今月と来月

第11回

2019.02.28更新

 2月も今日で最終日。今日も「みんなのミシマガジン」に訪れてくださり、ありがとうございます。みなさんにとっての2月はどんな1カ月でしたか? 「今月と来月」のコーナーでは、毎月の最後にミシマ社メンバーが今月を振り返り、そして来月に思いを馳せながらこれから起こるおもしろいことをお伝えしていきます。

***

代表 三島邦弘の今月と来月

0430-1.pngもうひと月が終わり!? と思ったのは私だけでしょうか? 2月は去る。まして、インフルエンザなんぞに罹って一週間を棒に振ったならばなおのこと。そんな月ではありましたが、仕事はけっこう順調でした。まずは、1月3日に募集を開始した採用活動が無事終了。 4月1日に新メンバーが加わる予定です(楽しみ)。それと平行して、「ワタナベ城を落とすのじゃ!」プロジェクトもいい感じに動き出しています。
 いやあ、いろいろ動いてますね。と我ながら思いますが、「ミシマ社の本屋さん」の出版部門まで立ち上げることに(詳しくは、「これからの出版社とこれからの書店」をご覧いただけると嬉しいです)。
 そしてそして、つい昨晩。森田真生さんの『数学の贈り物』を校了しました! まる5年をかけて育ててきた、生命の塊のような一冊が3月20日に発売となります。ああ、来月も楽しみがいっぱいだ。おもろい、おもろい、と日々笑って、花粉なんて吹っ飛ばすぞ。とくしゃみしながら思っています。(三島邦弘)


ここからは、ミシマ社メンバーよりお届けします。

今月のこと〈渡辺、長谷川、田渕、野崎より〉

0430-2.png盛岡のさわや書店さんを訪問すべく、伊丹から空路、東北の地に降り立った私。途中で東京から来た某書店の店長さんにヒッチハイクしてもらいました。(渡辺佑一)

0228-wata.jpg

0430-5.png今年最初のミシマ社合宿。なぜか芋片手にドヤ顔をする、営業・イケハタ。(長谷川実央)

0228-hase2.jpg

0430-8.pngインスタをやっていないのですが、インスタバエする写真を撮ってみました。正確には僕は撮っていなくて、飛んでいます。(田渕洋二郎)

0228-tabuchi.jpg

0430-10.png「ミシマ社の本屋さん」の日の一枚です。次回は3/24(日)、遊びにきてください。(野崎敬乃)

0228-nozaki.jpg


来月のこと〈星野、池畑、森より〉

0430-3.png来月は、なんといっても森田真生さんの『数学の贈り物』発刊です。イベントなどで森田さんのお話を聴いていると、細胞が活性化してエネルギーが湧いてくる感覚があるのですが、本書の原稿を読んでいるときにも、同じ現象が起こりました。そしてこれを書いている現在、装丁の見本が手元に届いているのですが、これがまた、本文のエネルギーをそのまま形にしたような、見事な佇まいなのです。本書を届ける喜びをかみしめる1カ月になりそうです。(星野友里)

0430-6.png来月はついに森田真生さんの新刊『数学の贈り物』が発刊を迎えます! それに関連して、「数学ブックトーク」を3/10東京、3/30熊本で開催。また3/2には代官山蔦屋書店さんで『胎児のはなし』のイベントもあります。イベント盛りだくさんだにゃ~~!(池畑索季)

0731-1.png3月の3つの目標。3回以上の出張、3日坊主に終わった早起き運動を再開する、サンキューの心を常に持つ。そんな感じで充実の月にしたいと思います。(岡田森)

ミシマガ編集部

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

 

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 胎児はめちゃくちゃおもしろい! ~増﨑英明先生と最相葉月さん、発刊後初対談(1)

    胎児はめちゃくちゃおもしろい! ~増﨑英明先生と最相葉月さん、発刊後初対談(1)

    ミシマガ編集部

    発売から1カ月半ほど経った『胎児のはなし』、「本当におもしろかった! 知らなかったことがたくさん!」という読者のみなさまの声をたくさんいただいています。そして新聞などメディアでの紹介が続き、おかげさまで3刷大増刷中です!

  • イスラムが効く!

    『イスラムが効く!』刊行直前 内藤正典先生インタビュー(1)

    ミシマガ編集部

    今週末2019年2月23日(土)に『イスラムが効く!』が発売となります。イスラム地域研究者の内藤正典先生と、イスラム法学者でありムスリムである中田考先生による対談本。『となりのイスラム』(内藤正典著)から2年半ぶりに、ミシマ社からは2冊目のイスラムに関する本が登場です。本を書き終えた内藤先生に、とくにこれは日本人に効く!という場面を詳しく教えていただきました。2日にわたってお届けします。

  • 町屋良平さんインタビュー 言語的凝縮を解き放つ(1)

    町屋良平さんインタビュー 言語的凝縮を解き放つ(1)

    ミシマガ編集部

    祝・第160回芥川賞受賞!! 昨年末に「本屋さんと私」に登場してくださった町屋良平さんが、このたび「1R(いちらうんど)1分34秒」にて芥川賞を受賞されました。こちらのインタビューでは、小説を書くという営みについても、丁寧にお話しいただいています。町屋さんの小説をこれから読む方も、すでに読んだ方も、ぜひどうぞ!

  • 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1)

    『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1)

    ミシマガ編集部

    11月22日、『銀河鉄道の星』(宮沢賢治・原作、後藤正文・編、牡丹靖佳・絵)が発売となりました。発売を記念して、この本の著者であり、12月5日にはNEW ALBUM「ホームタウン」を発表したASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル&ギターを担当する後藤正文さんと、装丁を手がけてくださった名久井直子さんの対談を2日間にわたり、お送りします。昨日掲載した「あとがき」からさらに踏み込んで、後藤さんがなぜ、宮沢賢治を新訳しようと思ったのか、そして子どものころから宮沢賢治の作品に触れてきた名久井さんは、今回何を感じられたのか? たっぷりとお届けします。

この記事のバックナンバー

02月28日
第11回 ミシマガ編集部
01月31日
第10回 ミシマガ編集部
12月31日
第9回 ミシマガ編集部
11月30日
第8回 ミシマガ編集部
10月31日
第7回 ミシマガ編集部
09月30日
第6回 ミシマガ編集部
08月31日
第5回 ミシマガ編集部
07月31日
第4回 ミシマガ編集部
06月30日
第3回 ミシマガ編集部
05月31日
第2回 ミシマガ編集部
04月30日
第1回 ミシマガ編集部
ページトップへ