地域編集のこと

第46回

弱さを起点とするコミュニティ

2022.08.07更新

 弱みの吐露から始まるチームのほうが圧倒的に協働が生まれやすいことを僕はリアルな体験をもってRe:School(りスクール)から教えてもらったように思う。就活的な「できるアピール」の仲間集めではなく、「あなたの弱みを教えてください」から始まるチームビルディングがあってもいい。

 Re:Schoolをそうやってスタートさせることが出来たのは「学び合い」を大切にしたかったから。僕は、編集教室的に自分が教壇に立ち一方的に課題を与えたり、何かを教えるといったことには興味がなく、それよりも僕自身がさまざまな考え方や視点に触れたいという思いが強く、そういう意味でサロンの枠組みを活用しようと考えた。

 オンラインサロンと聞くと、自分とは遠い印象を持つ人もまだ多いかも知れない。それは、いまのオンラインサロンのほとんどが、「ファンクラブ」か「カルチャースクール」のどちらかしかないように見えるからだと思う。少なくとも僕が目指すサロンはそうじゃない。世代を超えて、それぞれの価値観や考え方を認め合い、そこで得た新たな視点をもとに、日々の仕事や暮らしを変化させてみたり、互いに議論することから何かが生まれたりするような場所。そんな場所のオンライン化というのが、僕の目指すサロンだ。

 歳を重ねるほど、学びというのは自分との差異を認識、比較することからしか得られないのだと実感する。例えば僕がよそ者として地域に入り込んでいくときの役割をシンプルに言えば、差異を明らかにすることだ。よそ者として感じる、その地域のスペシャルが、地元の人にとっては当たり前であること。つまり、地域のふつうが、域外においてふつうでないという、その差異を可視化することと、さらにそこから起こるアクションを後押しすることが、僕にとっての地域編集と言えるかもしれない。

 そのうち、地域という言葉が指す概念も変化していくかもしれない。生徒を管理することが前提の学校教育が、自由な選択で溢れる世の中と相反し、ほころびだらけになっていることを見ても、いずれ、どのオンラインコミュニティに参加しているかということが、自分の故郷や、出身校のように、ある種の重要な出自として認識される世の中になるんじゃないかと考える。

 そんな思いのもと、互いの学び合いを強く意識していた僕は、Re:Schoolのメンバーをやたらに増やすことよりも、それぞれが、それぞれのことを見通せる範囲での運営にチャレンジしたいと思っていた。なので、せいぜい学校の1クラス(35名くらい)を定員の目処にしよう(というよりそれくらい申し込みがあるといいな)と考えていたのだが、タイミングが良かったのか、気づいたときには既にその倍の申し込みをいただいてしまって慌てて募集を締め切った。

 予想外の70名もの参加者を前に、その一人ひとりをしっかり把握するためにはどうすればいいか? 運営開始を前に僕はずいぶん頭を悩ませた。僕が参加者全員のことを把握するだけなら、自分で努力すればいいだけだが、肝心なのは、参加メンバーにも、他の参加者のことをしっかり認識してもらうことだ。教える→教わるの一方通行から脱して、それぞれに学び合う関係性をつくっていくためには、そのことは絶対に欠かせなかった。だからと言って、zoom上で一人ずつ自己紹介の時間を取れば、たった5分でも×70人で6時間かかる。たった5分でもだ。

 そこで思いついたのが「ラジオ」だった。結果、これが最高にハマった。

 ラジオは究極の「ながらメディア」だ。家事をしながら、仕事しながら、お風呂に入りながら、通勤通学中、いろんなタイミングで何かをしながら聴くことが出来る。オンライン上とはいえ、70名が同じ時間に顔を合わせることは難しい。だけどラジオなら、それぞれのタイミングで聴くことが出来るし、何よりラジオは、映像以上にその人となりが見えてくる。そこで参加者全員に自己紹介ラジオを録音してもらうことにしたのだけれど、その際にちょっとしたルールを設けた。「尺」、つまり収録時間を年代によって決めたのだ。

20→ 20分~30
30→ 10分~20
40→ 5分~10
50代以上5

 僕はいま48歳だけれど、歳を重ねるにつれさまざまな経験値が増え、その結果饒舌になり過ぎたと反省することが多い。前回書いたRe:Schoolの応募条件に、「聴くこと」が得意な人、もしくはそうなりたいと願う人。というのがあったのだけれど、それはそんな僕の反省からきている。なので、会社組織など、社会の多くの場面において、どうしても発言のウェイトが少なくなりがちな若い年代の人ほど、長く喋ってもらうようにした。

 また、基本は自己紹介ながら、初めての体験ゆえ、話すことに迷うこともあるだろうと、以下のテーマを参考にお喋りしてもらった。

1)住んでいる町のこと
2)いまの仕事のこと
3)どうしてりスクールに参加してみようと思ったのか
4)いま困っていること(苦手なこと)
5)みんなに伝えたいこと(知ってほしいこと)

 予想を超えて大所帯になってしまったメンバーの自己紹介をなんとかよい形でやれないだろうか? が起点だったこの試みだが、毎日のように送られてくるメンバーからの音声データにジングルをつけてはアップするという作業は実に楽しいものだった。そして意図せずこのラジオが、当初から僕が描いていた「学び合い」を実現させてくれた。

 ラジオ。しかもまったくの一人語り。それはまさに自分と向き合う時間。特定のメンバーとはいえ、見知らぬ誰かに話すという行為はみんな初めてだろうし戸惑いもたくさんだったと想像する。それでもとにかくやってみたラジオの内容がそれぞれ本当に素晴らしかった。その一つひとつに対して、メンバーそれぞれが早速コメント上で感想を伝え合い、そこから得た学びや共感をシェアし合っていた。しかも面白かったのは、話すことや、発信することが苦手だと言っているメンバーのラジオほど「学び」が多いことだ。

 漠然と何かを学びたいと欲求するとき、僕たちはいつも、得意な人から何かの気づきを得ようとするけれど、それは間違いだったかもしれない。と、そんなふうにさえ思った。自分のことを話すことが不得意だという人の言葉や行動にこそ、学びや気づきの種が溢れていて、そこから僕自身、とても多くの学びを得た。

 自分を発信することが苦手だという人たちは、ラジオでこんなふうに言う。

「こんなこと誰が知りたいの? そう思って尻込みしてしまうんです」

「こんなこと言ったらみんなどう思うだろう? と思うと話せなくなる」

「発信することの責任みたいなものを感じてしまって、学生の頃のように自由にSNSで発信できなくなってしまった」

 これを単純な苦手意識として片付けていいものだろうか? 僕は彼らの言葉に、苦手というよりも、むしろ誠実さや、想像力の豊かさと確かさを感じた。そしてこういう人こそが、プロになるほうがよいとさえ思った。

 以前、テレビを見ていたら、漫画家の東村アキコさんが「才能は苦もなく出来ること」だと話していて、その通りだなあと思ったと同時に、それが落とし穴でもあるなあと感じたことを思い出す。凡人な僕たちが、才能から学べることは少ない。けれど、苦手や困難から学ぶことはとても大きい。

 編集者はすぐ、才能溢れる人たちにインタビューをして、それをアウトプットしようとするけれど、弱さや苦手意識など、つまりはそんな小さな声にこそ耳を傾けていくことが、編集者の重要な仕事だと、僕はいま確信を得たような気持ちでいる。「強み」は知らず知らずのうちに、教えを請う態度や関係を生んでしまう。弱さから始めるコミュニティの編集は、僕のなかの一つの正解となりつつある。

藤本 智士

藤本 智士
(ふじもと・さとし)

1974 年兵庫県生まれ。編集者。有限会社りす代表。雑誌「Re:S」編集長を経て、秋田県発行フリーマガジン「のんびり」、webマガジン「なんも大学」の編集長に。 自著に『風と土の秋田』『ほんとうのニッポンに出会う旅』(共に、リトルモア)。イラストレーターの福田利之氏との共著に『いまからノート』(青幻舎)、編著として『池田修三木版画集 センチメンタルの青い旗』(ナナロク社)などがある。 編集・原稿執筆した『るろうにほん 熊本へ』(ワニブックス)、『ニッポンの嵐』(KADOKAWA)ほか、手がけた書籍多数。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 伊藤亜紗さんと村瀨孝生さんの往復書簡が一冊の本に! 『ぼけと利他』まもなく書店発売!!

    伊藤亜紗さんと村瀨孝生さんの往復書簡が一冊の本に! 『ぼけと利他』まもなく書店発売!!

    ミシマガ編集部

    こんにちは! ミシマガ編集部です。今週木曜日の9月15日、いよいよ『ぼけと利他』が発刊します! 『ぼけと利他』刊行のきっかけとなったのは、2020年7月18日に開催されたMSLive!「ぼけと利他~時空を超えるお年寄りたちに学ぶ」でした。出演は「宅老所よりあい」代表の村瀨孝生さんと、美学者の伊藤亜紗さん。

  • 『偶然の散歩』まえがきを公開します

    『偶然の散歩』まえがきを公開します

    ミシマガ編集部

    いよいよ9月15日(木)に、森田真生著『偶然の散歩』が書店先行発売となります。(公式発刊日は9月22日(木)です。)本書は、森田さんが2017年から2022年にわたって、日経新聞の「プロムナード」などに寄稿したエッセイ全40篇を収録しています。

  • 『ちゃぶ台』次号は10号! こんどの特集は「ボゴボゴ」!?

    『ちゃぶ台』次号は10号! こんどの特集は「ボゴボゴ」!?

    ミシマガ編集部

    こんにちは、ミシマガ編集部です。現在、『ちゃぶ台9』の特集「書店、再び共有地」に、読者の方々よりたくさんのご感想のおはがきをいただくなど、大きな反響をいただいています。取材記事で登場する「共有地」の本屋さんに、「記事を読んで行ってみました」というお声もいただいていて、すごく嬉しいです。

  • メンバーが選ぶ、小田嶋隆さんの本と言葉

    メンバーが選ぶ、小田嶋隆さんの本と言葉

    ミシマガ編集部

    小田嶋さんはこれまでにもミシマ社から3冊の本を発表され、また、数々のイベントにも登壇くださいました。本日のミシマガでは過去の著作に加えて、いますぐ読める豪華な対談記事をご紹介します!20代の若手メンバーが痺れた小田嶋さんの言葉とは・・・?

この記事のバックナンバー

09月05日
第47回 「のんびり」のチームづくり 藤本 智士
08月07日
第46回 弱さを起点とするコミュニティ 藤本 智士
07月07日
第45回 チームのつくりかた 藤本 智士
06月08日
第44回 編集のスタートライン 藤本 智士
05月06日
第43回 サウナ施設を編集する その5 藤本 智士
04月09日
第42回 サウナ施設を編集する その4 藤本 智士
03月12日
第41回 サウナ施設を編集する その3 藤本 智士
02月12日
第40回 サウナ施設を編集する その2 藤本 智士
01月11日
第39回 サウナ施設を編集する その1 藤本 智士
12月11日
第38回 地域編集者としての街の本屋さんのしごと。 藤本 智士
11月07日
第37回 サーキュラーエコノミーから考える新しい言葉のはなし 藤本 智士
10月08日
第36回 編集視点を持つ一番の方法 藤本 智士
09月04日
第35回 編集力は変容力?! 藤本 智士
08月11日
第34回 「言葉」より「その言葉を使った気持ち」を想像する。 藤本 智士
07月12日
第33回 「気づき」の門を開く鍵のはなし 藤本 智士
06月07日
第32回 ポジションではなくアクションで関係を構築する。ある公務員のはなし。 藤本 智士
05月13日
第31回 散歩して閃いた地域編集の意義 藤本 智士
04月05日
第30回 アップサイクルな編集について考える 藤本 智士
03月06日
第29回 惹きつけられるネーミングのはなし 藤本 智士
02月06日
第28回 比べることから始めない地域の誇り 藤本 智士
01月08日
第27回 フィジカルな編集のはなし 藤本 智士
12月09日
第26回 地域おこし協力隊を編集 藤本 智士
11月05日
第25回 まもりの編集 藤本 智士
10月08日
第24回 編集にとって大切な「待つこと」の意味 藤本 智士
09月05日
第23回 「にかほのほかに」のこと 03 〜ラジオからはじめる地域編集〜 藤本 智士
08月09日
第22回 「にかほのほかに」のこと02 〜DITとTEAMクラプトン〜 藤本 智士
07月07日
第21回 「にかほのほかに」のこと01 〜ロゴの編集〜 藤本 智士
06月11日
第20回 オンラインサロンとせいかつ編集 藤本 智士
05月10日
第19回 編集スクール的オンラインサロンの姿を求めて 藤本 智士
04月06日
第18回 「三浦編集長」が編集の教科書だと思う理由 藤本 智士
03月09日
第17回 根のある暮らし編集室 藤本 智士
02月05日
第16回 三浦編集長に会いに 藤本 智士
01月11日
第15回 「トビチmarket」を編集した人たち 後編 藤本 智士
01月10日
第14回 「トビチmarket」を編集した人たち 前編 藤本 智士
12月14日
第13回 「トビチmarket」 藤本 智士
11月17日
第12回 書籍から地域への必然 藤本 智士
10月19日
第11回 書籍編集と地域編集 藤本 智士
09月08日
第10回 編集⇆発酵 を行き来する。 藤本 智士
08月17日
第9回 編集発行→編集発酵へ。 藤本 智士
07月16日
第8回 編集発酵家という存在。 藤本 智士
06月14日
第7回 いちじくいちのこと 06 藤本 智士
05月16日
第6回 いちじくいちのこと 05 藤本 智士
04月10日
第5回 いちじくいちのこと 04 藤本 智士
03月14日
第4回 いちじくいちのこと 03 藤本 智士
02月13日
第3回 いちじくいちのこと 02 藤本 智士
01月18日
第2回 いちじくいちのこと 01 藤本 智士
12月15日
第1回 「地域編集のこと」その前に。 藤本 智士
ページトップへ