地域編集のこと

第41回

サウナ施設を編集する その3

2022.03.12更新

サウナ施設を編集する その1 / サウナ施設を編集する その2

 今回設計をお願いしたのは秋田市で設計事務所を営むとある女性建築士さん。秋田県内でクールなのに温度を感じる木質ベースのよい建築をたくさん手がけておられて、以前からお願いしたいと思っていたのだけど、なかなか機会がなく、今回念願叶って引き受けていただいた。

 しかし結果的に今回の事業はその建築士さんを相当悩ませることになってしまう。

 というのも、今回サウナ小屋を作ろうとしている元小学校「にかほのほかに」は、遊びや余白を残した編集を心がけたいと進めてきた施設だ。

 以下の過去記事のように

「にかほのほかに」のこと01 〜ロゴの編集〜 | みんなのミシマガジン
施設のロゴをひとつに決めてしまわず、市民の皆さんに刷ってもらったロゴ版画すべてをオフィシャルなロゴとしてポスターやWebに起用させてもらったり、

「にかほのほかに」のこと02 〜DITとTEAMクラプトン〜 | みんなのミシマガジン
地元工務店さんだけで施工を完結させず、DIYならぬ、DIT(Do It Together)を掲げる施工チーム、TEAMクラプトンに施工の仕上げをお願いしたり、

「にかほのほかに」のこと 03 〜ラジオからはじめる地域編集〜 | みんなのミシマガジン
地域の人たちの仕事や考えを知ることと、オープンまで時間がかかる施設になんとか足を運んでもらう理由をつくるべく、元放送室でリレー形式のラジオ番組「あなたのおばんです」を収録発信したりするなど、

「いつのまにかなんか完成したね」という施設ではなく、この場所に興味を持ってアンテナを広げてくれたり、アクションを起こしてくれた人には、きちんと門戸が開かれて、その関わりしろが残っているリノベーションを進めてきた。

 しかしながら、建築設計、特に公共事業の設計というのは、どうにもこのやり方が向いていないことが、どんどんわかってきた。過去の経験値があるプロフェッショナルな人であればあるほど、この前例のないやり方は、建築士さんを戸惑わせることになって、本当に申し訳ないなあと思う。

 そもそも僕が、こんな風にゴールを決めない編集をするのは、未知の出会いや気づきを柔軟に取り込んでいきたいと思っているからだ。書籍であろうと、商品であろうと、施設であろうと、明確なゴール設定をしてしまったら、それが拠り所になることを超えて、まるで法律のように逸脱してはいけないルールになってしまい、関わるみんながただひたすら一直線にそこに向かうしかなくなることがある。つまりは、そこで余所見をしてしまうことが許されなくなってしまうのだ。それは僕が理想とする編集ではない。常に視野を広くとって、世の中の状況や環境、新たに見えてきた課題に向き合って、その時々の最善を考え決断を重ねることが、未来のためになると僕は信じている。

 だからこそ前回の記事で公開したコンセプトテキストのように、それぞれが前向きに違うイメージをもったり、異なった完成形を想像することを当たり前に受け入れ、そこを起点に、それぞれの違いを対話によって明らかにしていきつつ、同じ方向へと歩幅をあわせていくことが、遠回りなようで最も近道だと思っていた。

 しかし、それはまさに対話あってこそだ。

 積極的なコミュニケーションがあってこそ実現するものなのに、そのコミュニケーションがコロナ禍でことごとく断絶されてしまった。こういうとき、余所者の立場はとても弱く脆い。もちろんZoomでの打合せは重ねるものの、現場の温度感がいまいち掴めない僕の主張は、ある種のわがままのように捉えられてしまったりもした。

 なかでも大きな問題となったのは、地下水を掘り出すためのボーリング工事。今回のプロジェクトにおいて僕が水風呂を大切にしていることは、前2回の記事に書いた通り。にかほの稀有な水循環を訪れた人に体感してもらえるよう、僕はこのサウナ施設の「水」が、鳥海山の伏流水(地下水)であることにこだわりたいと思った。そこが何より大切だと思い、そのことについて様々な言い方で何度も現場のみなさんに伝えてきた。

 しかし現場は現場の責任として、何よりこの事業自体をきちんと遂行していかねばならないと、そこに強固なプロ意識を持たれている。それゆえ、思いのほか費用がかさむボーリング工事を諦めれば丸くおさまると何度も言われた。でも僕は絶対に諦めたくなかった。他の部分を削ってでも、ピュアな水を要にしたかった。このプロジェクトで大切なのはそこだと言い続けた。結果、現場の工務店さんとの間で、必死になって調整をしてくれている建築士さんをめちゃくちゃ悩ませてしまった。

 一部国の補助金を使わせてもらっていると言っても、大きな小学校全体をリノベーションしようとすれば、意図していなかったところに莫大なお金がかかることが見えて、十分に予算がないことが徐々にわかってきた。施設の使用用途変更に伴う、消防や保健所などのルールを遵守しようとするたびに、そのための新たな備品の購入や想定外の工事が露呈してくる。限られた予算のなか、それでもこのプロジェクトにおいて大切にすべきものは何かといったら、間違いなくそれは「水」だった。

 役所、工務店、大工さん、建築士、デザイナー、地域住民、それぞれに思いや都合があるなかで、それらをできる限り尊重しながら舵をきることの難しさと辛さで、圧し潰されるような思いになりながらも、なんとか入札がはじまり、無事ボーリング工事も進めてくれることになった。しかし、だからと言って予算内の掘削で地下水が出る保証はなかった。

 ある時、予算と睨めっこしながら設計書をつくってくれた建築士さんがボーリング工事をマストと理解してくれて、腹を括ったように「この水の見せ方が大事ですよね」と言ってくれた。僕は最も大切にしているポイントを理解してくれたことが泣きそうなくらい嬉しかった。確かにやりたいことを100%できる費用はない。掘ってみたものの水が出ないという結果が待っている可能性だってある。けれど、いま僕たちが目指すところは、水が出るのを信じること。だってここは、にかほなのだから。そしてその「水」の豊かさと「循環」をどう可視化させて表現するのか、そこにみんなのクリエイティビティを結集させたいと思った。

 念の為の保険も含めて上水道の配管もしっかり整えつつ、建築士さんが出してくれたサウナの設計図面は僕の思いを叶えてくれつつ、妥協ポイントも明確に提示してくれてとてもありがたいものだった。

 今回サウナ小屋にする建物は、プールサイドに設置された子供たちの更衣室だった小屋だ。いまは半分倉庫となっていて、そこには懐かしいビート板が並べられていたりした。それを見て僕はすぐにそのビート板をサウナマットにすることを思いついた。きっとこんな風に、アイデアでカバーしていければ、ここだからこそというサウナができるはずだ。

 いよいよボーリング工事がスタートした。

藤本 智士

藤本 智士
(ふじもと・さとし)

1974 年兵庫県生まれ。編集者。有限会社りす代表。雑誌「Re:S」編集長を経て、秋田県発行フリーマガジン「のんびり」、webマガジン「なんも大学」の編集長に。 自著に『風と土の秋田』『ほんとうのニッポンに出会う旅』(共に、リトルモア)。イラストレーターの福田利之氏との共著に『いまからノート』(青幻舎)、編著として『池田修三木版画集 センチメンタルの青い旗』(ナナロク社)などがある。 編集・原稿執筆した『るろうにほん 熊本へ』(ワニブックス)、『ニッポンの嵐』(KADOKAWA)ほか、手がけた書籍多数。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    ミシマガ編集部

    2017年刊の『うしろめたさの人類学』と2021年刊の『くらしのアナキズム』では、エチオピアでの長年のフィールドワークをもとに、私たちが前提としている考え方の枠組みを外して、日常の暮らしを通して社会を変えていく可能性について綴られた、松村圭一郎さん。『小さき者たちの』では、初めて、生まれ育った故郷である熊本をテーマに執筆されました。「はじめに」で、松村さんは本書での試みの意図を、下記のように綴られています。

  • 一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    ミシマガ編集部

     こんにちは。ミシマ社新人のオオボリです。本日よりなんと月一連載を務めさせていただくことになりました! その名も「一冊の本ができるまで~新人全力レポート」。つたないながらも新人による全力レポート、楽しんでいただけたら嬉しいです! どうぞよろしくお願いします!

  • 『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    ミシマガ編集部

    先日ちいさいミシマ社から発刊した『幸せに長生きするための今週のメニュー』。アメリカ出身の民族楽器奏者、詩人のロビン・ロイドさんと、京都のお寺の住職兼イラストレーターの中川学さんによる日英併記の詩画集です。  自然の移りかわりや、日常のささやかなよろこびを丁寧にすくい上げるロビンさんの詩と、中川さんの温かく想像力がかきたてられる鉛筆画がやさしく心に届き、折に触れて読み返したくなる一冊です。

  • 魚屋の息子

    魚屋の息子

    前田エマ

     家の近所に、同級生の家族が営んでいる魚屋がある。たまに買いに行くと、心地よい明るさのお母さんが「美容室で読んだ雑誌に、エマちゃん載ってたよ〜」と声をかけてくれる。バレーボールとかハンドボールの選手だったのかな、と思うような、快活でショートカットが似合う素敵な女性だ。私は「ありがとうございます。うれしい〜」と言って、刺身の盛り合わせをお願いしたり、南蛮漬けにするアジを捌いてもらったりして、あたたかい気持ちで家に帰る。住宅街に文字通りポツンと現れる個人商店で、駅からも遠いのに週末には長蛇の列ができる。この店の次男と私は、小中学校が同じだった。

この記事のバックナンバー

01月08日
第51回 ボトムアップな時代の地域編集 藤本 智士
12月07日
第50回 フックアップされることで知る編集のチカラ 藤本 智士
11月08日
第49回 イベントの編集 藤本 智士
10月08日
第48回 仲間集めの原点 藤本 智士
09月05日
第47回 「のんびり」のチームづくり 藤本 智士
08月07日
第46回 弱さを起点とするコミュニティ 藤本 智士
07月07日
第45回 チームのつくりかた 藤本 智士
06月08日
第44回 編集のスタートライン 藤本 智士
05月06日
第43回 サウナ施設を編集する その5 藤本 智士
04月09日
第42回 サウナ施設を編集する その4 藤本 智士
03月12日
第41回 サウナ施設を編集する その3 藤本 智士
02月12日
第40回 サウナ施設を編集する その2 藤本 智士
01月11日
第39回 サウナ施設を編集する その1 藤本 智士
12月11日
第38回 地域編集者としての街の本屋さんのしごと。 藤本 智士
11月07日
第37回 サーキュラーエコノミーから考える新しい言葉のはなし 藤本 智士
10月08日
第36回 編集視点を持つ一番の方法 藤本 智士
09月04日
第35回 編集力は変容力?! 藤本 智士
08月11日
第34回 「言葉」より「その言葉を使った気持ち」を想像する。 藤本 智士
07月12日
第33回 「気づき」の門を開く鍵のはなし 藤本 智士
06月07日
第32回 ポジションではなくアクションで関係を構築する。ある公務員のはなし。 藤本 智士
05月13日
第31回 散歩して閃いた地域編集の意義 藤本 智士
04月05日
第30回 アップサイクルな編集について考える 藤本 智士
03月06日
第29回 惹きつけられるネーミングのはなし 藤本 智士
02月06日
第28回 比べることから始めない地域の誇り 藤本 智士
01月08日
第27回 フィジカルな編集のはなし 藤本 智士
12月09日
第26回 地域おこし協力隊を編集 藤本 智士
11月05日
第25回 まもりの編集 藤本 智士
10月08日
第24回 編集にとって大切な「待つこと」の意味 藤本 智士
09月05日
第23回 「にかほのほかに」のこと 03 〜ラジオからはじめる地域編集〜 藤本 智士
08月09日
第22回 「にかほのほかに」のこと02 〜DITとTEAMクラプトン〜 藤本 智士
07月07日
第21回 「にかほのほかに」のこと01 〜ロゴの編集〜 藤本 智士
06月11日
第20回 オンラインサロンとせいかつ編集 藤本 智士
05月10日
第19回 編集スクール的オンラインサロンの姿を求めて 藤本 智士
04月06日
第18回 「三浦編集長」が編集の教科書だと思う理由 藤本 智士
03月09日
第17回 根のある暮らし編集室 藤本 智士
02月05日
第16回 三浦編集長に会いに 藤本 智士
01月11日
第15回 「トビチmarket」を編集した人たち 後編 藤本 智士
01月10日
第14回 「トビチmarket」を編集した人たち 前編 藤本 智士
12月14日
第13回 「トビチmarket」 藤本 智士
11月17日
第12回 書籍から地域への必然 藤本 智士
10月19日
第11回 書籍編集と地域編集 藤本 智士
09月08日
第10回 編集⇆発酵 を行き来する。 藤本 智士
08月17日
第9回 編集発行→編集発酵へ。 藤本 智士
07月16日
第8回 編集発酵家という存在。 藤本 智士
06月14日
第7回 いちじくいちのこと 06 藤本 智士
05月16日
第6回 いちじくいちのこと 05 藤本 智士
04月10日
第5回 いちじくいちのこと 04 藤本 智士
03月14日
第4回 いちじくいちのこと 03 藤本 智士
02月13日
第3回 いちじくいちのこと 02 藤本 智士
01月18日
第2回 いちじくいちのこと 01 藤本 智士
12月15日
第1回 「地域編集のこと」その前に。 藤本 智士
ページトップへ