地域編集のこと

第21回

「にかほのほかに」のこと01 〜ロゴの編集〜

2020.07.07更新

 いま現在取り組んでいる「にかほのほかに」という施設のことについて書いていこうと思う。

 秋田県最南の町、にかほ市にある旧上郷小学校。二年前に閉校してしまったこの建物を、いまいちど未来のために活用しようと、そのプロデュースに手を上げた。

 その施設のあたらしい名前を『にかほのほかに』とした。

2007nikaho.jpg

 前から読んでも後ろから読んでも「にかほのほかに」。そんな回文の面白さ以上に、そこにある利他の精神をこそ僕は伝えたかった。


 あまりにも突然やってきた、新型コロナウイルス感染の脅威。不安な日々が続くなか、僕たちはいよいよ限られた資源、人材、経済をシェアしながら豊かさを生み出していかなきゃいけない。

 また、これまでは「是」とされてきた、密集が敬遠され、イベントであれ、町そのものであれ、たくさんの人が集まることを目標として掲げることが難しい状況のなか、疑惑渦巻くGo Toキャンペーンよろしく、各地が「他所よりも、うちへ!」と主張しあうことには無理がある。

 そもそも、全国の地域が人口を取り合う移住定住施策に疑問を持っていた僕は、さまざまな地域が連携しあう具体的事例をここでつくりたい。その足がかりとして、せめて秋田県内の市町村がその枠組みを超えて互いを認め合う姿をここから発信したいと思っている。だからこそ「にかほのほかに」なのだ。にかほもいいけど、他所もいい。控えめながらも確固たるプライドを持つことを大切に、これからの日本に必要な「利他の精神」をにかほから全国へ届けるのだ、という意思を込めた。

 その根底にあるのは、ダイバーシティ(Diversity=多様性)の考え方だ。様々なヘイト発言やセカンドレイプで溢れるこの世の中で、いま最も必要じゃないかと感じるのは、自らの常識や正義を疑うことだ。自分にとっての「正しい」は、全員にとっての「正しい」ではないし、その正義は多数決で決めるものではない。

 当たり前だけれど、多様性への理解は、多様な世界を知ることからしかはじまらない。同じ組織、同じ地域、同じ文化で居続けることは、居心地がよいかもしれないけれど、一つの地域にいてもSNSを通じて、簡単に違う地域、違う組織、違う文化の人たちに発信ができる世の中は、そのことで簡単に他人を傷つけてしまう世の中でもある。

 だからこそ僕たちはいよいよ多様性を真に理解しなきゃいけない。これからの地域編集に、そのことは欠かせない。だから僕は「にかほのほかに」から、自分を含め、地方の人たちが多様性を認めあう訓練をしたいと思っている。


 その一つの試みとして、今回伝えたいのが「にかほのほかに」のロゴだ。

 にかほが誇る「北限のいちじく」と、鳥海山が蓄えた「豊かな湧水」を一つに融合させることで、鳥海山日本海に挟まれた、にかほの美しい情景を表現した。

2007nikahoimi.jpgpct_about_01.jpg

 ベースとなるこのロゴを、まちの人たちに木版刷りで刷ってもらった。

2007tiiki-1.jpg2007tiiki-2.jpg2007tiiki-4.jpg

 これら町のみなさんが刷ってくれたすべてをオフィシャルなロゴとした。なので今後もどんどんと増えていく。僕は「にかほのほかに」のロゴを一つにしたくなかった。

2007tiiki-6.jpg

 そもそもロゴは一つでなきゃいけないなんてことはない。それでも多くのロゴが一つである理由を一言で表すならば「効率」だ。ビジュアルアイデンティティを明確にするためには、そのロゴ自体が揺らぐことにメリットなんてないのは当然のこと。だけど僕は敢えて、ロゴに「揺れ」や「遊び」や「余地」を与えたいと思った。すなわち明確な一つにロゴを決めてしまうのではなく、微妙な違いや差異を内包するロゴをつくってみたかったのだ。そのためには考え方や思想を共有することが大事だ。だからこそ逸脱できる。これは僕が思う成熟した社会の姿。

 人々を管理コントロールしようと思うほどに、組織の中枢はルールを定めたがる。だから大抵のルールは小さき者の声を無視している。マイナンバーのような、つまんないコントみたいな不毛ルールも、一方的な視点で効率を求めた結果でしかない。契約書のハンコのように、いろんなものがテクノロジーの進化や、時代の流れに乗れず、本末転倒したままでいる。

 そんな効率重視な世界を終えて、これからは面倒で手のかかる仕組みを愛していく方がいい。それこそが多様性を理解するスタートだ。「ここまでは大丈夫かな?」「いや、やっぱりだめか?」ひとりひとりがそうやって悩む余地を残すことが、これからのクリエイティブには必須。そうしていかなければ、ルールをはみ出したと、他人の揚げ足をとったり、粗探しに生きがいをみつける人が減ることはない。

 ちなみに、このロゴはホームページをリロードするたびに変わる仕様になっている。

https://nikahonohokani.com/

まちに貼られるポスターも出来るだけ種類を増やして、それぞれ違う人が作るロゴを使っている。

nikahonohokaniposter.jpg

 「にかほのほかに」で僕がやりたいこと。町のみなさんとともにつくりたい未来は、既存の何かではないから、いまはわかりにくくて、なかなか理解してもらいにくいかもしれない。だからこそ、こういった体感が伴う行動から、伝え続けていきたいと思っている。

藤本 智士

藤本 智士
(ふじもと・さとし)

1974 年兵庫県生まれ。編集者。有限会社りす代表。雑誌「Re:S」編集長を経て、秋田県発行フリーマガジン「のんびり」、webマガジン「なんも大学」の編集長に。 自著に『風と土の秋田』『ほんとうのニッポンに出会う旅』(共に、リトルモア)。イラストレーターの福田利之氏との共著に『いまからノート』(青幻舎)、編著として『池田修三木版画集 センチメンタルの青い旗』(ナナロク社)などがある。 編集・原稿執筆した『るろうにほん 熊本へ』(ワニブックス)、『ニッポンの嵐』(KADOKAWA)ほか、手がけた書籍多数。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • MS Live! 制作室

    「こどもとおとなのサマースクール 2020」開催のごあいさつ&チケットのご案内

    MS Live! 制作室

    今年の夏、ミシマ社は、念願のサマースクールを開講することにしました。もとをたどれば2年前、周防大島でサマースクール(プレ)をおこないました(詳しくは「ちゃぶ台」Vol.3をご覧いただければ幸いです)。とはいえ、当時は一般の方々へ開いたかたちではありませんでした。昨年は多忙を理由に断念。このままいけば、今年も「ない」まま流されていたかもしれません。が、今年はなんとしても、開催しよう。しなければいけない、と思うに至りました。

  • 「ど忘れ大賞」開催!? みんなの「ど忘れ」大募集!!

    「ど忘れ大賞」開催!? みんなの「ど忘れ」大募集!!

    ミシマガ編集部

    昨日発売となったいとうせいこうさんの新刊『ど忘れ書道』。その刊行を記念して、「ど忘れ大賞」という前代未聞の賞を開催することになりました! 審査員長はもちろんこの方! 「忘れの天才」こと、いとうせいこうさんです!!

  • 土井善晴先生×中島岳志先生「一汁一菜と利他」(1)

    土井善晴先生×中島岳志先生「一汁一菜と利他」(1)

    ミシマガ編集部

    2020年6月20日、MSLive!にて、土井善晴先生と中島岳志先生のオンライン対談が行われました。料理研究家と政治学者、そんなお二人のあいだでどんなお話が繰り広げられるのか、一見、想像がつきづらいかと思います。ですが、自分たちの足元からの地続きの未来を考えるとき、中島先生が最近研究のテーマに据えられている『利他』と料理・食事のあいだには、大切なつながりがあることが、対話を通して明らかになっていったのでした。今回の特集では前半と後半の2回にわけて、そんなお二人のお話の一部をお届けします。

この記事のバックナンバー

07月07日
第21回 「にかほのほかに」のこと01 〜ロゴの編集〜 藤本 智士
06月11日
第20回 オンラインサロンとせいかつ編集 藤本 智士
05月10日
第19回 編集スクール的オンラインサロンの姿を求めて 藤本 智士
04月06日
第18回 「三浦編集長」が編集の教科書だと思う理由 藤本 智士
03月09日
第17回 根のある暮らし編集室 藤本 智士
02月05日
第16回 三浦編集長に会いに 藤本 智士
01月11日
第15回 「トビチmarket」を編集した人たち 後編 藤本 智士
01月10日
第14回 「トビチmarket」を編集した人たち 前編 藤本 智士
12月14日
第13回 「トビチmarket」 藤本 智士
11月17日
第12回 書籍から地域への必然 藤本 智士
10月19日
第11回 書籍編集と地域編集 藤本 智士
09月08日
第10回 編集⇆発酵 を行き来する。 藤本 智士
08月17日
第9回 編集発行→編集発酵へ。 藤本 智士
07月16日
第8回 編集発酵家という存在。 藤本 智士
06月14日
第7回 いちじくいちのこと 06 藤本 智士
05月16日
第6回 いちじくいちのこと 05 藤本 智士
04月10日
第5回 いちじくいちのこと 04 藤本 智士
03月14日
第4回 いちじくいちのこと 03 藤本 智士
02月13日
第3回 いちじくいちのこと 02 藤本 智士
01月18日
第2回 いちじくいちのこと 01 藤本 智士
12月15日
第1回 「地域編集のこと」その前に。 藤本 智士
ページトップへ