地域編集のこと

第1回

「地域編集のこと」その前に。

2018.12.15更新

 昨年、自著『魔法をかける編集』を出版。その記念ツアーとして、半年間で日本全国62箇所をまわったのは、既存の書籍流通の仕組みのなかで初版部数6000部程度の本を届けるのにはいろいろと無理があると感じたからだった。

 ずいぶん少なくなっているとはいえ、それでも全国に12000軒以上あるという書店に6000部の本を配本するというのは、とても難しい。初版から何万部と刷れるような本であれば既存の流通網を活かしてドーンと配本できるかもしれないけれど、全店わずか1冊ずつにしても数が足りない6000部をどこにどう置くかは、テクニックとフィロソフィーが必要だ。正直これは大きな出版社ほど苦手。従来の出版ビジネスのスキームに合っていない。版元のインプレスさんは、よいもわるいも大きな出版社。そのチカラを活かすにはもっと部数が必要だった。

 ちなみに『魔法をかける編集』は、「編集」という、およそ一般の人たちには関係ないだろう技術が、実は誰でも使える身近なものだということを伝えたくて書いた本だ。ゆえにマスメディアの中心から遠い地方の方たちにこそ、届ける意義があると思っている。兵庫県に住みながら、さまざまな地域の、さまざまな事柄に編集を施してきた自分なりの知見を、各地のみなさんとシェアしたい。そんな思いが僕の筆を走らせた。

 発売日当日、Amazonの出版・マスコミカテゴリーで1位となったのをみて心底嬉しかった。しかし、そこからしばらくの期間、ずっと1位をキープしているのをみて、晴れ晴れと嬉しかったはずの気持ちに雲がかかりはじめた。これは裏返すと、書店を覗いてみたけれど売ってなかったからAmazonで買ったという方がたくさんいらっしゃるということじゃないか? つまり、届けたいと思った肝心の地方の人たちにお届けできていない証なんじゃないか? と。

 どうしても気になった僕は、営業さんに配本先を教えてもらった。予想通り、僕の本をたくさん入荷して店頭に平積みしてくださっていたのは、東京を中心とした都会の書店さんばかりだった。僕はあまりのショックに立ちくらみがした。しかし仕方がない。決して出版社や、ましてや書店さんがわるいわけはない。そういう仕組みなのだ。僕の本がそこにフィットしていないだけだ。つまりこれは僕の責任だ。そこで僕は、事前に決まっていた出版記念イベントの数を増やすべく、全国の友達に電話をしてまわった。当初2箇所だったイベントは、あっという間に15箇所。それでも足りないと不安に思ったけれど杞憂だった。スタートしてしまえば、来てくださったお客さんが「うちの町でも」と言ってくださったり、ブログに設置したメールフォームから依頼してくれたりして、気づけば62箇所にまで膨らんでいた。

 結果、半年の間にのべ2570人の方に、お話をさせてもらうことができた。ちなみに『魔法をかける編集』は990冊も売れた。同時に出版したもう1冊の新刊と合わせると1539冊。さらに既刊を加えるとなんと動員数の2570を超える冊数が売れた。来てくれた人たちの数以上に本が売れるなんて、これは本当にすごいことだと思う。

 しかし僕がこの出版ツアーで得たものは、これら数字で計れるものだけじゃなかった。北海道から沖縄まで、さまざまな地方をまわって得た気づき。それは、地方のみなさんの想像を超える切実さだった。それをわかった上で本書を書き進めていたつもりだったけれど、それでも僕はその切迫感を低く見積もっていたのかもしれない。ストレートに言えば、僕はこの書籍のタイトルを間違えたと思った。

 編集という魔法のチカラをとにかく早く、広く、伝えなければと思ったけれど、地域に住む人たちはもっとリアルで具体的な問題に必死に立ち向かっていた。その解決方法を知りたくて、僕のイベントにやってきてくれたのだ。だから僕はいまこう思っている。

 『魔法をかける編集』をアップデートする。

 いま僕が抱えている現在進行形のプロジェクトや、その時点では書けなかったことなどをしっかり加筆して、そしてタイトルも変えようかとすら思う。それではもはや『魔法をかける編集』ではなくなるんじゃないか? と思う人もいるだろう。だけど僕にとってはあくまでもアップデートなのだ。辞書が改訂を重ねていくというよりは、スマホのOSがアップデートされていくことに近い。そのアップデートがもたらす様々な仕様変更が出てくるだろうけれど、それもこれも進化だ。リリースしたアプリがレビューを参考にアップデートされていくように、僕の話を聞きに来てくれた人たちに向けて、僕は自著をより使えるものに進化させたい。

 そんな話を編集を担当してくれたミシマ社の三島くんに話したら、まずはそれをミシマガジンで書いてくださいと言われた。それは願ったりかなったりだ。加筆したいことをこの場を借りてアウトプットしていくことで、フィードバックをもらいつつ、自著のアップデートに備えようと思う。

 なんども言うけれど、僕が考えていた以上に、地域が抱える問題は切実だ。全国各地の会場に来てくださった、地方行政関係者や地域おこし協力隊の人たち。そして地域メディアの編集者の方々。そして地域で活動するさまざまな商店主の方。みなさんそれぞれに、昭和〜平成に敷かれたレールではない、少子高齢人口減少時代にフィットするやり方を求めている。

 まずはこの連載から、地域編集の具体的事例や、そのチャレンジのリアルな意味と結果を伝えていきたいと思う。

藤本 智士

藤本 智士
(ふじもと・さとし)

1974 年兵庫県生まれ。編集者。有限会社りす代表。雑誌「Re:S」編集長を経て、秋田県発行フリーマガジン「のんびり」、webマガジン「なんも大学」の編集長に。 自著に『風と土の秋田』『ほんとうのニッポンに出会う旅』(共に、リトルモア)。イラストレーターの福田利之氏との共著に『いまからノート』(青幻舎)、編著として『池田修三木版画集 センチメンタルの青い旗』(ナナロク社)などがある。 編集・原稿執筆した『るろうにほん 熊本へ』(ワニブックス)、『ニッポンの嵐』(KADOKAWA)ほか、手がけた書籍多数。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『小田嶋隆のコラムの切り口』刊行記念特集(2)武田砂鉄さん寄稿「参考にならない」

    『小田嶋隆のコラムの切り口』刊行記念特集(2)武田砂鉄さん寄稿「参考にならない」

    ミシマガ編集部

    『小田嶋隆のコラムの切り口』発刊記念特集の2日目は、武田砂鉄さんの寄稿を掲載します。題して「参考にならない」。本書の帯には「ブログ、SNSなどの執筆の参考にも・・・」と謳っておりますが、その真相はいかに!? 必読です。

  • 教えて、尹さん!―『モヤモヤの正体』その後のはなし。

    教えて、尹さん!―『モヤモヤの正体』その後のはなし。

    ミシマガ編集部

    1月に刊行した『モヤモヤの正体』について、そして著者の尹雄大さんについて、とにかく誰かと語りたい熱が湧き上がって冷めない担当編集が、同じくこの本にハマっている恵文社一条寺店の鎌田さんを誘い、尹さんに本のことや昨今の世の中のモヤモヤについてずばり訊いてみました。

  • ミシマ社の話ミシマ社の話

    一冊!取引所、はじめます。

    三島 邦弘

     元日更新の「ミシマ社の話」で、システム開発をしている話を書きました。ありがたいことに、著者の方々、出版社の方、書店さんはじめ多くの方々から、応援してます、感動した、などと身にあまるお言葉を頂戴しました。そうした声を励みに、この1カ月半、粛々と開発を進めておりましたが、ついに告知を開始しました。

ページトップへ