地域編集のこと

第22回

「にかほのほかに」のこと02 〜DITとTEAMクラプトン〜

2020.08.09更新

 二年前に閉校してしまった建物を未来のために活用しようと、現在秋田県にかほ市で、さまざまな編集を試みている『にかほのほかに』プロジェクト。

 いよいよ今年から三年間かけて、ワンフロアずつリノベーション(改装)していく予定なのだけれど、僕のようにゴールを決めないタイプの編集者が、公的なリノベーション事業を進めていくことの難しさを痛感している。

 新たな施設を建設してしまうことに比べれば格段に安い予算感ではあるものの、それでも2500万円(/年)ほどのハード改修予算をかけて進める事業だから、多くの人たちに理解してもらえるよう透明性ある計画を進めていかねばならないのは当然のこと。しかしだからこそ、さまざまな葛藤がある。

 そもそも僕は事業計画をつくるのが苦手だ。それは計画を作ることが苦手なのではなく、実際にその計画を実行していくうち、さらに良くなるであろう細かなチェンジ案を次々思いついてしまって、当初計画を変更したくなってしまうのだ。特にコロナ禍において状況が刻々と変化するなか、最初に描いた画のとおりに進めなければならないことの窮屈さに、どうしたものかと頭を悩ませている。

 そんな状況においても、共に悩んで、共にその解決策を考えてくれる、にかほ市職員のみなさんには、心底感謝している。先行き不安な世の中でなおワクワクできる未来のビジョンに、あくまでも当初案から逸脱しないよう、ゆるやかに微調整していくことは、とても大事なこと。そこに足並みを揃えようとしてくれる自治体職員さんと、しっかりチームプレイができることは、良い地域編集のための絶対条件だと僕は思う。

 そもそもが事前了承ベースで動いていく仕組みのなか、正直、この関係がうまく構築できていないと、ともすれば不意打ちのように「それは聞いてない」「そんなことは書いていなかった」という問答のラリーになってしまう。僕がプロジェクトのスタート段階から行政予算を当てにすることを避けるのは、そのためだ。つまり、予算化云々の前に、まず実践がないと、自分を評価してもらいようがない。自ら起こした何かしらのアクションを評価してもらってはじめて、リスペクトベースな関係が作り出せる。そうすることではじめてビジョンを共有できるのだ。

 だから僕が、この「聞いてない」を警戒しているのは、役所の人たちよりも町の人たちだ。少し脱線するようだけど、地域編集において、この「聞いてない」おじさん対策は、残念ながら必要不可欠。よく言えば強固なコミュニティ、わるく言えば、過剰な村意識が田舎には確かにある。コロナ禍で可視化されてきたように、それはある種の生存戦略でもあるから安易に否定する気持ちはないけれど、僕のようなよそ者の地域編集者が、その土地に入って何かをやろうとするとき、常にそれを警戒しなきゃいけないのは、なかなかにつらい。僕はかえってその強固なコミュニティを維持していくためにこそ、よそ者を一旦受け入れてみるおおらかさが必要だと思っている。

 先日Netflixで、とあるドキュメンタリー動画を観ていたら、ハワイの先住民の子孫のかたがこんなことを話していた。

移住してきた人は
文化に変化をもたらす
それを排除する必要はない
アロハ精神だよ。

 歳を重ねて、自分なりの【知る】が増えたとて、新しい考え方に対する配慮と想像力が欠けない大人を僕はたくさん知っている。その一方で自分の経験値を正義とし、ふりかざしてくるおじさんたちもたくさんいる。たかだか一人の人間が長生きしたってせいぜい100年だ。それでもわからないことだらけなのだから、それぞれに違った「知っている」ことや「見えている」ことがあっていいし、それが多様だからこそ、対話したり、考え方をシェアしあうことに楽しさと意味がある。

 自らのテリトリーを守ろうとして、他人に不寛容になったおじさんほど、すぐに「聞いてない」を切り札にしてくるから、僕は地域編集を進めるとき、いかにこういう人たちの圧を減らすかについて、真剣に考える。そこで今回試みていることの一つが、「DIY」ならぬ「DIT」だ。

 「DIT」とは「DIY=Do It Yourself」ではなく、「Do It Together」の略で、つまり、一緒に作ることの価値を言う。この「DIT」を提唱しているのが、関西を中心にさまざまな設計施工を続ける「TEAMクラプトン」だ。

0809-1.jpg

0809-2.jpg

 圧倒的なリーダーシップとコミュニケーション力で現場を牽引する山口晶くんと、常に現場全体に気を配りながらも着実に作業を進める白石雄大くん。この最強タッグな二人を中心に、彼らTEAMクラプトンが手掛けた現場は、そのどれもが施工後もなお生き物のように変化し、輝きを増していく。

 その秘密こそがDITなのだ。

 彼らはどんな案件も決して自分たちだけで完成させない。施主さんはもちろん、その友人や、周辺に暮らす人など、出来る限り多くの人を巻き込んで、一緒につくる。そうすることでその地域の多くの人にとってその空間が自分ごとになり、結果、納品した後に、どんどんと成長していく生きた空間が出来上がるのだ。

 もちろんそうやって多くの人の手を借りることに、予算上の問題がないとは言わない。けれど、彼らはDITにそれ以上の価値を見出している。そして僕もまた一つの大きな意義を見つけていた。それは、リノベーション作業を共にすることで、完成までの過程が外に開かれること。DITの考え方のもと、市民のみなさんとともに作業を進めていくことで、僕たちのビジョンや考え方までもがオープンになっていく。もし、それでもなお「聞いてない」と言う人がいたら、それはあなたが「参加していない」からだと胸を張れる。

0809-3.jpg

0809-4.jpg

0809-5.JPG

 このことはとても大きいと思う。TEAMクラプトンが業界の理不尽な仕組みを変化させようと地道にノウハウを高めてきた「DIT」は、地域編集におけるスタンダードになると僕は確信している。

藤本 智士

藤本 智士
(ふじもと・さとし)

1974 年兵庫県生まれ。編集者。有限会社りす代表。雑誌「Re:S」編集長を経て、秋田県発行フリーマガジン「のんびり」、webマガジン「なんも大学」の編集長に。 自著に『風と土の秋田』『ほんとうのニッポンに出会う旅』(共に、リトルモア)。イラストレーターの福田利之氏との共著に『いまからノート』(青幻舎)、編著として『池田修三木版画集 センチメンタルの青い旗』(ナナロク社)などがある。 編集・原稿執筆した『るろうにほん 熊本へ』(ワニブックス)、『ニッポンの嵐』(KADOKAWA)ほか、手がけた書籍多数。

編集部からのお知らせ

『アルバムのチカラ 増補版』 文:藤本智士 写真:浅田政志赤々舎)刊行予定

アルバムのチカラ増補版書影_RGBs.jpg

詳細はこちら

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    ミシマガ編集部

    2017年刊の『うしろめたさの人類学』と2021年刊の『くらしのアナキズム』では、エチオピアでの長年のフィールドワークをもとに、私たちが前提としている考え方の枠組みを外して、日常の暮らしを通して社会を変えていく可能性について綴られた、松村圭一郎さん。『小さき者たちの』では、初めて、生まれ育った故郷である熊本をテーマに執筆されました。「はじめに」で、松村さんは本書での試みの意図を、下記のように綴られています。

  • 一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    ミシマガ編集部

     こんにちは。ミシマ社新人のオオボリです。本日よりなんと月一連載を務めさせていただくことになりました! その名も「一冊の本ができるまで~新人全力レポート」。つたないながらも新人による全力レポート、楽しんでいただけたら嬉しいです! どうぞよろしくお願いします!

  • 『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    ミシマガ編集部

    先日ちいさいミシマ社から発刊した『幸せに長生きするための今週のメニュー』。アメリカ出身の民族楽器奏者、詩人のロビン・ロイドさんと、京都のお寺の住職兼イラストレーターの中川学さんによる日英併記の詩画集です。  自然の移りかわりや、日常のささやかなよろこびを丁寧にすくい上げるロビンさんの詩と、中川さんの温かく想像力がかきたてられる鉛筆画がやさしく心に届き、折に触れて読み返したくなる一冊です。

  • 魚屋の息子

    魚屋の息子

    前田エマ

     家の近所に、同級生の家族が営んでいる魚屋がある。たまに買いに行くと、心地よい明るさのお母さんが「美容室で読んだ雑誌に、エマちゃん載ってたよ〜」と声をかけてくれる。バレーボールとかハンドボールの選手だったのかな、と思うような、快活でショートカットが似合う素敵な女性だ。私は「ありがとうございます。うれしい〜」と言って、刺身の盛り合わせをお願いしたり、南蛮漬けにするアジを捌いてもらったりして、あたたかい気持ちで家に帰る。住宅街に文字通りポツンと現れる個人商店で、駅からも遠いのに週末には長蛇の列ができる。この店の次男と私は、小中学校が同じだった。

この記事のバックナンバー

01月08日
第51回 ボトムアップな時代の地域編集 藤本 智士
12月07日
第50回 フックアップされることで知る編集のチカラ 藤本 智士
11月08日
第49回 イベントの編集 藤本 智士
10月08日
第48回 仲間集めの原点 藤本 智士
09月05日
第47回 「のんびり」のチームづくり 藤本 智士
08月07日
第46回 弱さを起点とするコミュニティ 藤本 智士
07月07日
第45回 チームのつくりかた 藤本 智士
06月08日
第44回 編集のスタートライン 藤本 智士
05月06日
第43回 サウナ施設を編集する その5 藤本 智士
04月09日
第42回 サウナ施設を編集する その4 藤本 智士
03月12日
第41回 サウナ施設を編集する その3 藤本 智士
02月12日
第40回 サウナ施設を編集する その2 藤本 智士
01月11日
第39回 サウナ施設を編集する その1 藤本 智士
12月11日
第38回 地域編集者としての街の本屋さんのしごと。 藤本 智士
11月07日
第37回 サーキュラーエコノミーから考える新しい言葉のはなし 藤本 智士
10月08日
第36回 編集視点を持つ一番の方法 藤本 智士
09月04日
第35回 編集力は変容力?! 藤本 智士
08月11日
第34回 「言葉」より「その言葉を使った気持ち」を想像する。 藤本 智士
07月12日
第33回 「気づき」の門を開く鍵のはなし 藤本 智士
06月07日
第32回 ポジションではなくアクションで関係を構築する。ある公務員のはなし。 藤本 智士
05月13日
第31回 散歩して閃いた地域編集の意義 藤本 智士
04月05日
第30回 アップサイクルな編集について考える 藤本 智士
03月06日
第29回 惹きつけられるネーミングのはなし 藤本 智士
02月06日
第28回 比べることから始めない地域の誇り 藤本 智士
01月08日
第27回 フィジカルな編集のはなし 藤本 智士
12月09日
第26回 地域おこし協力隊を編集 藤本 智士
11月05日
第25回 まもりの編集 藤本 智士
10月08日
第24回 編集にとって大切な「待つこと」の意味 藤本 智士
09月05日
第23回 「にかほのほかに」のこと 03 〜ラジオからはじめる地域編集〜 藤本 智士
08月09日
第22回 「にかほのほかに」のこと02 〜DITとTEAMクラプトン〜 藤本 智士
07月07日
第21回 「にかほのほかに」のこと01 〜ロゴの編集〜 藤本 智士
06月11日
第20回 オンラインサロンとせいかつ編集 藤本 智士
05月10日
第19回 編集スクール的オンラインサロンの姿を求めて 藤本 智士
04月06日
第18回 「三浦編集長」が編集の教科書だと思う理由 藤本 智士
03月09日
第17回 根のある暮らし編集室 藤本 智士
02月05日
第16回 三浦編集長に会いに 藤本 智士
01月11日
第15回 「トビチmarket」を編集した人たち 後編 藤本 智士
01月10日
第14回 「トビチmarket」を編集した人たち 前編 藤本 智士
12月14日
第13回 「トビチmarket」 藤本 智士
11月17日
第12回 書籍から地域への必然 藤本 智士
10月19日
第11回 書籍編集と地域編集 藤本 智士
09月08日
第10回 編集⇆発酵 を行き来する。 藤本 智士
08月17日
第9回 編集発行→編集発酵へ。 藤本 智士
07月16日
第8回 編集発酵家という存在。 藤本 智士
06月14日
第7回 いちじくいちのこと 06 藤本 智士
05月16日
第6回 いちじくいちのこと 05 藤本 智士
04月10日
第5回 いちじくいちのこと 04 藤本 智士
03月14日
第4回 いちじくいちのこと 03 藤本 智士
02月13日
第3回 いちじくいちのこと 02 藤本 智士
01月18日
第2回 いちじくいちのこと 01 藤本 智士
12月15日
第1回 「地域編集のこと」その前に。 藤本 智士
ページトップへ