今月と来月

第28回

2020.07.31更新

 7月も今日で最終日。明日から8月です。今月も「みんなのミシマガジン」に訪れてくださり、ありがとうございました。「今月と来月」のコーナーでは、毎月の最後にミシマ社メンバーが今月を振り返り、そして来月に思いを馳せながらこれから起こるおもしろいことをお伝えしていきます。

***

代表 三島邦弘の今月と来月

1_三島.png今日で7月が終わりますね。ミシマ社にとっても大きな区切りの日となります。2007年4月からミシマ社初の社員となって活躍した渡辺佑一が本日、退社します。皆様、長年大変お世話になりました。明日、「一冊!取引所」を運営する株式会社カランタへ移籍します。
渡辺が担当していた業務は、営業チームの池畑、新居、岡田、田渕を中心に引き継ぐ予定です。本日をもって渡辺がミシマ社の仕事をおこなうことはなくなりますが、たまには顔を見せにきてくれると思います。今後とも、渡辺ともどもよろしくお願い申し上げます。(三島邦弘)

今月のこと〈渡辺、 星野、 新居、森、須賀、山田

watanabe.jpg13年と3か月ほど在籍したミシマ社も本日まで。「一冊!取引所」運営会社の株式会社カランタに移籍します。入社直後に撮った、私の原点のような1枚を胸に。(渡辺佑一)

0731watanabe.jpg

hoshino.jpg今月は『ど忘れ書道』発刊月。カラフルなカバーが印象的な本書ですが、カバーを脱いでもすごいんです!(星野友里)

0731hosino.jpg

arai.jpg7月刊『ど忘れ書道』キャンペーン用に作ったTシャツを着てMSLive!でCMを。書道が目立つのでウェストが細く見えるって?ウンウン。 「ど忘れ大賞」に応募すると、このTシャツが当たるかもだって?即応募だ〜!(新居未希)

0731arai.png

mori.png群馬県前橋市の「絵本みたいな場所」フリッツ・アートセンターさんのギャラリーが『パパパネル』でいっぱいになっております。顔だらけのにぎやかな原画展です。(詳しくはこちら(岡田森)

image (4).png

suga.jpg先月の終わりの方はもうちょっとで書店まわりができるかも? と淡い期待を持っていましたが、結局7月に入ってからはコロナ情勢は悪化の一途で、電車に乗っての書店まわりは行えませんでした。出先でラーメンを食べる楽しみがなくなり、出先で写真を撮れないことで今月と来月もネタにも困る日々・・・。写真は昨日の晩ご飯のそうめんです。いつの間にか真夏になっていました。(須賀紘也)

0731suga.jpg

yamada.jpg今月から、MSLive!チーム、営業チームに配属となりました! カランタに移籍する渡辺さんの営業エリア(主に兵庫、大阪南部)を引き継ぐこととなったので、渡辺さんと書店さんへごあいさつをしに行きました。正式な名刺がまだできあがっていないので、この、不思議な名刺を持ってうかがいました。(山田真生)

0731yamada.jpg

来月のこと〈長谷川、 池畑、 野崎、佐藤

hasegawa.jpg来月からワタナベさんが、「一冊!取引所」を運営する株式会社カランタへ移籍します。「ミシマ社の古参兵」「名物営業」「四角いタイヤ」「ワタナベ城」「なーべ」・・・何かと話題の中心で、ミシマ社の「ネタ」的な存在でもあったワタナベさんですが、私にとっては「社会人の先輩」。わからないことがあれば、いつもすぐワタナベさんに聞いていたので、明日からいないのか、と思うと何とも言えない気持ちです。あ、でも京都にはいるんでした。ワタナベさん、ひとまず、お疲れさまでした。(長谷川実央)

ikehata.jpg8月の新刊はバッキー井上さんの『残念こそ俺のご馳走。ーーそして、ベストコラム集』です。バッキーさんがきっかけでミシマ社に入り、営業としてはじめて本屋さんに案内したのもバッキーさんの著書『人生、行きがかりじょう』だった私にとって、待ちに待った新刊。傷んだ心にしみるフレーズの数々に、脳みそも肝臓もゆさぶられる、ものすごい一冊です。わかるけどわからない。わからないことがわかる。あー、というしかありません。(池畑索季)

nozaki.jpg月末は担当している本の制作が佳境にあることが多く、この「今月と来月」のコーナーで何度も「佳境です」と言ってきたように思うのですが、今も佳境です。来月はバッキー井上さんの『残念こそ俺のご馳走。ーーそしてベストコラム集。』の刊行を予定しています。50本以上のコラムの中には「イノウエのイノはイノベーションのイノである」という見出しのものがあって、とっても気に入っています。ケラケラ面白く読んでいると、急にじんわり泣けてきたりする、奇妙な本です。(野崎敬乃)

satou.jpg来月いよいよ「こどもとおとなのサマースクール 2020」が始まります! 講師陣、タイトルからしてワクワクが止まりません。私のイチオシは中田兼介先生の「教えて、いきもの博士!」です。虫がニガテな私ですが、中田先生の『クモのイト』を読んで、家の中にいるクモに対して愛着がわくほど中田先生のクモ愛にかなり影響を受けました。クモだけでなく、「いきもの愛」溢れる中田先生の講座に、お子さんはもちろん、ニガテだけど歩み寄ってみようかな・・・と思う大人の方にもぜひご参加頂きたいです。他の講座の参加と迷ったら、全講座参加チケットもありますよ~!(佐藤美月)


運営メンバー紹介

mishima.jpg三島邦弘 ミシマ社代表。編集者。今日も明日も明後日も、熱をもった本をつくるため動き回る。合気道歴11年。

watanabe.jpg渡辺佑一 営業チーム。北陸・東海・関西・中国エリア担当。ミシマ社の社員第一号。長年の直取引営業経験と趣味の将棋から得た知見を若手に伝える軍師。『キングダム』好き。

hoshino.jpg星野友里 編集チーム。若手メンバーを教え諭す自由が丘の姉御。涼しげな表情の裏側は満身創痍? ラジオ体操を欠かさないでください(byスガ)。

arai.jpg新居未希 編集チーム。通称「ミッキー」。ミシマ社の新卒第一号。ドーナツ好き。2018年に出産し、子育てに奮闘しながらいろいろ手探りで仕事中。

hasegawa.jpg長谷川実央 仕掛け屋チーム。ミシマ社通信やポップ、パネル作り、展覧会の設営もこなす。いつも明るくほがらかな仕事人。

ikehata.jpg池畑索季 営業チーム。関東・東北・九州エリア担当。元山岳部その1。苔と土を愛するネイチャーボーイ。

tabuchi.jpg田渕洋二郎 営業チーム。関西・北海道・四国・山陰エリア担当。社内で一番(いい意味で)軽い男。歌が好きで、急に歌い出す悪癖がある。足が速い。

nozaki.jpg野崎敬乃 編集チーム。元山岳部その2。2018年入社で、その働きぶりは以降の新人のハードルを上げた。笑い上戸で、ピースが苦手。

mori.png岡田森 営業チーム。関東・静岡・甲信越エリア担当。ミシマ社にIT革命を起こすべく奮闘中。特技はセールストークで、気に入った商品はメンバーにもご紹介。合気道愛好家。

suga.jpg須賀紘也 営業チーム。神奈川エリア担当。2019年入社の新卒。「西郷どん」という通称とは反対に、社内でアタフタしている。めちゃくちゃ硬い髪質に深い悩みを抱える。地味にお調子者。

satou.jpg佐藤美月 営業事務。自由が丘オフィスで出荷まわりを担当。好きなものはお笑いとパン全般。湘南生まれのピアニスト。

yamada.jpg山田真生 今年4月より入社の新卒。ミシマガをはじめさまざまな方向から振られる仕事に、ひたむきに取り組んでいます! 大学では西洋美術史を専攻。高校時代は卓球部。わりとずけずけ物を言うタイプか?

*記載は入社順です。紹介文はスガが書きました。

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • MS Live! 制作室

    「こどもとおとなのサマースクール 2020」開催のごあいさつ&チケットのご案内

    MS Live! 制作室

    今年の夏、ミシマ社は、念願のサマースクールを開講することにしました。もとをたどれば2年前、周防大島でサマースクール(プレ)をおこないました(詳しくは「ちゃぶ台」Vol.3をご覧いただければ幸いです)。とはいえ、当時は一般の方々へ開いたかたちではありませんでした。昨年は多忙を理由に断念。このままいけば、今年も「ない」まま流されていたかもしれません。が、今年はなんとしても、開催しよう。しなければいけない、と思うに至りました。

  • 「ど忘れ大賞」開催!? みんなの「ど忘れ」大募集!!

    「ど忘れ大賞」開催!? みんなの「ど忘れ」大募集!!

    ミシマガ編集部

    昨日発売となったいとうせいこうさんの新刊『ど忘れ書道』。その刊行を記念して、「ど忘れ大賞」という前代未聞の賞を開催することになりました! 審査員長はもちろんこの方! 「忘れの天才」こと、いとうせいこうさんです!!

  • 土井善晴先生×中島岳志先生「一汁一菜と利他」(1)

    土井善晴先生×中島岳志先生「一汁一菜と利他」(1)

    ミシマガ編集部

    2020年6月20日、MSLive!にて、土井善晴先生と中島岳志先生のオンライン対談が行われました。料理研究家と政治学者、そんなお二人のあいだでどんなお話が繰り広げられるのか、一見、想像がつきづらいかと思います。ですが、自分たちの足元からの地続きの未来を考えるとき、中島先生が最近研究のテーマに据えられている『利他』と料理・食事のあいだには、大切なつながりがあることが、対話を通して明らかになっていったのでした。今回の特集では前半と後半の2回にわけて、そんなお二人のお話の一部をお届けします。

この記事のバックナンバー

07月31日
第28回 ミシマガ編集部
06月30日
第27回 ミシマガ編集部
05月31日
第26回 ミシマガ編集部
04月30日
第25回 ミシマガ編集部
03月31日
第24回 ミシマガ編集部
02月29日
第23回 ミシマガ編集部
01月31日
第22回 ミシマガ編集部
12月31日
第21回 ミシマガ編集部
11月30日
第20回 ミシマガ編集部
10月31日
第19回 ミシマガ編集部
09月30日
第18回 ミシマガ編集部
08月31日
第17回 ミシマガ編集部
07月31日
第16回 ミシマガ編集部
06月30日
第15回 ミシマガ編集部
05月31日
第14回 ミシマガ編集部
04月30日
第13回 ミシマガ編集部
03月31日
第12回 ミシマガ編集部
02月28日
第11回 ミシマガ編集部
01月31日
第10回 ミシマガ編集部
12月31日
第9回 ミシマガ編集部
11月30日
第8回 ミシマガ編集部
10月31日
第7回 ミシマガ編集部
09月30日
第6回 ミシマガ編集部
08月31日
第5回 ミシマガ編集部
07月31日
第4回 ミシマガ編集部
06月30日
第3回 ミシマガ編集部
05月31日
第2回 ミシマガ編集部
04月30日
第1回 ミシマガ編集部
ページトップへ