地域編集のこと

第24回

編集にとって大切な「待つこと」の意味

2020.10.08更新

 共著『アルバムのチカラ』が原案の一つとなった映画『浅田家!』が10月2日に公開された。

◆映画『浅田家!』

 『アルバムのチカラ』は、写真集『浅田家』で木村伊兵衛写真賞を受賞した写真家の浅田政志くんと二人で、津波で泥だらけになってしまったアルバムや写真を洗浄し持ち主の元に返す、東日本大震災における写真洗浄ボランティアの現場を取材した記録だ。

 まさにアルバムのチカラを信じていた僕と浅田くんが、なんのアウトプットも決めないまま、とにかく被災地で起こっている写真洗浄のことを未来のために記録しておきたいと、2011年から二年間かけて沿岸部を回った。

 その後、当時まだ珍しかったクラウドファンディングを活用させていただいて、2014年に書籍として赤々舎から出版された。以下は当時のプロジェクトページ。取材に同行してくれた"柴っち"という映像ディレクターが作成してくれた動画がアップされているので、ぜひみて欲しい。

◆「アルバムのチカラ出版」プロジェクト

「写真をプリントすることの大切さ」
「アルバムの価値」

 これは編集者として僕が長年、伝え続けてきたテーマの一つだ。2020年のいま、こうして映画作品というカタチでその思いを広く伝えられることをとても嬉しく思っている。映画化を進めてくれたプロデューサーの小川真司さん、最高のエンタメとして昇華してくれた中野量太監督、そして何より、浅田くんに感謝だ。

 しかし浅田政志とは、なんという大切な使命をもった写真家なのだろう。

✳︎

 そこで今回、地域編集がテーマのこの連載で書いておきたいと思ったのが、「待つ」ということについての話。この「待つ」については、この連載においても「編集発酵」というテーマで以前書いたけれど、とても重要なことなので、少し違う視点からさらに書いてみたい。

◆連載第8回「編集発酵家という存在。」

 「待つ」。この、無責任にも思える態度が、編集者の胆力を試されるとても大きなポイントだと僕は思っている。しかしながら「待つ」は放置することではない。かと言ってずっと手をかけ続けろとか、かたときも忘れるなとか、そういうことでもない。しかし「放置するでもなく、こまめに手をかけるでもない」と言われてしまっては、読者のみなさんも戸惑うかもしれない。しかし何も難しいことではない。「待っている」ということは、言い換えれば継続した状態ということ。つまり、「待つ」とは「済印を押してしまわない」ということだ。

 僕がアルバムの大切さを知ったのは2006年のこと。編集長をしていた雑誌の特集取材で、写真をプリントすることの大切さを知った僕は、デジカメやスマホの普及でアルバムをつくるどころか、写真をプリントしなくなったお母さんたちが増えていることに不安を感じ、なんとかアルバム文化を残せないものかと、カメラメーカーやアルバムメーカーさんたちと協同して、「アルバムエキスポ」なるイベントを企画したり、富士フイルムさんに協力いただき「アルバムつくってますか?」と、たった一言だけのコピーを添えたポスターを作って、日本全国の写真屋さんに掲示してもらったりなど、あの手この手で、アルバム文化を未来につなぐための編集を施した。その結果、2008年の時点では、アルバムメーカーさん調べで50%まで下がっていた子育て主婦層のアルバム制作率は2010年に再び70%まで増加した。

 しかし当時の僕にとってはそれが限界だった。スマホのカメラ機能が年々優秀になり、伴ってシャッター数が増えるほどに、写真データは、またプリントされなくなってきていた。

 けれど写真プリントの価値は不変だ。デジタルデータは、スマホにしろパソコンにしろ、なにかしらモニターを備えたハードがなければ見ることができない。一方、写真プリントはそれそのものがあるだけでいい。この当たり前の事実はとても大きく、その価値が露わになったのが東日本大地震だった。

 津波で大きな被害を受けた東北沿岸部において、人命救助に奔走する自衛隊のみなさんたちは、ハードディスクやCDは踏んでも、アルバムや写真フレームは踏むことができなかった。そこに、確かに人の存在を感じたからだ。またある意味で津波の被害をうけなかったネットサーバー保管の写真たちは、ご本人が亡くなってしまったことでパスワードがわからなくなり、あるはずのデータがないものとなった。

 そんな写真プリントの価値に気づき、それらを救おうとした各地のみなさんの行動と思いの記録が、やがて書籍「アルバムのチカラ」になった。

 僕がその記録をどうしても本にしたかったのは、「写真をプリントすることの大切さ」「アルバムの価値」、これらに、いよいよ済み印を押したくなかったからだ。本づくりの制作過程における、原稿の入稿、そして印刷が上がったときの安堵感は、「終わった」ではなく「これで待てる」という気持ちに近い。僕に代わってこの一冊が、世の中にメッセージを伝えてくれる。そしてそこに共感してくれた人がまたあらたなアクションを起こしてくれるはず。そういう希望をもって待つために、本をつくるのだと僕は思う。

 しかしそれがもちろん、本でなくてもいい。商品でも、イベントでも、映像でも、思いを込めた未来へのメッセージをカタチにすることで、僕たちはようやく「待つ」というフェーズにいける。カタチにして待つ。これは編集者のとても大切な仕事だ。

✳︎

 例えば僕がタイガー魔法瓶さんと作った&bottleという水筒がある。

1008-1.jpg

 コップ付きのこの水筒は、共同開発プロジェクトがスタートしてから発売に至るまでに、なんと12年もかかった。普通なら頓挫して終わりと、途中で誰かに済印を押されてもおかしくなかっただろう。けれど、僕もタイガーさんも決して済印を押さなかった。なんの動きもない数年間があっても、僕たちは待った。

 小型軽量化がすすむ世の中に反するようなコップ付き水筒。大人も持てるシンプルなデザイン。大切に売ってもらうための流通。僕が大切にしたこの3条件は、12年前からずっと変わらない。けれど当時は受け入れてもらえる状況ではなかった。だから待った。

◆「&bottle」

 そしてこの商品がカタチになった現在もまだ僕は待っている。コロナ禍を超えて、飲み物をシェアしあえるその日のために。地球環境を考えたペットボトルを使い捨てない世の中のために。僕はまだまだ済印を押さない。そうやってビジョンを信じて待つことが、地域編集にとってとても大切だ。

 待つということは、言い換えれば、ポジティブな諦めとも言える。それは「一人ではビジョンをカタチにできない」という諦めだ。そのビジョンが大きく壮大なものであるほどに、他力本願が重要になってくる。いまの世の中には「自分でなんとかしろ」という空気が漂っているけれど、自分でなんとかできることなんてたかが知れている。大きなビジョンはいつだって、偶然やミラクルや出会いやご縁が加わってはじめて現実に近づいていく。

 『アルバムのチカラ』で伝えたかったことが、映画『浅田家!』として昇華され、この映画が、また誰かにそのバトンを渡してくれる。待つことは希望だ。編集って最高だなと思わせてくれた映画『浅田家!』をぜひ、みなさんにも観てもらいたい。

藤本 智士

藤本 智士
(ふじもと・さとし)

1974 年兵庫県生まれ。編集者。有限会社りす代表。雑誌「Re:S」編集長を経て、秋田県発行フリーマガジン「のんびり」、webマガジン「なんも大学」の編集長に。 自著に『風と土の秋田』『ほんとうのニッポンに出会う旅』(共に、リトルモア)。イラストレーターの福田利之氏との共著に『いまからノート』(青幻舎)、編著として『池田修三木版画集 センチメンタルの青い旗』(ナナロク社)などがある。 編集・原稿執筆した『るろうにほん 熊本へ』(ワニブックス)、『ニッポンの嵐』(KADOKAWA)ほか、手がけた書籍多数。

編集部からのお知らせ

『アルバムのチカラ 増補版』 文:藤本智士 写真:浅田政志赤々舎)

アルバムのチカラ増補版書影_RGBs.jpg

詳細はこちら

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 伊藤亜紗さんと村瀨孝生さんの往復書簡が一冊の本に! 『ぼけと利他』まもなく書店発売!!

    伊藤亜紗さんと村瀨孝生さんの往復書簡が一冊の本に! 『ぼけと利他』まもなく書店発売!!

    ミシマガ編集部

    こんにちは! ミシマガ編集部です。今週木曜日の9月15日、いよいよ『ぼけと利他』が発刊します! 『ぼけと利他』刊行のきっかけとなったのは、2020年7月18日に開催されたMSLive!「ぼけと利他~時空を超えるお年寄りたちに学ぶ」でした。出演は「宅老所よりあい」代表の村瀨孝生さんと、美学者の伊藤亜紗さん。

  • 『偶然の散歩』まえがきを公開します

    『偶然の散歩』まえがきを公開します

    ミシマガ編集部

    いよいよ9月15日(木)に、森田真生著『偶然の散歩』が書店先行発売となります。(公式発刊日は9月22日(木)です。)本書は、森田さんが2017年から2022年にわたって、日経新聞の「プロムナード」などに寄稿したエッセイ全40篇を収録しています。

  • 『ちゃぶ台』次号は10号! こんどの特集は「ボゴボゴ」!?

    『ちゃぶ台』次号は10号! こんどの特集は「ボゴボゴ」!?

    ミシマガ編集部

    こんにちは、ミシマガ編集部です。現在、『ちゃぶ台9』の特集「書店、再び共有地」に、読者の方々よりたくさんのご感想のおはがきをいただくなど、大きな反響をいただいています。取材記事で登場する「共有地」の本屋さんに、「記事を読んで行ってみました」というお声もいただいていて、すごく嬉しいです。

  • メンバーが選ぶ、小田嶋隆さんの本と言葉

    メンバーが選ぶ、小田嶋隆さんの本と言葉

    ミシマガ編集部

    小田嶋さんはこれまでにもミシマ社から3冊の本を発表され、また、数々のイベントにも登壇くださいました。本日のミシマガでは過去の著作に加えて、いますぐ読める豪華な対談記事をご紹介します!20代の若手メンバーが痺れた小田嶋さんの言葉とは・・・?

この記事のバックナンバー

09月05日
第47回 「のんびり」のチームづくり 藤本 智士
08月07日
第46回 弱さを起点とするコミュニティ 藤本 智士
07月07日
第45回 チームのつくりかた 藤本 智士
06月08日
第44回 編集のスタートライン 藤本 智士
05月06日
第43回 サウナ施設を編集する その5 藤本 智士
04月09日
第42回 サウナ施設を編集する その4 藤本 智士
03月12日
第41回 サウナ施設を編集する その3 藤本 智士
02月12日
第40回 サウナ施設を編集する その2 藤本 智士
01月11日
第39回 サウナ施設を編集する その1 藤本 智士
12月11日
第38回 地域編集者としての街の本屋さんのしごと。 藤本 智士
11月07日
第37回 サーキュラーエコノミーから考える新しい言葉のはなし 藤本 智士
10月08日
第36回 編集視点を持つ一番の方法 藤本 智士
09月04日
第35回 編集力は変容力?! 藤本 智士
08月11日
第34回 「言葉」より「その言葉を使った気持ち」を想像する。 藤本 智士
07月12日
第33回 「気づき」の門を開く鍵のはなし 藤本 智士
06月07日
第32回 ポジションではなくアクションで関係を構築する。ある公務員のはなし。 藤本 智士
05月13日
第31回 散歩して閃いた地域編集の意義 藤本 智士
04月05日
第30回 アップサイクルな編集について考える 藤本 智士
03月06日
第29回 惹きつけられるネーミングのはなし 藤本 智士
02月06日
第28回 比べることから始めない地域の誇り 藤本 智士
01月08日
第27回 フィジカルな編集のはなし 藤本 智士
12月09日
第26回 地域おこし協力隊を編集 藤本 智士
11月05日
第25回 まもりの編集 藤本 智士
10月08日
第24回 編集にとって大切な「待つこと」の意味 藤本 智士
09月05日
第23回 「にかほのほかに」のこと 03 〜ラジオからはじめる地域編集〜 藤本 智士
08月09日
第22回 「にかほのほかに」のこと02 〜DITとTEAMクラプトン〜 藤本 智士
07月07日
第21回 「にかほのほかに」のこと01 〜ロゴの編集〜 藤本 智士
06月11日
第20回 オンラインサロンとせいかつ編集 藤本 智士
05月10日
第19回 編集スクール的オンラインサロンの姿を求めて 藤本 智士
04月06日
第18回 「三浦編集長」が編集の教科書だと思う理由 藤本 智士
03月09日
第17回 根のある暮らし編集室 藤本 智士
02月05日
第16回 三浦編集長に会いに 藤本 智士
01月11日
第15回 「トビチmarket」を編集した人たち 後編 藤本 智士
01月10日
第14回 「トビチmarket」を編集した人たち 前編 藤本 智士
12月14日
第13回 「トビチmarket」 藤本 智士
11月17日
第12回 書籍から地域への必然 藤本 智士
10月19日
第11回 書籍編集と地域編集 藤本 智士
09月08日
第10回 編集⇆発酵 を行き来する。 藤本 智士
08月17日
第9回 編集発行→編集発酵へ。 藤本 智士
07月16日
第8回 編集発酵家という存在。 藤本 智士
06月14日
第7回 いちじくいちのこと 06 藤本 智士
05月16日
第6回 いちじくいちのこと 05 藤本 智士
04月10日
第5回 いちじくいちのこと 04 藤本 智士
03月14日
第4回 いちじくいちのこと 03 藤本 智士
02月13日
第3回 いちじくいちのこと 02 藤本 智士
01月18日
第2回 いちじくいちのこと 01 藤本 智士
12月15日
第1回 「地域編集のこと」その前に。 藤本 智士
ページトップへ