地域編集のこと

第17回

根のある暮らし編集室

2020.03.09更新

(前回の記事はこちら

初めてやってきた島根県大田市大森町。平日ということもあり人はまばらなせいか、古い商家が並ぶその小さな通りは観光地としての華やかさよりも、町の人たちの生活が感じられる。

0309-1.jpg0309-2.jpg

 三浦くんが「ここが出来て生活の幸福度があがりました」と連れて行ってくれたドイツパンのお店でおすすめのブレッツェルを購入したら、横に「ご自由にお持ち帰りください」と無農薬のゆずが置かれていて、迷わずいただく。今夜ホテルで持参の緑茶に皮を一片浮かべて飲もう。そして残りを丸ごと湯船に浮かべようと考えたら、僕の幸福度もあがった。

0309-3.jpg

 「根のある暮らし編集室」と、手書きの切り文字が貼られた町家が彼の仕事場だ。なんて素敵な名前だろう。この町に根をはやすことを宣言した人たちが編集するものなら不安はない。そう感じる人もきっと多いはずだ。ほどよく整理された静かな空間にはその役職を示すかのように大きな机があって、ここで彼はまさに「三浦編集長」しているのかと思って、微笑ましい気持ちになる。せっかくなのでそこで少し話を聞いてみることにした。

0309-4.jpg

藤本 三浦くんは名古屋出身だったよね。大森に来てもう何年になるの?

三浦 2011年3月に移住したので、もう9年ですね。

藤本 群言堂でのお仕事は広報でいいんだよね?

三浦 そうですね。だけどうちの洋服とかライフスタイル全般の商品のことはあまり広報してないんです。

藤本 うん、知ってる(笑)。それが『三浦編集長』であり、現『三浦編集室』のすごいところだよね。

三浦 会社の考え方とか理念、会社の在り方を広報する存在だと自分では思っています。なので、広報なのに商品知識がほぼないので、社内ではとんでもない奴だと思われてるんじゃないかと。

藤本 でもその理念とか在り方を広報することがいかに難しいかだよ。そもそも「三浦編集長」ってタイトルはほんと秀逸。群言堂の「ぐ」の字もない。

三浦 僕もびっくりしたんです。会社入って3年くらい経ったときに、創業者の松場大吉に会長室へ呼び出されて行ったら、なにかのタブロイド紙を取り出して、「3年この町に住んでだいぶ暮らしにも慣れてきただろう。自分の暮らしのことをこういう感じで新聞にしてみんか? 名前は三浦編集長だ」って。もう全部会長の頭の中にあったんでしょうね。僕はトップダウンの指令なので「はい」としか言えなかったんですけど。「よし、やるぞ」ってなったものの、なんの経験もなかったので、どうやって作るのか、そもそも紙ってどこから買うんだろうとか、印刷とかデザインは誰がやるんだろうって、本当にゼロからのスタートで、頭を抱えながら気づいたら半年が過ぎてました。なので僕自身は名前に全く関わってないですね。

藤本 ボスは相当な編集者だね。「三浦編集長」っていうタイトルがまず発明だと思ったし、ある意味嫉妬に近いくらいの気持ちだったもん。あと僕は表紙が大好きです。

三浦 ありがとうございます。

藤本 大森の風景ってきれいだなとか、素朴だなとか思いつつ眺めてたら、必ずどこかに三浦くんが隠れてるじゃないですか。あれ、意外と気づかない人も多いんじゃない?

三浦 はい。全然気づかれてなかったですね。

藤本 でも必ず全部にいるんだよね?

三浦 100パーセントです。

藤本 こういう無駄な力の入れようって大切だと思う。この撮影も全部ひとりでやってるんだよね?

三浦 そうです。セルフタイマーで。

藤本 よくこの距離間に合ったなっていうのあるよね。

三浦 必ず10秒間の縛りのなかで撮ってるんで。

藤本 これとか、トンネルの中にいるけど、けっこうなストロークあるよ。

0309-5.jpg

三浦 しかもこのとき大雨降ってるんですよ。びしょ濡れになりながら、1発では撮れないので、何回も何回も。

藤本 ひとりで黙々とやってるわけでしょ。

三浦 なるべく人のいなさそうなところを選んで。

藤本 想像するほど笑える。

藤本 「三浦編集長」と名付けられたとはいえ、群言堂の広報誌というミッションは最初から与えられてるわけだよね? 具体的には最初どんな風に言われたの?

三浦 もともと僕は新聞記者志望で、そのことを会長は知っていたんですね。インターンや入社を希望したときも一生懸命きれいな字で手紙を書いて、それがけっこう響いたみたいで、社内回覧されたりしてたらしいんです。そういう経緯もあって、僕が書いた文章が会長の印象に残ってたというのはありました。それゆえに、いつかどこかで三浦のやりたかったことをさせてあげようっていうのが会長の思いだったのかなと。だから最初から会社の理念を発信してほしいとかそういうことは全然なくて。僕がくすぶっていたので、そんな僕を見ていて、何かしら自分の仕事と胸張って言える仕事を持たせてそこに向かってる姿が見たいっていう。そんなところで、この仕事が僕に降りてきたんです。

藤本 なるほど。その任せ方、あらためてかっこいいなあ。「三浦編集長」を読みこんでたら、大吉さんと登美さんご夫婦の存在感っていうのが滲み出てるんだよね。別に具体的に何かお二人のエピソードを書いているとかじゃないし、お二人の言葉がストレートに出てくるとかじゃなくて、あくまで三浦くんの活動のなかに体現されている感じ。まさにその器としての「三浦編集長」というタブロイドがとてもうまく出来ているなって思う。

0309-6.jpg

藤本 三浦くんっていう、なんの経験値もない人に渡す器としては最高のものだと思う。例えば「三浦編集長」のフォーマット。特に表紙が好きだって言ったけど、それは写真だけじゃなくて、その下にあるコラムも含めてで。少し丁寧に説明すると、これっていわゆる「天声人語」だよね。ふつうの新聞社だったら、ベテラン記者か論説委員の人とかだけが書ける部分を、いきなり、編集長っていう名のもと未経験な三浦くんに堂々と書かせる器量。

三浦 そうですね。

藤本 程よくも難しいワード数を毎号フォーマットにコラム書いていくっていうのは、大吉さんの「やってみなはれ」精神の現れだよね。そうやって見せる懐を三浦くん自身が感じてるからこそ、三浦くんのちょっとした言葉づかいから、松場さんたちがどういう思いで群言堂や、この会社をやっているかっていう精神性みたいなものが読者にじわじわ〜っと伝わってくる。この「じわ〜っと」が大事で、これは即効性はないんだけど、漢方みたいなもので、本当に効くんだよ。一瞬で伝わるより、じんわり伝わる方がいい。これは僕の編集の理想です。

三浦 そんな風に言われたの初めてでびっくりしてます。

藤本 だから「三浦編集長」や「三浦編集室」という媒体は、僕は日本一の企業広報誌だと思ってる。ふつうは商品が前に出ていくわけじゃないですか。商品っていうメディアをとおしてそのマインドみたいなものを伝えていく。僕自身もタイガーさんと水筒つくったり、いろんなものづくりをするときはそう思って進めてるんだけど、その一方で、商品は商品だから。欲しい欲しくないっていう受け手のシンプルなモノサシがある。商品は一個も出てきてないよね。

三浦 そうですね、一度も書いたことないですね。最近、号外として商品の宣伝をメインにしたものを作ったんですけど、それが初の試みで。

藤本 その名も「三浦宣伝部長」だっけ。

三浦 はい。また新たな肩書きを得て。平社員なんですけど(笑)。

 思わず熱が入ってしまった。やっぱり「三浦編集長」はすごい。次回もこの熱量は冷めることなく、さらに三浦編集長の秘密を明かしていく。

(つづく)

藤本 智士

藤本 智士
(ふじもと・さとし)

1974 年兵庫県生まれ。編集者。有限会社りす代表。雑誌「Re:S」編集長を経て、秋田県発行フリーマガジン「のんびり」、webマガジン「なんも大学」の編集長に。 自著に『風と土の秋田』『ほんとうのニッポンに出会う旅』(共に、リトルモア)。イラストレーターの福田利之氏との共著に『いまからノート』(青幻舎)、編著として『池田修三木版画集 センチメンタルの青い旗』(ナナロク社)などがある。 編集・原稿執筆した『るろうにほん 熊本へ』(ワニブックス)、『ニッポンの嵐』(KADOKAWA)ほか、手がけた書籍多数。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

ページトップへ