地域編集のこと

第66回

自著を手売りですなおに売る。

2024.04.10更新

 久しぶりに自分の本を出すことにした。

 きっかけは僕が主宰している、地域編集がテーマのオンラインコミュニティ「Re:School」。コミュニティのメンバーで、岐阜県大垣市を拠点にデザイナーをしているNさんが、昨年参加した「文学フリマ」が楽しかったので、Re:Schoolメンバーで出たい人がいたら一緒に出ませんか、とお誘いしてくれたのだ。

 文学フリマ、通称「文フリ」は、その名のとおり、文学作品の展示即売会イベント。東京、大阪、京都、福岡、札幌などの都市部を中心に全国各地で開催されており、年々参加者が増え、各地で盛り上がりをみせている。文学とはいえ、ジャンルはさまざまで、小説、詩、短歌、俳句、批評、ノンフィクション、エッセイ、絵本、写真集など、自作のzineを抱えて多くの作家たちが集まり、自ら手売りをするという。本であれなんであれ、ものづくりを考えることと、その届け方を考えることはセットだ。また、販売する場所があるからこそ、そこで売るものをつくろうと、喚起される人もいる。そういう意味でも、文フリが昨今のzineブームを牽引しているに違いない。

 何より、作った本を自ら手売りする。そんな物売りの原点のようなスタイルに、猛烈に惹かれる自分がいた。

 約15年前のこと。編集長をしていた『Re:S』という雑誌で「すなおに売る」という特集を組んだことがある。自分の本が出版流通に乗るとき、それらが実際どこに売られているのか、その全容を掴むのはとても難しい。しかし逆に言えば、それこそが出版流通の有り難さでもある。身体一つでは到底行き届かない場所に、本が流通していくことの感謝を思いながらも、その一方で、自らつくった媒体を自分で手売りすることで、その反応を直に感じることも必要な気がした。そこで仲間とともに、当時未到だった鹿児島に行き、雑誌『Re:S』の行商をやってみることにした。「すなおに売る」は、そんな特集だった。

 その経験からさらに8年ほど遡ると、次は20代の頃の記憶が立ち上がる。関西でフリーペーパーを作っていた僕は、大阪2日、京都1日、神戸1日の計4日間で12,000部のフリーペーパーを自ら配布してまわっていた。最初は必死にお願いしてなんとか置いてもらっていたのが、続けるうちに「お!待ってましたっ」などと言ってくれるお店が増えて、労働として測れば、かなり辛いはずの配布作業を、ずいぶん楽しみながらやっていたことを思い出す。僕にはどうやら、自らの手で届けたいという欲望がつねにあるようだ。

 それゆえ僕も「文フリ」に参加することにした。2024年5月19日(日)、東京流通センター 第一展示場・第二展示場で開催される「文学フリマ東京38」にて、僕の新著をデビューさせてみようと思う。そのタイトルは「取り戻す旅」。

resbook_cover.jpeg

 この10年で失ってしまっていた、自由な旅の感覚を取り戻すさまを記録した一冊だが、そこで取り戻されていくものはそれだけではなく、本を自ら届けたいという気持ちと、そこにすなおに寄り添った、手売りという届け方にもある。よければぜひ、僕の手から買ってもらえると嬉しい。

 売り手はもちろん、買い手にとっても、直接届けられることの価値は大きい。

 昨日僕は愛媛県の今治にいた。コンテックスというタオルメーカーの工場を見学させてもらったのだが、伝統工芸的なものではなく、工業製品であっても、ものづくりに込められた意味や思いを感じ、それを持ち帰る喜びは変え難かった。以前から、コンテックスの「MOKU」というタオルのファンだった僕は、それを考案した張本人からお話を伺えてとても嬉しかった。ちなみにコンテックスは、OEMが主流のタオル業界において、その90%が自社オリジナル製品だというから驚いた。それはすなわち、従来の問屋ビジネスから脱却したということだ。そのことが、製品の安価な提供を可能にしただけでなく、価格の縛りから解放された、よりこだわりのある商品の誕生につながっていることに、僕はとても感じ入った。

 今回、直接売ると決めたからこそ、僕は自著にこだわりをたくさん盛り込んだ。印刷を担当してくれる藤原印刷(長野県松本市)のみなさんのチカラを借りて、本文は、他業務で出たさまざまな特色インクの余りを廃棄せずに混ぜてもらい、それら数種のカラーが混ざることで黒に近づいた墨インクで刷ってもらうことにした。また、表紙のカラーの一部も、その時点で余っている特色インクを活用してもらうので、今後、版を重ねるごとに色の変化のある一期一会な一冊となる。またそれら一冊一冊に蔵書票を、僕が自分で糊付けする。この本はいわば僕の蔵書であり、それらを分けるという気持ちだからだ。

 そうやって大切に長く、広く、シェアされていく本になるように、本の最後に僕はある仕掛けをした。長年抱き続けた出版業界への違和感に対する、現時点での僕の回答の実装なので、それも楽しみにしてもらえたら嬉しい。

 ぜひ文学フリマ東京、いらしてください。

文学フリマ東京38 公式サイト

文学フリマ東京38

開催:2024年5月19日(日)
時間:12:00〜17:00(最終入場16:55)
出店:1878出店・2096ブース
会場:東京流通センター 第一展示場・第二展示場

前売チケット(イープラス)
販売期間:2024/4/11() 18:002024/5/18() 18:00
入場料:1,000(税込)

当日チケット
販売期間:2024/5/19() 11:0016:00
入場料:1,000(税込)
当日会場でも購入可能です。ただし、現金決済のみとなります。

チケットのご購入

藤本 智士

藤本 智士
(ふじもと・さとし)

1974 年兵庫県生まれ。編集者。有限会社りす代表。雑誌「Re:S」編集長を経て、秋田県発行フリーマガジン「のんびり」、webマガジン「なんも大学」の編集長に。 自著に『風と土の秋田』『ほんとうのニッポンに出会う旅』(共に、リトルモア)。イラストレーターの福田利之氏との共著に『いまからノート』(青幻舎)、編著として『池田修三木版画集 センチメンタルの青い旗』(ナナロク社)などがある。 編集・原稿執筆した『るろうにほん 熊本へ』(ワニブックス)、『ニッポンの嵐』(KADOKAWA)ほか、手がけた書籍多数。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 仲野徹×若林理砂 

    仲野徹×若林理砂 "ほどほどの健康"でご機嫌に暮らそう

    ミシマガ編集部

    5月刊『謎の症状――心身の不思議を東洋医学からみると?』著者の若林理砂先生と、3月刊『仲野教授の この座右の銘が効きまっせ!』著者の仲野徹先生。それぞれ医学のプロフェッショナルでありながら、アプローチをまったく異にするお二人による爆笑の対談を、復活記事としてお届けします!

  • 戦争のさなかに踊ること─ヘミングウェイ『蝶々と戦車』

    戦争のさなかに踊ること─ヘミングウェイ『蝶々と戦車』

    下西風澄

     海の向こうで戦争が起きている。  インターネットはドローンの爆撃を手のひらに映し、避難する難民たちを羊の群れのように俯瞰する。

  • この世がでっかい競馬場すぎる

    この世がでっかい競馬場すぎる

    佐藤ゆき乃

     この世がでっかい競馬場すぎる。もう本当に早くここから出たい。  脳のキャパシティが小さい、寝つきが悪い、友だちも少ない、貧乏、口下手、花粉症、知覚過敏、さらには性格が暗いなどの理由で、自分の場合はけっこう頻繁に…

  • 新しい「普通」を一個増やす

    新しい「普通」を一個増やす

    朴東燮

    みなさま、はじめまして。朴東燮(バクドンソップ)と申します。 僕は韓国の釜山(ブサン)生まれ育ちで、いまも釜山の日光(イルグァン)という街に住んでいる、 生粋の釜山人です。

この記事のバックナンバー

07月10日
第69回 弱さの集合体の強さ
「REPORT SASEBO」のこと。
藤本 智士
06月07日
第68回 Culti Pay(カルチペイ)。それは、本をぐるぐる循環させる仕組み 藤本 智士
05月08日
第67回 移動を旅に編集する。 藤本 智士
04月10日
第66回 自著を手売りですなおに売る。 藤本 智士
03月07日
第65回 久留米市の地域マガジン『グッチョ』のこと 藤本 智士
02月08日
第64回 展覧会を編集するということ 藤本 智士
01月18日
第63回 五分-GOBU-を訪ねて、五戸へGO 藤本 智士
12月25日
第62回 オンパクという型のはなし。 藤本 智士
11月08日
第61回 「解」より「問い」を。
「短尺」より「長尺」を
藤本 智士
10月24日
第60回 災害を伝える側に求められること 藤本 智士
09月06日
第59回 僕が海外に出た本当の理由 藤本 智士
08月07日
第58回 コーヒー農園から視た、地域のカフェの役割 藤本 智士
07月07日
第57回 わからないを受け入れる。 藤本 智士
06月07日
第56回 Act Global, Think Local 藤本 智士
05月08日
第55回 産廃と編集の相似性 藤本 智士
04月09日
第54回 聞くは気づくの入口 藤本 智士
03月07日
第53回 市政と市井をほどよくグレーに。 藤本 智士
02月09日
第52回 ウェルビーイング視点でみた地域編集のはなし 藤本 智士
01月08日
第51回 ボトムアップな時代の地域編集 藤本 智士
12月07日
第50回 フックアップされることで知る編集のチカラ 藤本 智士
11月08日
第49回 イベントの編集 藤本 智士
10月08日
第48回 仲間集めの原点 藤本 智士
09月05日
第47回 「のんびり」のチームづくり 藤本 智士
08月07日
第46回 弱さを起点とするコミュニティ 藤本 智士
07月07日
第45回 チームのつくりかた 藤本 智士
06月08日
第44回 編集のスタートライン 藤本 智士
05月06日
第43回 サウナ施設を編集する その5 藤本 智士
04月09日
第42回 サウナ施設を編集する その4 藤本 智士
03月12日
第41回 サウナ施設を編集する その3 藤本 智士
02月12日
第40回 サウナ施設を編集する その2 藤本 智士
01月11日
第39回 サウナ施設を編集する その1 藤本 智士
12月11日
第38回 地域編集者としての街の本屋さんのしごと。 藤本 智士
11月07日
第37回 サーキュラーエコノミーから考える新しい言葉のはなし 藤本 智士
10月08日
第36回 編集視点を持つ一番の方法 藤本 智士
09月04日
第35回 編集力は変容力?! 藤本 智士
08月11日
第34回 「言葉」より「その言葉を使った気持ち」を想像する。 藤本 智士
07月12日
第33回 「気づき」の門を開く鍵のはなし 藤本 智士
06月07日
第32回 ポジションではなくアクションで関係を構築する。ある公務員のはなし。 藤本 智士
05月13日
第31回 散歩して閃いた地域編集の意義 藤本 智士
04月05日
第30回 アップサイクルな編集について考える 藤本 智士
03月06日
第29回 惹きつけられるネーミングのはなし 藤本 智士
02月06日
第28回 比べることから始めない地域の誇り 藤本 智士
01月08日
第27回 フィジカルな編集のはなし 藤本 智士
12月09日
第26回 地域おこし協力隊を編集 藤本 智士
11月05日
第25回 まもりの編集 藤本 智士
10月08日
第24回 編集にとって大切な「待つこと」の意味 藤本 智士
09月05日
第23回 「にかほのほかに」のこと 03 〜ラジオからはじめる地域編集〜 藤本 智士
08月09日
第22回 「にかほのほかに」のこと02 〜DITとTEAMクラプトン〜 藤本 智士
07月07日
第21回 「にかほのほかに」のこと01 〜ロゴの編集〜 藤本 智士
06月11日
第20回 オンラインサロンとせいかつ編集 藤本 智士
05月10日
第19回 編集スクール的オンラインサロンの姿を求めて 藤本 智士
04月06日
第18回 「三浦編集長」が編集の教科書だと思う理由 藤本 智士
03月09日
第17回 根のある暮らし編集室 藤本 智士
02月05日
第16回 三浦編集長に会いに 藤本 智士
01月11日
第15回 「トビチmarket」を編集した人たち 後編 藤本 智士
01月10日
第14回 「トビチmarket」を編集した人たち 前編 藤本 智士
12月14日
第13回 「トビチmarket」 藤本 智士
11月17日
第12回 書籍から地域への必然 藤本 智士
10月19日
第11回 書籍編集と地域編集 藤本 智士
09月08日
第10回 編集⇆発酵 を行き来する。 藤本 智士
08月17日
第9回 編集発行→編集発酵へ。 藤本 智士
07月16日
第8回 編集発酵家という存在。 藤本 智士
06月14日
第7回 いちじくいちのこと 06 藤本 智士
05月16日
第6回 いちじくいちのこと 05 藤本 智士
04月10日
第5回 いちじくいちのこと 04 藤本 智士
03月14日
第4回 いちじくいちのこと 03 藤本 智士
02月13日
第3回 いちじくいちのこと 02 藤本 智士
01月18日
第2回 いちじくいちのこと 01 藤本 智士
12月15日
第1回 「地域編集のこと」その前に。 藤本 智士
ページトップへ