地域編集のこと

第10回

編集⇆発酵 を行き来する。

2019.09.08更新

 自分の中でなんだか盛り上がってきちゃったので、引き続き編集発酵家のはなしを。前回は、編集につきものの「発行(アウトプット)」を「発酵」にすると良いよ。という話を書いたわけだけれど、今回は、もう一つ思考を深めて、編集と発酵を行き来することの意味について書いてみたいと思う。

0908.jpg

 今月末(9/29)から、秋田県立美術館で『あこがれの秋田』という名の展覧会を開催することになった。秋田県庁さんのお仕事として2012年から2016年まで編集長を務めた『のんびり』というフリーマガジンの取材中に撮影された写真を展示する展覧会なのだけれど、この展覧会の企画書を書いたのは、4年前、のんびりの終刊を決めた2015年のことだった。

 何ワードも費やさなくとも、たった一枚でより豊かに状況を説明できる写真は、テキストメディアの編集において欠かせない存在。もちろんその逆もしかりで、テキストと写真の双方が互いにリスペクトを持ちながらつくられているかどうか? というのが、よい書籍や雑誌を見極める一つの指針だとすら思う。つまりはチームプレイの賜物になっているかどうか。

 そんな思いで雑誌づくりをしていると、カメラマンが撮ってくれた最高な写真を、編集上、説明的に使用せざるをえなかったりして、写真そのものが本来持っているチカラをまっすぐ表現できないジレンマが起こる。「この写真は雑誌に掲載するだけではあきらかにもったいないよね」と、そんな話をデザイナーさんとすることも多く、雑誌を続けていくということは、ある意味、そういうフラストレーションを溜めていくことでもある。

 『のんびり』は季刊誌ゆえ、年4回と比較的発行ペースは少ないものの、それでも4年も続ければ16冊分の熱量の塊が、心の写真墓場に浮遊しているのを感じることがあって悩ましかった。僕は、一つのことを長くつづけるコツは「忘れることにある」と思っていて、それゆえに、忘れることに関してはかなりプロである自信があるけれど(歳重ねていよいよ師匠クラスになってきた)、それでも、現実問題、情熱を傾けるものが転々としていくのは、上述のフラストレーションをどこかで消化しきらないと前に進めない性質ゆえなのだと自覚しはじめている。だから僕はこれ以上それらが増えていくのに耐えられず、『のんびり』を終えることを決めたと同時に、『のんびり』のクリエイティブを支えてくれた写真たちを、写真そのものとして輝かせるような展覧会をしたい! と企画書をつくった。

 写真の価値は多様にあるけれど、僕が一番大切だと思うのは「再び見られる」ことの価値だ。つまりは記録しアーカイブされることの価値。しかしフリーマガジンというのは、アーカイブされることに対して、もっともハードルが高い媒体だと言える。無料のものは衝動的に手に入れやすい分、捨てやすくもあるからだ。けれど「写真」は再び見られることでその使命を果たす。いま目の前で撮った写真はいつだって、未来に見られることを想定されて撮られている。なのにたった一回何かに使用されて役割を終えるのは悲しい。

 だからこそ、発行を終えたそのあとに発酵を意識することで、少なくとも僕はとても救われた。発酵とは希望だ。あくまでも美味しくいただくことを前提に寝かしたり、時間をおく。するとどうだろう。時間をおけばおくほどに、当時とは違った風味が付加されて、ネガティブに溜まっていくばかりのフラストレーションが、まるで高級ワインのように長期熟成され、より価値のあるものにチェンジしていくようにすら思えた。

 つまり、今回開催する写真展『あこがれの秋田』は、『のんびり』の<発行>を終えて、さらにその写真たちを<発酵>させた展覧会だ。当時、カメラマンたちが丁寧な仕事をしてくれたからこそ、腐敗することなく長期熟成に耐えて、またあらたな価値をもって見ていただけるものになっているはずだ。

 こうやって編集と発酵を繰り返していくことで、物量は少なくとも情熱を注いだ仕事たちがより豊かな実りを与えてくれる。編集者のなかには、僕のように発行のあとに発酵期間が必要な編集者というのも一定数いて、そういう人が編集発酵家なんだろうなあと思っている。

藤本 智士

藤本 智士
(ふじもと・さとし)

1974 年兵庫県生まれ。編集者。有限会社りす代表。雑誌「Re:S」編集長を経て、秋田県発行フリーマガジン「のんびり」、webマガジン「なんも大学」の編集長に。 自著に『風と土の秋田』『ほんとうのニッポンに出会う旅』(共に、リトルモア)。イラストレーターの福田利之氏との共著に『いまからノート』(青幻舎)、編著として『池田修三木版画集 センチメンタルの青い旗』(ナナロク社)などがある。 編集・原稿執筆した『るろうにほん 熊本へ』(ワニブックス)、『ニッポンの嵐』(KADOKAWA)ほか、手がけた書籍多数。

編集部からのお知らせ

【展示情報】

のんびり写真展『あこがれの秋田』
会期:9月29日(日)~10月27日(日)
場所:秋田県立美術館

藤本智士さんが編集長を務め、2012~16年に発行された秋田県のフリーマガジン「のんびり」で掲載された写真を紹介する写真展です。県外の写真家が撮影した風景や郷土芸能の写真など、紙面に載り切らなかった作品も含め約150点が展示される予定です!

詳細はこちら

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『脱・筋トレ思考』が発刊しました!

    『脱・筋トレ思考』が発刊しました!

    ミシマガ編集部

    本日8/29(木)、今月の新刊『脱・筋トレ思考』(平尾剛 著)が発売日を迎えました!

  • 社長と新人

    ゲストにオクノ修さんをお迎えしました! はじめての公開収録(1)

    社長と新人

    昨日のミシマ社ナイトレポートにもありましたように、「社長と新人」史上初めてゲストをお招きして、同じく史上初めての公開収録を行いました。そのゲストがなんと、京都の名物喫茶店「六曜社」のマスターで、シンガーソングライターのオクノ修さんです。ちいさいミシマ社第1弾の絵本の元になった、『ランベルマイユコーヒー店』の歌もオクノさんが歌われています。本日は前半をお送りいたします。話題に上がったテーマは「秋田の話」、「編集者の読み方、喫茶店のマスターの飲み方」、「お店へのクレームとスマホ社会」などです。

  • どうやったらクモに、ズッキーニの葉を守ってもらえますか? ほか

    どうやったらクモに、ズッキーニの葉を守ってもらえますか? ほか

    中田 兼介

    突然ですが、今年9月に、『クモのイト』という本を発刊する予定です。動物行動学者として日々クモの研究をされている中田兼介先生による、クモ愛に溢れるこの一冊。そんなわけで、このコーナーでは、クモ博士である中田先生に、クモにまつわる素朴な疑問をぶつけてゆきたいと思います。

  • ミシマ社の話ミシマ社の話

    「ちいさいミシマ社」と買い切り55%がめざすもの

    三島 邦弘

    「これからの出版社とこれからの書店」を書いた3カ月前は、新レーベル名を「ミシマ社の本屋さん」と考えてました。が、一転、最終的に「ちいさいミシマ社」としました。その心は? と問われれば、「ちいさい」願望がむくむくと高まっていた。おそらく、そうなのだろうと自分では思っています。

ページトップへ