地域編集のこと

第27回

フィジカルな編集のはなし

2021.01.08更新

SNSをはじめ自分のnoteなど、いろんなところで書きまくっているのだけれど、47歳になろうとしている僕が、今年スケボーを始めた。

ミニクルーザーというジャンルの、全長56cmほどのコンパクトなスケボーで、いまは180cm以上ある身体をボードの上に乗せるだけで必死になっている。

始めてからまだ数日だけど、なんとか今年中には、もう少しスイスイと乗りこなせるよう、毎日練習・・・ではなく、上手な人の動画を観ることだけは欠かしていない。イメージは大切。

そもそも、どうしてスケボーを始めようと思ったのかというと、昨年末の小さな飲み会がきっかけだった。コロナ禍で友人ともなかなかリアルに会えないなか、久しぶりに少人数でご飯でも行こうよと、仙台の街で大人3人、食事をしていたときのこと。

友人の一人が小学生の息子とスケボーをして遊んでいたら、盛大にこけて大怪我をしたという話になった。大事には至らなかったものの、40歳を超えてこんなに血を流すことがあるのかと思ったという彼は、その日の午後から家族で映画を観に行く約束をしていたらしく、慌てて息子と一緒にドラッグストアに駆け込み、奥さんに心配かけまいという気持ちと、気恥ずかしさから息子に「かあちゃんには内緒だよ」と、自ら応急処置をして、何食わぬ顔をして映画を観たと笑いながら話してくれた。しかし大事なのはここからだ。

そんなに大量の血が出るくらいの大きな怪我でも、「人間ってすごいもんで、傷って治るんだよね」と、彼はまあ、とても当たり前のことを言った。しかし類は友を呼ぶもので、僕らはその至極当然な一言に、妙に感動した。

そこでさらに別の友人がこんなことを話しはじめた。ちなみにここで話し出した彼はマジでスポーツ選手になった方がいいんじゃないか? と思うほど身体能力が高い。いつのまにか弓道を始めたと思ったら9ヶ月で初段合格するし(相当すごいことらしい)、毎年ドラフトの季節に「まだ呼ばれてない?」とみんなに冗談を言われるほどのスポーツマン。一方僕は運動がてんでダメだから、いつも彼のことを憧れの目線でみている。そんな彼が、こんなことを言った。

「フィジカルな充実が心の充実を促す」

彼は東北のものづくり企業を応援する仕事をしていて、いろんな事業者さんから相談を受けることが多い。商品のこと、売り場のこと、デザインのこと、ときには個人的な悩みも。特に若い世代の人たちから相談を受けたり、深く悩んで動けないでいるのをみると、彼はいつも「とりあえず20km走ってみぃ」と言うらしい。いかにも体育会系な昭和おじさんの一言に思えるかもしれないけれど、彼はそんな堅物親父ではない。彼はこれを「カロリーの使い切り」と呼んでいるらしいのだが、20km走ったら当然のごとく身体がクタクタになる。つまりは20kmでなくても、とにかくカロリーを使い切るほどに運動をしてクッタクタになったら、当然人間は倒れる。疲れ切った身体を回復するべくそのまま眠りに落ちて、睡眠とともに徐々に身体が回復していったとき、不思議なことにもやもやした気持ちや、悶々とした思いまでもが回復して心まで軽やかになっているというのだ。だからこそ、「フィジカルな充実が心の充実を促す」と。

ここでグッと本連載の趣旨に話を戻していくけれど、地域編集において大切なことは、ロジカルな思考よりも、フィジカルな部分にある。と常々思っている僕は、さまざまがオンライン化するなかで、身体性を伴うプロジェクトが中止になったり、リアルに顔を合わせられないことからくる、もやもやをたくさん溜め込んでいたことに気づいた。ならば、僕自身がもっとフィジカルな体験を積み重ねていくことで、自分自身のバランスをとっていくことがとても大切だと思ったのだ。

そのことを考えるのに、二人の友人の言葉はあまりに示唆に富んでいた。スケボーを華麗に乗り回すことなんて、以前の僕ならやる前から諦めてしまって、始めようなんて思いもしなかったと思う。しかしコロナ禍で僕はフィジカルの大切さを痛感している。うまく乗りこなすまで時間はかかるだろうけれど、怪我をする自信ならある。もちろん好んで怪我をする気は無いし、十分に気をつけるのだけれど、それでもスケボーを練習して怪我をしないなんてことは100%ないらしい。そこに僕は惹かれた。運動神経のよしあしを超えて、身体性を信じること。それが今年の僕のテーマだ。

地域編集とは◯◯である。と大上段に構えるつもりは毛頭ないし、これからもフィジカルな実践を続けてその成果と失敗を明らかにして行けたら良いなと思う。ということで、どうぞ今年もよろしくお願いします。

藤本 智士

藤本 智士
(ふじもと・さとし)

1974 年兵庫県生まれ。編集者。有限会社りす代表。雑誌「Re:S」編集長を経て、秋田県発行フリーマガジン「のんびり」、webマガジン「なんも大学」の編集長に。 自著に『風と土の秋田』『ほんとうのニッポンに出会う旅』(共に、リトルモア)。イラストレーターの福田利之氏との共著に『いまからノート』(青幻舎)、編著として『池田修三木版画集 センチメンタルの青い旗』(ナナロク社)などがある。 編集・原稿執筆した『るろうにほん 熊本へ』(ワニブックス)、『ニッポンの嵐』(KADOKAWA)ほか、手がけた書籍多数。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    ミシマガ編集部

    2017年刊の『うしろめたさの人類学』と2021年刊の『くらしのアナキズム』では、エチオピアでの長年のフィールドワークをもとに、私たちが前提としている考え方の枠組みを外して、日常の暮らしを通して社会を変えていく可能性について綴られた、松村圭一郎さん。『小さき者たちの』では、初めて、生まれ育った故郷である熊本をテーマに執筆されました。「はじめに」で、松村さんは本書での試みの意図を、下記のように綴られています。

  • 一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    ミシマガ編集部

     こんにちは。ミシマ社新人のオオボリです。本日よりなんと月一連載を務めさせていただくことになりました! その名も「一冊の本ができるまで~新人全力レポート」。つたないながらも新人による全力レポート、楽しんでいただけたら嬉しいです! どうぞよろしくお願いします!

  • 『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    ミシマガ編集部

    先日ちいさいミシマ社から発刊した『幸せに長生きするための今週のメニュー』。アメリカ出身の民族楽器奏者、詩人のロビン・ロイドさんと、京都のお寺の住職兼イラストレーターの中川学さんによる日英併記の詩画集です。  自然の移りかわりや、日常のささやかなよろこびを丁寧にすくい上げるロビンさんの詩と、中川さんの温かく想像力がかきたてられる鉛筆画がやさしく心に届き、折に触れて読み返したくなる一冊です。

  • 魚屋の息子

    魚屋の息子

    前田エマ

     家の近所に、同級生の家族が営んでいる魚屋がある。たまに買いに行くと、心地よい明るさのお母さんが「美容室で読んだ雑誌に、エマちゃん載ってたよ〜」と声をかけてくれる。バレーボールとかハンドボールの選手だったのかな、と思うような、快活でショートカットが似合う素敵な女性だ。私は「ありがとうございます。うれしい〜」と言って、刺身の盛り合わせをお願いしたり、南蛮漬けにするアジを捌いてもらったりして、あたたかい気持ちで家に帰る。住宅街に文字通りポツンと現れる個人商店で、駅からも遠いのに週末には長蛇の列ができる。この店の次男と私は、小中学校が同じだった。

この記事のバックナンバー

01月08日
第51回 ボトムアップな時代の地域編集 藤本 智士
12月07日
第50回 フックアップされることで知る編集のチカラ 藤本 智士
11月08日
第49回 イベントの編集 藤本 智士
10月08日
第48回 仲間集めの原点 藤本 智士
09月05日
第47回 「のんびり」のチームづくり 藤本 智士
08月07日
第46回 弱さを起点とするコミュニティ 藤本 智士
07月07日
第45回 チームのつくりかた 藤本 智士
06月08日
第44回 編集のスタートライン 藤本 智士
05月06日
第43回 サウナ施設を編集する その5 藤本 智士
04月09日
第42回 サウナ施設を編集する その4 藤本 智士
03月12日
第41回 サウナ施設を編集する その3 藤本 智士
02月12日
第40回 サウナ施設を編集する その2 藤本 智士
01月11日
第39回 サウナ施設を編集する その1 藤本 智士
12月11日
第38回 地域編集者としての街の本屋さんのしごと。 藤本 智士
11月07日
第37回 サーキュラーエコノミーから考える新しい言葉のはなし 藤本 智士
10月08日
第36回 編集視点を持つ一番の方法 藤本 智士
09月04日
第35回 編集力は変容力?! 藤本 智士
08月11日
第34回 「言葉」より「その言葉を使った気持ち」を想像する。 藤本 智士
07月12日
第33回 「気づき」の門を開く鍵のはなし 藤本 智士
06月07日
第32回 ポジションではなくアクションで関係を構築する。ある公務員のはなし。 藤本 智士
05月13日
第31回 散歩して閃いた地域編集の意義 藤本 智士
04月05日
第30回 アップサイクルな編集について考える 藤本 智士
03月06日
第29回 惹きつけられるネーミングのはなし 藤本 智士
02月06日
第28回 比べることから始めない地域の誇り 藤本 智士
01月08日
第27回 フィジカルな編集のはなし 藤本 智士
12月09日
第26回 地域おこし協力隊を編集 藤本 智士
11月05日
第25回 まもりの編集 藤本 智士
10月08日
第24回 編集にとって大切な「待つこと」の意味 藤本 智士
09月05日
第23回 「にかほのほかに」のこと 03 〜ラジオからはじめる地域編集〜 藤本 智士
08月09日
第22回 「にかほのほかに」のこと02 〜DITとTEAMクラプトン〜 藤本 智士
07月07日
第21回 「にかほのほかに」のこと01 〜ロゴの編集〜 藤本 智士
06月11日
第20回 オンラインサロンとせいかつ編集 藤本 智士
05月10日
第19回 編集スクール的オンラインサロンの姿を求めて 藤本 智士
04月06日
第18回 「三浦編集長」が編集の教科書だと思う理由 藤本 智士
03月09日
第17回 根のある暮らし編集室 藤本 智士
02月05日
第16回 三浦編集長に会いに 藤本 智士
01月11日
第15回 「トビチmarket」を編集した人たち 後編 藤本 智士
01月10日
第14回 「トビチmarket」を編集した人たち 前編 藤本 智士
12月14日
第13回 「トビチmarket」 藤本 智士
11月17日
第12回 書籍から地域への必然 藤本 智士
10月19日
第11回 書籍編集と地域編集 藤本 智士
09月08日
第10回 編集⇆発酵 を行き来する。 藤本 智士
08月17日
第9回 編集発行→編集発酵へ。 藤本 智士
07月16日
第8回 編集発酵家という存在。 藤本 智士
06月14日
第7回 いちじくいちのこと 06 藤本 智士
05月16日
第6回 いちじくいちのこと 05 藤本 智士
04月10日
第5回 いちじくいちのこと 04 藤本 智士
03月14日
第4回 いちじくいちのこと 03 藤本 智士
02月13日
第3回 いちじくいちのこと 02 藤本 智士
01月18日
第2回 いちじくいちのこと 01 藤本 智士
12月15日
第1回 「地域編集のこと」その前に。 藤本 智士
ページトップへ