地域編集のこと

第52回

ウェルビーイング視点でみた地域編集のはなし

2023.02.09更新

 Re:Schoolというオンラインコミュニティの場作りの話から、その他さまざまな事例をもとに、編集において重要なディレクション、つまりは仲間集めの話をしてきたけれど、今回は少し変わった視点から「編集」を捉えてみたいと思う。なんでそんなことを思ったかというと、最近、編集者仲間のあいだでこんな本が話題になっているからだ。タイトルは『むかしむかし あるところにウェルビーイングがありました 日本文化から読み解く幸せのカタチ』(KADOKAWA)。

 予防医学研究者の石川善樹さんと、ラジオアナウンサーの吉田尚記さんによるpodcast番組を書籍化した一冊なので、ここのところよく耳にする「ウェルビーイング」という言葉が実にわかりやすく入ってくる。その内容の面白さにも助けられ一気に読んでしまった。

 さて、編集者仲間のなかでいったいこの本のどの部分が話題になっているかというと、それは、ウェルビーイングにおいて、重要なキーとなるのが「移動」だというくだり。取材などを通して、地方から地方へと移動することが多い僕たちが、なんだか我が意を得たり! みたいな気持ちになっているのだ。

 そもそも僕が、本連載を通して「編集」の魅力を広く伝えんとするのは、世の中にもっと編集者が増えることを望んでいるからだ。そしてそれは、何より僕自身が編集者という職業をとても幸福に感じているからで、それなくして、堂々とこんな連載などできないなとつくづく思う。多少の苦しみや辛さは勿論あるものの、おおむね楽しい日々を過ごしているのは、間違いなく自分の職業が編集者だからという実感が僕にはある。ウェルビーイングとは、心身ともに健康で満たされている状態のこと。我々のような編集者が増えるということは、ウェルビーイング視点でみても、とてもよいことなのでは? と自己肯定している。そこがまたウェルビーイング的な気もしたりして。

 では「移動」がキーになるとはどういうことなのか? 書籍に書かれていたことを、僭越ながら説明させていただくと、まずそれは脳の特性の話からはじまる。脳科学の世界において、人間の脳は何が起きるかわからないワクワク感を好むというのが定説だ。未来にワクワクが期待出来ないと、人はどうにも耐えられない。しかしその一方で、脳は、あまりにサプライズが大きすぎるのも嫌がる。つまり、脳はサプライズが大好きなのに大嫌いという矛盾を抱えているのだという。だとすれば、ほどよく予測不可能な状態をつくるということが、ウェルビーイングにはとても大事で、それを満たす行為こそがまさに「移動」にあるのでは? ということが書かれていて、編集者仲間たちがみな、首がもげそうなほど頷いた。

 年々、身体にガタが来はじめている僕は、心身ともに健康で満たされている状態と言われたら、いささか疑問ではあるけれど、それでも「移動」=「旅」がもたらす幸福な心情については共感どころか両手をあげて賛成したい気持ち。というのも僕は自らを「旅する編集者」と名乗ることもあるほどに、何年も旅と編集を続けている。と書いているいまも、旅先の北海道札幌、『オニヤンマコーヒー』というカフェでこの原稿を書いている。

 そもそも、僕のライフスタイルにおいて「旅」、つまり「移動」の占める時間は膨大だ。例えばここで、今日から数日間の僕の予定を明らかにしてみる。明日まで北海道で仕事をした後、帰ってきたその足で、そのまま今度は神戸からフェリーに乗って宮崎へ移動。新富町という初めて訪れる町で講演をし、その翌日には大分に移動。湯布院の友人と打合せ。さらにその翌日は別府に移動して、久しぶりな友人と会い、今度は西大分港からフェリーに乗って神戸へ。その後1日、自宅で過ごした後は、北陸、石川県に移動。1泊して兵庫に戻り、2日間自宅で過ごした次は3日間の秋田旅。と、まさに移動、移動、移動な日々。

 さすがにこの数日は、自分でも度をすぎていると思うけれど、とにかく月の1/3〜半分くらいは、こんな風に移動している。この旅がもたらすものをもって僕は、本連載の大テーマでもある「地域編集」に取り組んでいる。言わずもがな僕は、旅先で知らなかった文化にたくさん出会い、そこにあるスペシャルに感動して帰っては、それをアウトプットすることを繰り返して仕事をしている。その源泉にある、知らない土地での知らなかった文化との出会いは、まさに脳が求める「サプライズ」に違いない。

 しかし先述のとおり、人間の脳は、サプライズが好きなくせに、それが過ぎるのを嫌がる。これは、特に僕に限ったことなのかもしれないが、ぼくは正直、この矛盾を感じる脳の特性にとても強く納得した。それは、僕が旅する編集者と名乗るほど旅をしながらも、「海外には行かない」と決めているからだ。

 僕の友人たちは総じてみんな驚くのだけど、僕はずっと旅がきらいだった。一人旅なんてもってのほか、それよりもとにかく家にいたかった。そんな僕が旅の魅力を知ったのは自身が編集長を務める『Re:S』という雑誌を作り始めた30代前半から。それゆえ僕は、若いうちに世界へ飛び出そうといった気持ちも興味もなく、また家族もほどよく貧乏だったので、おいそれと家族旅行で海外になんてこともなく、その結果、50年近い人生のなかで、一度たりとも日本を出たことがない。つまり、旅先でのサプライズが大き過ぎないのだ。その土地土地の文化に驚きつつも、それでもやはり、同じ日本人の感性のなかにおける差異であることは間違いない。違いに驚く一方で、何かしらの共感ポイントに片足をかけている感覚がある。

 日本の地方を旅しながら、その土地土地で地域編集をつづける僕は、ほどよいサプライズを得ることで、僕の身体に「ウェルビーイング」な状態をもたらしているのだと本書を読んで思った。だからこそ、編集は楽しく、編集者は幸福な職業だという実感が僕を大きく包んでいるのかと。

 旅好きだと話すと、イコール、好奇心が旺盛で、極端に言えば冒険家のように見られがちだけれど、基本的に、平穏で平坦を好む上でのちょっとしたワクワクが欲しいという、ある意味で僕はとても平凡な人間だ。しかし旅をすることで、ぼくの脳みそは明らかに活気付く。こういうウェルビーイングな状態があってはじめて、編集のアイデアがどんどん湧き上がってくるのだと思う。

 編集者よ旅に出よう! 我々は移動によって生かされている。

藤本 智士

藤本 智士
(ふじもと・さとし)

1974 年兵庫県生まれ。編集者。有限会社りす代表。雑誌「Re:S」編集長を経て、秋田県発行フリーマガジン「のんびり」、webマガジン「なんも大学」の編集長に。 自著に『風と土の秋田』『ほんとうのニッポンに出会う旅』(共に、リトルモア)。イラストレーターの福田利之氏との共著に『いまからノート』(青幻舎)、編著として『池田修三木版画集 センチメンタルの青い旗』(ナナロク社)などがある。 編集・原稿執筆した『るろうにほん 熊本へ』(ワニブックス)、『ニッポンの嵐』(KADOKAWA)ほか、手がけた書籍多数。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

この記事のバックナンバー

02月08日
第64回 展覧会を編集するということ 藤本 智士
01月18日
第63回 五分-GOBU-を訪ねて、五戸へGO 藤本 智士
12月25日
第62回 オンパクという型のはなし。 藤本 智士
11月08日
第61回 「解」より「問い」を。
「短尺」より「長尺」を
藤本 智士
10月24日
第60回 災害を伝える側に求められること 藤本 智士
09月06日
第59回 僕が海外に出た本当の理由 藤本 智士
08月07日
第58回 コーヒー農園から視た、地域のカフェの役割 藤本 智士
07月07日
第57回 わからないを受け入れる。 藤本 智士
06月07日
第56回 Act Global, Think Local 藤本 智士
05月08日
第55回 産廃と編集の相似性 藤本 智士
04月09日
第54回 聞くは気づくの入口 藤本 智士
03月07日
第53回 市政と市井をほどよくグレーに。 藤本 智士
02月09日
第52回 ウェルビーイング視点でみた地域編集のはなし 藤本 智士
01月08日
第51回 ボトムアップな時代の地域編集 藤本 智士
12月07日
第50回 フックアップされることで知る編集のチカラ 藤本 智士
11月08日
第49回 イベントの編集 藤本 智士
10月08日
第48回 仲間集めの原点 藤本 智士
09月05日
第47回 「のんびり」のチームづくり 藤本 智士
08月07日
第46回 弱さを起点とするコミュニティ 藤本 智士
07月07日
第45回 チームのつくりかた 藤本 智士
06月08日
第44回 編集のスタートライン 藤本 智士
05月06日
第43回 サウナ施設を編集する その5 藤本 智士
04月09日
第42回 サウナ施設を編集する その4 藤本 智士
03月12日
第41回 サウナ施設を編集する その3 藤本 智士
02月12日
第40回 サウナ施設を編集する その2 藤本 智士
01月11日
第39回 サウナ施設を編集する その1 藤本 智士
12月11日
第38回 地域編集者としての街の本屋さんのしごと。 藤本 智士
11月07日
第37回 サーキュラーエコノミーから考える新しい言葉のはなし 藤本 智士
10月08日
第36回 編集視点を持つ一番の方法 藤本 智士
09月04日
第35回 編集力は変容力?! 藤本 智士
08月11日
第34回 「言葉」より「その言葉を使った気持ち」を想像する。 藤本 智士
07月12日
第33回 「気づき」の門を開く鍵のはなし 藤本 智士
06月07日
第32回 ポジションではなくアクションで関係を構築する。ある公務員のはなし。 藤本 智士
05月13日
第31回 散歩して閃いた地域編集の意義 藤本 智士
04月05日
第30回 アップサイクルな編集について考える 藤本 智士
03月06日
第29回 惹きつけられるネーミングのはなし 藤本 智士
02月06日
第28回 比べることから始めない地域の誇り 藤本 智士
01月08日
第27回 フィジカルな編集のはなし 藤本 智士
12月09日
第26回 地域おこし協力隊を編集 藤本 智士
11月05日
第25回 まもりの編集 藤本 智士
10月08日
第24回 編集にとって大切な「待つこと」の意味 藤本 智士
09月05日
第23回 「にかほのほかに」のこと 03 〜ラジオからはじめる地域編集〜 藤本 智士
08月09日
第22回 「にかほのほかに」のこと02 〜DITとTEAMクラプトン〜 藤本 智士
07月07日
第21回 「にかほのほかに」のこと01 〜ロゴの編集〜 藤本 智士
06月11日
第20回 オンラインサロンとせいかつ編集 藤本 智士
05月10日
第19回 編集スクール的オンラインサロンの姿を求めて 藤本 智士
04月06日
第18回 「三浦編集長」が編集の教科書だと思う理由 藤本 智士
03月09日
第17回 根のある暮らし編集室 藤本 智士
02月05日
第16回 三浦編集長に会いに 藤本 智士
01月11日
第15回 「トビチmarket」を編集した人たち 後編 藤本 智士
01月10日
第14回 「トビチmarket」を編集した人たち 前編 藤本 智士
12月14日
第13回 「トビチmarket」 藤本 智士
11月17日
第12回 書籍から地域への必然 藤本 智士
10月19日
第11回 書籍編集と地域編集 藤本 智士
09月08日
第10回 編集⇆発酵 を行き来する。 藤本 智士
08月17日
第9回 編集発行→編集発酵へ。 藤本 智士
07月16日
第8回 編集発酵家という存在。 藤本 智士
06月14日
第7回 いちじくいちのこと 06 藤本 智士
05月16日
第6回 いちじくいちのこと 05 藤本 智士
04月10日
第5回 いちじくいちのこと 04 藤本 智士
03月14日
第4回 いちじくいちのこと 03 藤本 智士
02月13日
第3回 いちじくいちのこと 02 藤本 智士
01月18日
第2回 いちじくいちのこと 01 藤本 智士
12月15日
第1回 「地域編集のこと」その前に。 藤本 智士
ページトップへ