地域編集のこと

第35回

編集力は変容力?!

2021.09.04更新

まずは『地域編集』という言葉を掲げてみること。さらに、自身のこれまでの活動を整理していくことから、僕なりの「編集とは何か?」を見出し、シェアしたいとスタートしたこの連載。できる限り現場のリアルな葛藤や失敗なども明らかにして、さまざまな地域の人たちの参考になる記事になればと思っていたけれど、コロナ禍に入ってからの僕はもうそれどころじゃないほどの苦悶の連続で、それらを整理して書く余裕すらなかった。

なにより物理的に地域の現場に伺えないことが、僕をとても苦しめた。しかしその一方で見えてきたことや気持ちの変化について、ようやく整理できるようになってきたので、ここで明らかにしていきたいと思う。

まず僕はこれまでずっと、自分の目線を「よそ者」にセットしてきた。しかしいま僕はこの初期設定を変化させなきゃいけないんじゃないか? と考えている。さまざまな地方でのリアルな参考事例には事欠かない世の中で、それを自分なりに咀嚼して、我が町にあった形に編集し実践している人も多い。つまりもう、よそ者が必要な時代は終わりつつあるんじゃないかと思う。いや、もちろん、よそ者の強みや、よそ者だからこそ果たせることというのはあるけれど、もはや必要なのは、よそ者そのものではなく、よそ者感覚なのだろう。

つまり、僕がこれまで進めてきたやり方や方法論というのはすでに過去のものとなりつつある気がしている。

そこで僕はいまあらためて、地域の人たちが持つとよいはずと思っていた「編集力」というものについて考え直している。編集力とはいったいなんだろう? その答えは意外にもスッと出た。

僕が地域の人たちに求めていた編集力とは、変容力だ。

僕の会社の屋号である「Re:S(りす)」は「Re:Standard(リスタンダード)」の略で、スタンダードはつねに変化するということが前提にある。社会や思想、環境の変化にともなって変容していくチカラが編集にとってとても重要だと考えている。

それは、裏を返せば世の多くが「変化を恐れ」「変化を諦め」ときに「変化を否定」するからだ。

決めてしまうこと。結論づけること。それは「済印」を押してしまうことに近い。それは次に進むために必要なことではあるけれど、それらの結論には遠からずモデルチェンジのタイミングが訪れることを忘れてはいけない。

変化していくということは、考え続けることと同義だ。

僕が昔「マイボトル」という言葉を掲げて、マイ水筒を持つ文化を広めようと頑張っていたとき、大手新聞やNHK、民放各局などからたくさんの取材を受けた。しかしそのすべてが「マイボトル=エコ」という文脈と筋道があらかじめ決められた取材だった。僕はステンレスボトルをたくさん作ることも大きな環境負荷があるのだから、マイボトルを持つことが=エコとは思っていない。それよりもペットボトルのようなもはや水筒のごとし立派な代物をバカバカとゴミ箱に捨てる所作が身に付いてしまうことを危惧している。と、そんな風にいちいち返答していたけれど、全ての記事や放送で僕の意見は綺麗にカットされていた。

もちろんマイボトルを持つことがエコにつながる側面はあるのだから、多少はそれを受け入れてもいいように思うけれど、当時の僕がなにゆえあそこまで抵抗したのか? それは「マイボトル=エコ」という短絡的な答えを流布させることで人々の思考をストップさせたくなかったからだ。マイボトルは確かにエコにつながるかもしれない。けれど、それって本当なの? このパッケージは無駄じゃない? こんなビニールに包まれている必要あるの? などと、その先へ先へ思考を深めてほしかったし、何より僕自身がその過程にいた。いまも。

つまり安易に答えを出してしまわない力。わからないものをわからないままにして進んでいく力。そういうものが編集力なんじゃないかと考える。編集とは決まったルールに準じることではなく、世の中の変化や、未来のイメージにあわせて変化し続け、いまの最適解を提案し続けることだ。

だから僕はいま自分が言ってきたことの多くを再考し、大いに前言撤回していきたい。

地域にはもはや僕のような「よそ者」は必要ない。「よそ者目線」や「よそ者思考」こそが必要で、それこそそこに「編集」という作業の大切な視点が詰まっているように思う。次回はその視点について書こうと思う。

藤本 智士

藤本 智士
(ふじもと・さとし)

1974 年兵庫県生まれ。編集者。有限会社りす代表。雑誌「Re:S」編集長を経て、秋田県発行フリーマガジン「のんびり」、webマガジン「なんも大学」の編集長に。 自著に『風と土の秋田』『ほんとうのニッポンに出会う旅』(共に、リトルモア)。イラストレーターの福田利之氏との共著に『いまからノート』(青幻舎)、編著として『池田修三木版画集 センチメンタルの青い旗』(ナナロク社)などがある。 編集・原稿執筆した『るろうにほん 熊本へ』(ワニブックス)、『ニッポンの嵐』(KADOKAWA)ほか、手がけた書籍多数。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 伊藤亜紗さんと村瀨孝生さんの往復書簡が一冊の本に! 『ぼけと利他』まもなく書店発売!!

    伊藤亜紗さんと村瀨孝生さんの往復書簡が一冊の本に! 『ぼけと利他』まもなく書店発売!!

    ミシマガ編集部

    こんにちは! ミシマガ編集部です。今週木曜日の9月15日、いよいよ『ぼけと利他』が発刊します! 『ぼけと利他』刊行のきっかけとなったのは、2020年7月18日に開催されたMSLive!「ぼけと利他~時空を超えるお年寄りたちに学ぶ」でした。出演は「宅老所よりあい」代表の村瀨孝生さんと、美学者の伊藤亜紗さん。

  • 『偶然の散歩』まえがきを公開します

    『偶然の散歩』まえがきを公開します

    ミシマガ編集部

    いよいよ9月15日(木)に、森田真生著『偶然の散歩』が書店先行発売となります。(公式発刊日は9月22日(木)です。)本書は、森田さんが2017年から2022年にわたって、日経新聞の「プロムナード」などに寄稿したエッセイ全40篇を収録しています。

  • 『ちゃぶ台』次号は10号! こんどの特集は「ボゴボゴ」!?

    『ちゃぶ台』次号は10号! こんどの特集は「ボゴボゴ」!?

    ミシマガ編集部

    こんにちは、ミシマガ編集部です。現在、『ちゃぶ台9』の特集「書店、再び共有地」に、読者の方々よりたくさんのご感想のおはがきをいただくなど、大きな反響をいただいています。取材記事で登場する「共有地」の本屋さんに、「記事を読んで行ってみました」というお声もいただいていて、すごく嬉しいです。

  • メンバーが選ぶ、小田嶋隆さんの本と言葉

    メンバーが選ぶ、小田嶋隆さんの本と言葉

    ミシマガ編集部

    小田嶋さんはこれまでにもミシマ社から3冊の本を発表され、また、数々のイベントにも登壇くださいました。本日のミシマガでは過去の著作に加えて、いますぐ読める豪華な対談記事をご紹介します!20代の若手メンバーが痺れた小田嶋さんの言葉とは・・・?

この記事のバックナンバー

09月05日
第47回 「のんびり」のチームづくり 藤本 智士
08月07日
第46回 弱さを起点とするコミュニティ 藤本 智士
07月07日
第45回 チームのつくりかた 藤本 智士
06月08日
第44回 編集のスタートライン 藤本 智士
05月06日
第43回 サウナ施設を編集する その5 藤本 智士
04月09日
第42回 サウナ施設を編集する その4 藤本 智士
03月12日
第41回 サウナ施設を編集する その3 藤本 智士
02月12日
第40回 サウナ施設を編集する その2 藤本 智士
01月11日
第39回 サウナ施設を編集する その1 藤本 智士
12月11日
第38回 地域編集者としての街の本屋さんのしごと。 藤本 智士
11月07日
第37回 サーキュラーエコノミーから考える新しい言葉のはなし 藤本 智士
10月08日
第36回 編集視点を持つ一番の方法 藤本 智士
09月04日
第35回 編集力は変容力?! 藤本 智士
08月11日
第34回 「言葉」より「その言葉を使った気持ち」を想像する。 藤本 智士
07月12日
第33回 「気づき」の門を開く鍵のはなし 藤本 智士
06月07日
第32回 ポジションではなくアクションで関係を構築する。ある公務員のはなし。 藤本 智士
05月13日
第31回 散歩して閃いた地域編集の意義 藤本 智士
04月05日
第30回 アップサイクルな編集について考える 藤本 智士
03月06日
第29回 惹きつけられるネーミングのはなし 藤本 智士
02月06日
第28回 比べることから始めない地域の誇り 藤本 智士
01月08日
第27回 フィジカルな編集のはなし 藤本 智士
12月09日
第26回 地域おこし協力隊を編集 藤本 智士
11月05日
第25回 まもりの編集 藤本 智士
10月08日
第24回 編集にとって大切な「待つこと」の意味 藤本 智士
09月05日
第23回 「にかほのほかに」のこと 03 〜ラジオからはじめる地域編集〜 藤本 智士
08月09日
第22回 「にかほのほかに」のこと02 〜DITとTEAMクラプトン〜 藤本 智士
07月07日
第21回 「にかほのほかに」のこと01 〜ロゴの編集〜 藤本 智士
06月11日
第20回 オンラインサロンとせいかつ編集 藤本 智士
05月10日
第19回 編集スクール的オンラインサロンの姿を求めて 藤本 智士
04月06日
第18回 「三浦編集長」が編集の教科書だと思う理由 藤本 智士
03月09日
第17回 根のある暮らし編集室 藤本 智士
02月05日
第16回 三浦編集長に会いに 藤本 智士
01月11日
第15回 「トビチmarket」を編集した人たち 後編 藤本 智士
01月10日
第14回 「トビチmarket」を編集した人たち 前編 藤本 智士
12月14日
第13回 「トビチmarket」 藤本 智士
11月17日
第12回 書籍から地域への必然 藤本 智士
10月19日
第11回 書籍編集と地域編集 藤本 智士
09月08日
第10回 編集⇆発酵 を行き来する。 藤本 智士
08月17日
第9回 編集発行→編集発酵へ。 藤本 智士
07月16日
第8回 編集発酵家という存在。 藤本 智士
06月14日
第7回 いちじくいちのこと 06 藤本 智士
05月16日
第6回 いちじくいちのこと 05 藤本 智士
04月10日
第5回 いちじくいちのこと 04 藤本 智士
03月14日
第4回 いちじくいちのこと 03 藤本 智士
02月13日
第3回 いちじくいちのこと 02 藤本 智士
01月18日
第2回 いちじくいちのこと 01 藤本 智士
12月15日
第1回 「地域編集のこと」その前に。 藤本 智士
ページトップへ