地域編集のこと

第45回

チームのつくりかた

2022.07.07更新

 編集のスタートとも言えるディレクションの大切さについて書いた前回の記事。「そうは言っても、自分には能力のある知人や、著名な知り合いがいないから、いきなりよいディレクションなんてできない」そう思われる人も多いだろう。そんな風に思ってしまうのも無理はないけれど、僕が思うよいディレクションとは、実はそういうことではない。今回はそのことを説明するために、2019年の7月にスタートさせた『Re:School(りスクール)』というオンラインコミュニティの話をしたい。

 2017年に出版した『魔法をかける編集』(インプレス)。その出版記念ツアーと称して、半年間で日本全国62ヶ所をまわったときのこと。移動しては喋って本を売ってまた移動して、という日々は正直体力的にかなり大変だったけれど、その分、得るものも大きく、何より各地域で出会ったみなさんが吐露してくれたリアルな悩みは僕の視界を大きく広げてくれた。しかし、その悩みが切実であるほどに、その場で大喜利的に答えることの不誠実さに悩み、もっとしっかり寄り添いたいという気持ちが芽生えてきた。また、僕自身、より真摯に「編集」について考える場所が必要だと思うようにもなった。そこで閃いたのがRe:School(りスクール)だ。

 編集者の藤本智士(Re:S)が、雑誌・書籍編集で培ってきたスキルを、いまこそ地域編集に。
 仲間とともに編集の概念をポジティブに拡張するオンラインスクール的サロン。

 そんなメッセージともに募集を開始したRe:Schoolは、現在約65名のメンバーがいて、職種も、住んでいる地域もさまざまで面白い。北は北海道から南は沖縄まで。さらにはアメリカやデンマークにもメンバーがいて日々刺激をもらっている。ここで僕が伝えたいのは、学びの場を編集しようとまず最初にやったことが「仲間集め」だということ。

 前回、編集の起点が自らの無力さを受け入れることだと書いたけれど、無力さを自覚したときに立ち上がってくるものはまさに仲間の存在だ。逆に言えば、人は仲間に出会うとき、自分の無力さに向き合える。編集について考えを深めていくためにも、僕は自身の弱さや無力さに向き合えるような仲間が欲しかった。WEBメディアであれ、紙媒体であれ、オンラインコミュニティであれ、編集の実践にチームプレイは欠かせない。そのためのチームづくりを別の言葉で言い換えたのがディレクションだ。

 しかし多くの人はそこで出来るだけ優秀なチームをつくろうと考える。そのことは当然なのだけれど、その際に、まるでサッカー日本代表のように、選りすぐりの才能を集めようとしてしまうと、自分には無理だと諦めが生まれ、結果、思いの希薄なチームづくりをしてしまったりする。そもそもチームプレイの素晴らしさは、一人一人の弱さを補い合えることにある。個人的な実感で言うならば、弱さこそが、組織の思いがけない強みを呼び覚ましてくれるのだ。アベンジャーズ的な突出した才能の集合体が、よいチームになるとは限らない。それどころか、かえってうまくまわらなくなることの方が多いと言っていい。チームというのは住まいと同じで、出来てからが大事なのだ。デザインマンションのショールームみたく、住む前の状態が一番よくみえるチームよりも、そこに住んで生活をしていくほどに馴染んでいく昔ながらの木造建築のようなチームづくりを意識した方がいい。一人一人の弱さや脆さが再生可能で柔軟な強さを生む。

 ここで、Re:Schoolの応募条件を転載してみる。

・自分の弱さや苦手意識を明らかにできる人
・自分のものさしを他人に押し付けないよう心がけている人
・語るよりも、聴くチカラのある人
・おおらかな気持ちや、良い意味でテキトーさのある人
・他人へのダメ出しよりも、褒めポイントを見つけるのが得意な人
・自分とは違う考え方を受け入れる努力をする人
・対話を大事にする人

 以上、7つある条件の一番上に掲げているのが"自分の弱さや苦手意識を明らかにできる人" つまり、自分の弱さを他人に開示できる人だ。僕自身、最近まで「僕はこんなことができます!」「これが得意です」「私の強みはここです!」と、出来ることをアピールすることが大事だと思い込んでいた。特にビジネスやスポーツの世界においては、いまもなおそれが重要だと言われ続けている。しかしそれは決してたった一つの正解ではない。強みのアピールからはじまるチームづくりよりも、弱さの吐露からはじまるチームづくりの方が、より強固なチームが生まれるというのが僕の持論で、それを実践したのが「Re:School」だ。

 実のところ、上記7つの条件は、あくまでもこういう人に入ってもらいたいという、僕の切実な希望であり、入会条件に限りなく近いものだと補足している。実際この条件はかなり厳しいし、僕自身がこれらを満たしているかというとまったく自信がない。けれど、少なくともこういう気持ちを持ちたいと願っている人。心がけている人。意識している人。に、入ってもらいたいと思って書いた。結果、とてもよいフィルターになってくれたように思う。

 あらためていま、申込時のメンバーのメッセージを読み返してみると、みんながしっかり弱みを吐露していて素晴らしい。「オリジナリティのある人間ではありません」「観光地だけではない各地域の魅力を多くの人に伝えることができたら、と考えていますが、具体的にどのように取り組めば良いのかが分かりません」「次の一手が見つからず、もっと何かできることがあるのではなないかとモヤモヤしています。そのモヤモヤの正体がわかりません」「今まさに地域の編集を行っており、自分の未熟さを痛感しているところです」「色々一人でやるのが好きな性分なので不安もありますが、そういう苦手なことも乗り越えてみたいと感じています」「足りないところだらけで、特に自営のときには、思いばかりが強くて、ひとりよがりで、編集などという形にはいたらずだったな、という残念な気持ちが今でも強く残っています」「地域にまつわる情報を発信していきたいとぼんやり考えているのですが、何かのせいにしながらなかなか踏み込めなくて」「日々の業務に追われ、何も具体的に動くことができていません」「ただの一会社員の私なんか場違いだなぁと尻込みしましたが、前進したい!もっと編集力を身につけて仕事や暮らしを有意義なものにしたい!と思い入会を決意しました」「妄想に妄想を重ねるばかりで、はじめられていない、自分を後押ししたいです」「地域の魅力を伝えることが仕事なのに、その魅力をどのように伝えればいいのかわかりません。」「良さがあるのに気付いてなかったり、活かせてなかったり、そうしている間になくしてしまったり」「発信することに恥ずかしさを感じてしまって思ったことを素直に言えないもどかしさを感じています」

 このように、誰一人として、自分の強みをアピールする人はいなかった。何度も言うけれど、自身の無力さに向き合うことは編集のスタートだ。こうやって自分の弱さやダメさを言葉にして送ってくれる人たちは、いわば、あれこれ兼ね備えたハイスペック素材ではなく、無垢な自然素材。この実直な人たちとならば強いチームづくりがきっと出来るはずと僕はとても嬉しくなった。

藤本 智士

藤本 智士
(ふじもと・さとし)

1974 年兵庫県生まれ。編集者。有限会社りす代表。雑誌「Re:S」編集長を経て、秋田県発行フリーマガジン「のんびり」、webマガジン「なんも大学」の編集長に。 自著に『風と土の秋田』『ほんとうのニッポンに出会う旅』(共に、リトルモア)。イラストレーターの福田利之氏との共著に『いまからノート』(青幻舎)、編著として『池田修三木版画集 センチメンタルの青い旗』(ナナロク社)などがある。 編集・原稿執筆した『るろうにほん 熊本へ』(ワニブックス)、『ニッポンの嵐』(KADOKAWA)ほか、手がけた書籍多数。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 特集『ぽんこさんの暮らしのはてな?』発刊記念 ウルバノヴィチ香苗×高井浩章 対談

    特集『ぽんこさんの暮らしのはてな?』発刊記念 ウルバノヴィチ香苗×高井浩章 対談

    ミシマガ編集部

    こんにちは。ミシマガ編集部です。本日はミシマ社から7月15日発売になった、ウルバノヴィチ香苗さんの『ぽんこさんの暮らしのはてな?』(ミシマ社)の刊行記念インスタライブの一部をお届けします! 

  • 最後の育休(後)日記

    最後の育休(後)日記

    西 靖

    三男のぞむが1歳になりました。妻からの「お腹痛い」という電話で会社を早退し、そのまま出産、そのまま育休に突入したあの日から1年が過ぎ、ふにゃふにゃの0歳児だったのぞむは1歳になり、50歳だった私は51歳になりました。

  • 『もえる!いきもののりくつ』まもなく発刊です!

    『もえる!いきもののりくつ』まもなく発刊です!

    ミシマガ編集部

    今週末7月15日(金)に中田兼介さんの『もえる!いきもののりくつ』が発刊となります! 本書は、哺乳類から昆虫まで、さまざまないきものの不思議な生態とその「りくつ」を紹介した一冊です。中田先生がいきものたちに「燃え・萌え」ている様子が文章から伝わってきて、読んでいるこちらもいきものへの愛が深まります。本日のミシマガでは本書の「はじめに」と、発刊に寄せて、中田先生のメッセージ動画をお届けします。

  • 「夏の放課後」はまだまだ終わりません! 前編

    「夏の放課後」はまだまだ終わりません! 前編

    MS Live! 制作室

    7月の最後の一週間、私たちは「こどもとおとなの夏の放課後2022」を開催しました! 「学んで、遊べる、居場所がほしい!」をテーマに、学校では学んだことのない、そして、おとなにとってもはじめてのことに全力で挑戦する機会になる、オンラインの4講座が実施されました。

この記事のバックナンバー

08月07日
第46回 弱さを起点とするコミュニティ 藤本 智士
07月07日
第45回 チームのつくりかた 藤本 智士
06月08日
第44回 編集のスタートライン 藤本 智士
05月06日
第43回 サウナ施設を編集する その5 藤本 智士
04月09日
第42回 サウナ施設を編集する その4 藤本 智士
03月12日
第41回 サウナ施設を編集する その3 藤本 智士
02月12日
第40回 サウナ施設を編集する その2 藤本 智士
01月11日
第39回 サウナ施設を編集する その1 藤本 智士
12月11日
第38回 地域編集者としての街の本屋さんのしごと。 藤本 智士
11月07日
第37回 サーキュラーエコノミーから考える新しい言葉のはなし 藤本 智士
10月08日
第36回 編集視点を持つ一番の方法 藤本 智士
09月04日
第35回 編集力は変容力?! 藤本 智士
08月11日
第34回 「言葉」より「その言葉を使った気持ち」を想像する。 藤本 智士
07月12日
第33回 「気づき」の門を開く鍵のはなし 藤本 智士
06月07日
第32回 ポジションではなくアクションで関係を構築する。ある公務員のはなし。 藤本 智士
05月13日
第31回 散歩して閃いた地域編集の意義 藤本 智士
04月05日
第30回 アップサイクルな編集について考える 藤本 智士
03月06日
第29回 惹きつけられるネーミングのはなし 藤本 智士
02月06日
第28回 比べることから始めない地域の誇り 藤本 智士
01月08日
第27回 フィジカルな編集のはなし 藤本 智士
12月09日
第26回 地域おこし協力隊を編集 藤本 智士
11月05日
第25回 まもりの編集 藤本 智士
10月08日
第24回 編集にとって大切な「待つこと」の意味 藤本 智士
09月05日
第23回 「にかほのほかに」のこと 03 〜ラジオからはじめる地域編集〜 藤本 智士
08月09日
第22回 「にかほのほかに」のこと02 〜DITとTEAMクラプトン〜 藤本 智士
07月07日
第21回 「にかほのほかに」のこと01 〜ロゴの編集〜 藤本 智士
06月11日
第20回 オンラインサロンとせいかつ編集 藤本 智士
05月10日
第19回 編集スクール的オンラインサロンの姿を求めて 藤本 智士
04月06日
第18回 「三浦編集長」が編集の教科書だと思う理由 藤本 智士
03月09日
第17回 根のある暮らし編集室 藤本 智士
02月05日
第16回 三浦編集長に会いに 藤本 智士
01月11日
第15回 「トビチmarket」を編集した人たち 後編 藤本 智士
01月10日
第14回 「トビチmarket」を編集した人たち 前編 藤本 智士
12月14日
第13回 「トビチmarket」 藤本 智士
11月17日
第12回 書籍から地域への必然 藤本 智士
10月19日
第11回 書籍編集と地域編集 藤本 智士
09月08日
第10回 編集⇆発酵 を行き来する。 藤本 智士
08月17日
第9回 編集発行→編集発酵へ。 藤本 智士
07月16日
第8回 編集発酵家という存在。 藤本 智士
06月14日
第7回 いちじくいちのこと 06 藤本 智士
05月16日
第6回 いちじくいちのこと 05 藤本 智士
04月10日
第5回 いちじくいちのこと 04 藤本 智士
03月14日
第4回 いちじくいちのこと 03 藤本 智士
02月13日
第3回 いちじくいちのこと 02 藤本 智士
01月18日
第2回 いちじくいちのこと 01 藤本 智士
12月15日
第1回 「地域編集のこと」その前に。 藤本 智士
ページトップへ