地域編集のこと

第9回

編集発行→編集発酵へ。

2019.08.17更新

 前回につづき編集発酵家のことについて、もう少し書きたい。編集とは字のごとく素材を集め編むことだけれど、それが本であれ、イベントであれ、なんであれ、いち早く世間にお届けすることが重要だと思われがちだ。しかしここに「発行」ではなく、「発酵」の考え方を取り入れてみると、原稿や企画を寝かせてみることの価値に気づく。

 熟成肉じゃないけれど、いまや「新鮮な魚ほど美味いわけじゃない」ことは、ちょっと高級なお寿司屋さんに行けばすぐわかる。シャリに馴染む食感になるまで寝かせる技術は職人さんたちにとっては常識だ。一方、編集者における情報の扱いは、同じ生モノと言えど、いまだにスピード重視一辺倒。時機を逃せばその価値はみるみるうちに減ってしまうと、先手を打つことばかり気にしている。しかし、文章も企画も商品も、早く出せば良いってものでもない。そこの見極めにこそ、プロフェッショナルが宿る。

 雑誌やWEBメディアなどの狭義な編集者は、世の中に新しい何かを提案したいタイプの人間が多い。それだけに、早くアウトプットしなければ、他の誰かにやられてしまうという焦りを持ちがちだ。もちろん、新鮮さが命なモノがあることも、またそうやって勢いと瞬発力で動くことの尊さも、知らないわけではないが、今の時代は、あまりにも「待つことの価値」が軽んじられすぎている。

 だからいま編集者は、率先して「待つこと」の価値を伝えるべきだと思う。

 先日、神戸で「微生物からみる商売のはなし」という変わったタイトルのイベントを開催した。鳥取県智頭町にある天然酵母のパン屋『タルマーリー』店主で『田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」』の著者でもある渡邉格さんと、兵庫県西宮市の天然酵母パン『ameen's oven』店主のミシマショウジさんを迎え、発酵と経済について語ろうという、かなりアクロバティックなイベント。

 そもそも、タイトルがぶっ飛び過ぎているし(自分でつけたけど)、これはきっと集客に苦戦するぞと思っていたら、当初予定していた定員60名が即満席。ギリギリまで増席して、結果、160名もの方が参加してくださった。タレントさんのイベントじゃあるまいし、ここまで人が来るというのは(しかも神戸で)、いかに「発酵」という言葉に世間の注目が集まっているかの証拠だ。

 イベント当日、お二人が語ってくれた天然酵母によるパンづくりの話は、安全安心や美味い不味いといった次元の話ではなく、イーストを使った効率重視なパンづくり、言わば大量生産大量消費社会へのカウンターの話だった。言い換えるなら「待つこと」の大切さの話。

 何度も言うが、待つことは=腐らせてしまうことだけではなく=発酵させることでもある。それをわかって動く、醸造家のような編集者がもっともっと必要だ。じゃあ、そんな編集者になりたければどうすればよいか? それは簡単だ。都会のプロジェクトではなく、地方の実践で編集を学べばいい。

 少子高齢人口減少がさらに進む地方で、都会のようなスピード感を求めるのは不毛。順調に見えたのに、突然腐敗に向かったり、かと思えば、急に発酵に転んだり。地方で何かを企てようとしても、なかなか思うようにいかないどころか、そもそもコントロールしようとしたことのエゴに気づく。

 そんなとき、編集者がやれることは、まずはその土地で暮らすさまざまな人たちを菌と捉え、その多様な菌のなかで、有用な菌を見極めること。また、それら有効に働いてくれる菌が活発に動ける環境をつくること。それだけだ。しかし、それを出来るのがいま求められる編集発酵家なのだと思う。

 速さ重視の価値観で物事を進めることに慣れてしまった人が、地方のプロジェクトに取り組むと、まだ発酵しかけているものまで腐敗させてしまいかねない。つまりは、待ったり、引いたり、忘れたりするチカラがないのだ。逆に地方のプロジェクトに慣れると、都会のプロジェクトに対しても胆力がついて良い。

 我々は「速さ」に対して多くの対価を払うほどに盲目だ。「遅いことなら誰でもできる」そんな言葉とともに、まるで、遅いものには価値がないと、そう心に植えつけられてきたからかもしれない。しかしそれを「発酵」は覆してくれる。遅くて、ゆっくりで、のんびりでいいじゃないか。

 そもそも、人間が速さに魅力を感じるのは、人生に限りがあるからだ。しかしその限られた人生も年々長くなっている。超高齢化社会の到来。ならばいよいよ発酵チャンス。編集発行から編集発酵の時代へ。一緒に。

藤本 智士

藤本 智士
(ふじもと・さとし)

1974 年兵庫県生まれ。編集者。有限会社りす代表。雑誌「Re:S」編集長を経て、秋田県発行フリーマガジン「のんびり」、webマガジン「なんも大学」の編集長に。 自著に『風と土の秋田』『ほんとうのニッポンに出会う旅』(共に、リトルモア)。イラストレーターの福田利之氏との共著に『いまからノート』(青幻舎)、編著として『池田修三木版画集 センチメンタルの青い旗』(ナナロク社)などがある。 編集・原稿執筆した『るろうにほん 熊本へ』(ワニブックス)、『ニッポンの嵐』(KADOKAWA)ほか、手がけた書籍多数。

編集部からのお知らせ

秋田県にかほ市で「いちじくいち」が今年も開催されます!

会場:にかほ市立 旧上郷小学校(秋田県にかほ市象潟町小滝舞台64)
日時:2019年 10月 5日(土)・6日(日) 11:00〜16:00

料金
入場料:無料
退場料:有料(お気持ちで1円〜)

主催:
いちじくいち実行委員会(佐藤勘六商店、のんびり合同会社)

*今年もミシマ社ブース出店予定。本を手売りします!*

「北限のいちじく」を軸(じく)にして
身の丈の豊かさについて考えられる市(いち)

 「いちじくいち」は、秋田県にかほ市のみなさんとともに、2016年9月にスタートしたマルシェイベントです。にかほ市の旧小学校を会場に、とれたての生いちじくの販売、全国の人気飲食店や物販店によるマーケットやワークショップなど盛りだくさん!

 少子高齢人口減の進む秋田ですが、豊かな食や自然溢れる秋田は、決してビリなんかじゃない。そんな「NONビリ(のんびり)」秋田が、これからも身の丈にあった暮らしを続けていける。「いちじくいち」がそのきっかけとなることを願っています。

(いちじくいち 公式サイトより)

いちじくいち 公式サイト 

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 谷川俊太郎さんインタビュー 京都と本と音楽のはなし(1)

    谷川俊太郎さんインタビュー 京都と本と音楽のはなし(1)

    ミシマガ編集部

    2019年の暮れ。ミシマ社の企画会議にて「ミシマ社メンバーが本気で会いたいと思う人に取材する企画」を2020年にスタートすることが決まりました。メンバーが全力で依頼書を書き、全力で取材準備し、全力でまとめる。改めて家の本棚を見返すと、一番たくさんあったのは谷川俊太郎さんの本でした。思えば、幼稚園のころから「ことばあそびうた」を口ずさみ、小学校の教科書で詩を読み、中学の合唱コンクールで歌い、高校・大学時代ででエッセイや対談本を読み、歌い、そして社会人になって改めて詩にふれ、と気づけばいつも近くに谷川俊太郎さんがいました。そんなタブチが谷川さんへインタビューを敢行。京都の思い出、本と本屋のはなし、そして音楽のはなしを、本日と明日にわたりお届けいたします。

  • 感じる坊さん。感じる坊さん。

    【特別編】意外と実践的で、言葉にできない生活の本。 ―『坊さん、ぼーっとする。』を書き終えて

    白川 密成

    「この本はどんな本なんですか?」と訊かれたとしたら、様々な答えがあると思います。例えば、僕が妻や5歳、7歳という小さな娘たちとのお寺での日々の中で、なにを感じ、どのように仏教や弘法大師の言葉と向き合ったか、という本です。

  • 聴し合う神々

    聴し合う神々

    森田 真生

    「たんぽぽさんおはよー!」「カモさん待って待ってー!」と、我が家の三歳児は、人間と同じように、人間でないものたちにも話しかけていく。子どもにとって、言葉を交わし合うことのできる相手は、人間だけではないのだ。

  • 2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画!  猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました

    2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画! 猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました

    ミシマガ編集部

    みなさま、本日は2月22日です。今日が何の日か、もちろんご存知ですよね・・・? そうです、「猫の日」です! 222という並びを見せられると、「ニャーニャーニャー」とかわいく鳴く猫の姿が、目の前に浮かんで離れませんよね。

ページトップへ