今月と来月

第27回

2020.06.30更新

 6月も今日で最終日。明日から7月です。今月も「みんなのミシマガジン」に訪れてくださり、ありがとうございました。「今月と来月」のコーナーでは、毎月の最後にミシマ社メンバーが今月を振り返り、そして来月に思いを馳せながらこれから起こるおもしろいことをお伝えしていきます。

***

代表 三島邦弘の今月と来月

1_三島.png おかげさまで、MSLive! がいい感じに動きだしております。その流れのままに、来月は念願だったサマースクールを開きます! まずは7月末に「大人向け」のサマー講座を。土井善晴先生はじめ、5人の講師の方々に5日間講座をもっていただく予定です。 そして、8月には、こどもと大人のサマースクールも準備中。 コロナの感染がまだまだ続くなか、心身ともに縮こまりがちですが、手足と頭をしっかり使い、感覚と生命力が高まるようなライブを考えています。 一冊入魂、その瞬間に生成される言葉を一冊に収めてきた、それと同じような感覚で講座も仕込み、運営します。 どうぞご期待くださいませ。(三島邦弘)

今月のこと〈渡辺、池畑、田渕、野崎、佐藤

watanabe.jpgオフィスに「サーマレスト Zシートソル」を持ち込み、ちょっぴりアウトドア気分を味わってます。(渡辺佑一)
watanabe.jpg

ikehata.jpgMSマルシェにご登場くださったタルマーリーさんのチーズマフィン。いろんな味が複雑にまじりあってなんて豊かなおいしさ! 身体が反応しました。(ミシマ社の本屋さんショップで、タルマーリーさんのパンとビールセットを期間限定販売中です! 詳しくはこちら)(池畑索季)

ikehata.jpg

tabuchi.jpgホホホ座山下さんに預けていた、「ナゾ」が京都オフィスに戻ってきました。めちゃめちゃでかくなってました。(田渕洋二郎)

tabuchi.jpg

nozaki.jpgパパパネル』が発刊し、笑い声が増したミシマ社京都オフィス。ここではある日の業務連絡をどうぞ。(野崎敬乃)

nozaki.jpeg

satou.jpgパパパネルパーティ」の冒頭で流れる「パパパブルース」作曲のようすです。tupera tuperaの亀山さんにも歌っていただき感激です!(しかも力強い歌声です)(佐藤美月)

satou.jpg

来月のこと〈星野、長谷川、田渕、森、須賀 、山田

hoshino.jpg来月、いとうせいこう著『ど忘れ書道』がいよいよ発売となります。最近の自由が丘オフィスでは、誰かが何かをど忘れすると「あ、ど忘れだ!!」とみんなが注目し、ヒントを出し合いながら正解にたどりつく、という一連のやりとりが流行しており、絶妙など忘れをした人は賞賛され、平和な空気が流れます。ほがらか効果満点の『ど忘れ書道』、一家に一冊どうぞ。(星野友里)

hasegawa.jpgつい数日前に社内で打ち合わせたばかりなので、詳しいことは何にも決まってないのですが・・・来月の真ん中くらいに、群馬県にあるフリッツ・アートセンターさんで、『パパパネル』展みたいなの、やります!何するか全く決まってないけど、楽しみ!! 外へのお出かけにはまだまだ気をつかうけれど、会場は緑いっぱいの公園の中にある、ゆったりスペースのセンターの中です。みんなで気をつけながらも、
「今日は楽しい1日だったね」ってご来場いただいたみなさまに思ってもらえるような、そんな場所が作れたら、と思ってます。(長谷川実央)

arai.jpg来月刊行になる、いとうせいこうさんの『ど忘れ書道』。告知動画をつくったりいろいろ楽しく準備していますが、
このおもろい奇書をどう伝えればよいのか、いや伝えるためには決してこちらがスベってはいけないぞこれ・・・とボケクオリティに緊張しつつ、
発刊がたのしみです。ちなみに最近の私のど忘れは「相川七瀬」です。(新居未希)

mori.png7月18日から、群馬県前橋市のフリッツ・アートセンターさんで、『パパパネル』の展示を開催します! パパパネルの原画が初公開される他、楽しい仕掛けも作りこんで、「おうちの中がお祭りになるパパパネル」の可能性を探っていきたいと思います。(岡田森)

suga.jpg来月もMSLive!が盛りだくさんです。月末にはお子さんも参加できる、「サマースクール」を開催します。18日(土)開催の、村瀨孝生さんと伊藤亜紗さんの対談、どんなお話になるのか楽しみです。そんなMSLive!の運営を担当しているのがタブチとヤマダです。新人・ヤマダは新しい事業にもどんどん取り組んでいてえらいなあと昨年の新人(=私)は思います。(須賀紘也)

yamada.jpg今月に引き続き、来月も、MSLive!で木村俊介さんの連続講座「取材入門」を開催します。木村さんが取材のノウハウを教えてくださり、実際に取材している様子までお見せいただくこちらの講座。本当に楽しそうに取材をされている木村さんのお姿を拝見していると、取材をしたことのない僕も、はやく取材をしてみたくなりました。第2波来ないでくれ~。(山田真生)


運営メンバー紹介

mishima.jpg三島邦弘 ミシマ社代表。編集者。今日も明日も明後日も、熱をもった本をつくるため動き回る。合気道歴11年。

watanabe.jpg渡辺佑一 営業チーム。北陸・東海・関西・中国エリア担当。ミシマ社の社員第一号。長年の直取引営業経験と趣味の将棋から得た知見を若手に伝える軍師。『キングダム』好き。

hoshino.jpg星野友里 編集チーム。若手メンバーを教え諭す自由が丘の姉御。涼しげな表情の裏側は満身創痍? ラジオ体操を欠かさないでください(byスガ)。

arai.jpg新居未希 編集チーム。通称「ミッキー」。ミシマ社の新卒第一号。ドーナツ好き。2018年に出産し、子育てに奮闘しながらいろいろ手探りで仕事中。

hasegawa.jpg長谷川実央 仕掛け屋チーム。ミシマ社通信やポップ、パネル作り、展覧会の設営もこなす。いつも明るくほがらかな仕事人。

ikehata.jpg池畑索季 営業チーム。関東・東北・九州エリア担当。元山岳部その1。苔と土を愛するネイチャーボーイ。

tabuchi.jpg田渕洋二郎 営業チーム。関西・北海道・四国・山陰エリア担当。社内で一番(いい意味で)軽い男。歌が好きで、急に歌い出す悪癖がある。足が速い。

nozaki.jpg野崎敬乃 編集チーム。元山岳部その2。2018年入社で、その働きぶりは以降の新人のハードルを上げた。笑い上戸で、ピースが苦手。

mori.png岡田森 営業チーム。関東・静岡・甲信越エリア担当。ミシマ社にIT革命を起こすべく奮闘中。特技はセールストークで、気に入った商品はメンバーにもご紹介。合気道愛好家。

suga.jpg須賀紘也 営業チーム。神奈川エリア担当。2019年入社の新卒。「西郷どん」という通称とは反対に、社内でアタフタしている。めちゃくちゃ硬い髪質に深い悩みを抱える。地味にお調子者。

satou.jpg佐藤美月 営業事務。自由が丘オフィスで出荷まわりを担当。好きなものはお笑いとパン全般。湘南生まれのピアニスト。

yamada.jpg山田真生 今年4月より入社の新卒。ミシマガをはじめさまざまな方向から振られる仕事に、ひたむきに取り組んでいます! 大学では西洋美術史を専攻。高校時代は卓球部。わりとずけずけ物を言うタイプか?

*記載は入社順です。紹介文はスガが書きました。

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

編集部からのお知らせ

2020年度ミシマ社サポーターのご案内

【サポーター期間】2020年4月1日~2021年3月31日

*サポーターさんの募集は毎年その年の1月~3月に行っております。募集期間以降も受け付けておりますが、次年度の更新時期はみなさま来年の4月で統一です。途中入会のサポーターさんには、その年度の特典は、さかのぼって全てお贈りいたします。


サポーターの種類と特典

ミシマ社サポーター【サポーター費:30,000円+税】

毎月ミシマ社から贈り物が届きます。以下の特典を少しずつ分けて、一年間お届けします。

【ミシマ社からの贈り物】

* ミシマ社サポーター新聞(1カ月のミシマ社の活動を、メンバーが手書きで紹介する新聞)
* 紙版ミシマガジン(非売品の雑誌。年2回発行・・・の予定です!)
*『ちゃぶ台』をはじめとした、2020年度のミシマ社新刊4〜5冊(何が届くかはお楽しみに!)
* ミシマ社手帳などのオリジナルグッズ
* サポーターさん限定イベントのご案内
* ミシマ社主催イベントの割引

・・・などを予定しております!(※特典の内容は変更になる場合もございます。ご了承くださいませ。)

ウルトラサポーター【サポーター費:100,000円+税】 

※ウルトラサポーターは、法人・個人問わず、年間30名様限定です。

【ミシマ社からの贈り物】

上記のミシマ社サポーター特典に加え、

*2020年度刊行のミシマ社と「ちいさいミシマ社」レーベルの新刊すべて
*代表ミシマの新刊『パルプ・ノンフィクションー出版社つぶれるかもしれない日記』(河出書房新社より2020年3月刊行予定)
MSlive!、税込み3000円以下のイベントへ、月1回無料ご招待
*ウルトラサポーターさん交流会(お食事会)
*「ミシマ社をどうするか会議」へのご招待

(※特典の内容は変更になる場合もございます。ご了承くださいませ。)


お申し込み方法

 サポーター費のお支払いの方法によって、お申し込み方法が変わります。以下よりお選びください。

ミシマ社のウェブショップからクレジット決済をご希望の場合

下の緑色のボタンから直接お手続きをお願いいたします。

クレジット決済はこちら

郵便振替をご希望の場合

下記項目とともにメール、お電話、ファックスのいずれかにてミシマ社京都オフィスまでご連絡ください。後日こちらから払込用紙をお送りいたします。

  1. お名前(フリガナ):
  2. 性別、ご年齢:
  3. ご住所:
  4. 電話番号:
  5. FAX番号:
  6. メールアドレス:
  7. サポーター種類:ミシマ社サポーター or ミシマ社ウルトラサポーター
  8. クレジット名掲載希望の有無:有 or 無
  9. ご希望の場合の掲載名:

※紙版ミシマガジンの奥付ページに、サポーターの方々のクレジットを入れています。掲載ご希望の場合は、

 ・お名前をそのまま記載
 または
 ・掲載用のハンドルネーム

 のいずれかをお知らせください。

E-mail:supporters@mishimasha.com
(件名「2020サポーター申込み」にてお願いいたします)

FAXご送付先:075-746-3439
TEL:075-746-3438

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

この記事のバックナンバー

06月30日
第27回 ミシマガ編集部
05月31日
第26回 ミシマガ編集部
04月30日
第25回 ミシマガ編集部
03月31日
第24回 ミシマガ編集部
02月29日
第23回 ミシマガ編集部
01月31日
第22回 ミシマガ編集部
12月31日
第21回 ミシマガ編集部
11月30日
第20回 ミシマガ編集部
10月31日
第19回 ミシマガ編集部
09月30日
第18回 ミシマガ編集部
08月31日
第17回 ミシマガ編集部
07月31日
第16回 ミシマガ編集部
06月30日
第15回 ミシマガ編集部
05月31日
第14回 ミシマガ編集部
04月30日
第13回 ミシマガ編集部
03月31日
第12回 ミシマガ編集部
02月28日
第11回 ミシマガ編集部
01月31日
第10回 ミシマガ編集部
12月31日
第9回 ミシマガ編集部
11月30日
第8回 ミシマガ編集部
10月31日
第7回 ミシマガ編集部
09月30日
第6回 ミシマガ編集部
08月31日
第5回 ミシマガ編集部
07月31日
第4回 ミシマガ編集部
06月30日
第3回 ミシマガ編集部
05月31日
第2回 ミシマガ編集部
04月30日
第1回 ミシマガ編集部
ページトップへ