編集部
ページトップへ