地域編集のこと

第11回

書籍編集と地域編集

2019.10.19更新

 そろそろ本連載タイトルでもある「地域編集」について、まっすぐ考えていきたい。というのも、これまで僕は「地域を編集する」という言葉に、「まちづくり」に似たシムシティ的、神視点を感じて、自分からは積極的に使う気持ちになれなかった。しかし、少子高齢化、人口減少が進むなかでなお、いまだに経済成長を望むばかりな昭和平成の価値観が幅を利かせる現状に、あたらしいものさしを提示するべく、いよいよ「地域編集」という言葉を周知させねばと思いはじめている。「まちづくり」という言葉は、まだ僕のなかでおこがましさが拭えないけれど、「地域編集」はもう少し地面に近い言葉のように思う。この連載で書き続けてきたように「編集」とは、とても泥臭いものだ。

 2017年に自著『魔法をかける編集』を出して以来、僕はずっと「編集」という言葉を拡張させるべく活動してきた。その成果なのか、はたまた世の中の変化なのか、徐々に「広義な編集」が認知されはじめてきたように思う。ならばそれを確かなものにするべく、ここで僕はさらに「編集」には大きく二つあると唱えてみたい。1つ目は、従来のテキストベースな二次元的「書籍編集」。そして2つ目は、場づくりやものづくりに関わっていく三次元的「地域編集」だ。それぞれに使う筋肉は違うけれど、使う脳みそはとても近い。この両方を「編集」と呼ぶことの意味は、ともに、あたらしいモノを生み出すのではなく、あたらしい価値を生み出すところにある。

 すでに在るモノから、いまの世の中に必要なあたらしい価値を見出していく。 そこに頭と体を使うのが「編集」だとすれば、双方に欠かせないのが「取材」だ。書籍や雑誌編集における取材の意味はわかるけれど、地域編集における取材には違和感を感じる人もいるかもしれない。しかし、そもそも編集を施す素材がなければ編集しようがないのだから、それが地域編集であっても、まずは取材をとおしてその材料に出会い、向き合うことからスタートするのは当然だ。

 ただ、何年も編集者として仕事を続けていると、編集依頼を受けることから、意図せず、編集対象との出会いをもらうことがある。僕はその場合でも必ず取材をする。取材をすることで、その案件を自分ごとにできるかを測るのだ。

 先日も、NHK神戸の知り合いから、来年、阪神・淡路大震災から25年を迎えるにあたり、一緒にコンテンツを作れないだろうか? と相談を受けた。神戸で育ち、いまも神戸に事務所を構える僕にとって、阪神・淡路大震災はとても大きな出来事だ。しかし、あらためて当時のことを思い出そうとするものの、おぼろげな記憶しかなく、それよりも、東北の震災や熊本の震災のさまざまばかりが思い出された。僕のなかの強い震災体験は、大学生の頃の阪神・淡路大震災よりも、もう少し大人になってから体感した、東北や熊本の震災だということに気づいた。

 そこで僕は、神戸の震災について僕より切実さを持った人たちに話を聞きたい。つまりは取材したいと申し出た。ここにおける取材は、記事や番組のようなアウトプットが決まったものではない(ちなみに僕の取材はこれがとても多い)。にもかかわらず、お二人の方が僕に時間をくださることになった。お一人は、阪神・淡路大震災のとき、赴任まもない大阪から単身神戸に入り、壮絶な現場を前に必死で報道の使命を果たし、いまも災害に関するドキュメンタリーをつくり続けているNHK神戸プロデューサーのEさん。もう一人は神戸にある「人と防災未来センター」で20年以上防災に向き合い続けているディレクターのHさん。

 Eさんは、自分がこれまで何を伝え、何を伝えられていないかを答えてくださり、25年が節目と言われることの意味について教えてくれた。またHさんからは、日々の暮らしの充実こそが一番の防災であるという考え方を教わり、僕がそこに携わっていくことの意味を強く感じることができた。おかげで僕はいま自分ごととして、NHKのみなさんとともに、このプロジェクトに取り組んでいる。

 ぼくの編集は、いつもこうやってはじまる。取材は編集対象との出会いだけでなく、自分が編集することの意味を知ることにもつながるのだ。そこをわかってもらった上で、あらためて僕の仕事をみたとき、僕のやっていることの秘密に気づいてもらえるかもしれない。それをハッキリと言葉にするならば、僕は地域編集のはじまりとして書籍編集をしている。それが、僕がいま力を注いでいる秋田県の仕事で言うところの「のんびり」であり、「なんも大学」である。書籍編集をもって得たモチベーションが、僕を地域編集に向かわせる。この循環で僕は生きている。

藤本 智士

藤本 智士
(ふじもと・さとし)

1974 年兵庫県生まれ。編集者。有限会社りす代表。雑誌「Re:S」編集長を経て、秋田県発行フリーマガジン「のんびり」、webマガジン「なんも大学」の編集長に。 自著に『風と土の秋田』『ほんとうのニッポンに出会う旅』(共に、リトルモア)。イラストレーターの福田利之氏との共著に『いまからノート』(青幻舎)、編著として『池田修三木版画集 センチメンタルの青い旗』(ナナロク社)などがある。 編集・原稿執筆した『るろうにほん 熊本へ』(ワニブックス)、『ニッポンの嵐』(KADOKAWA)ほか、手がけた書籍多数。

編集部からのお知らせ

【展示情報】

shashinten2.jpg

のんびり写真展『あこがれの秋田』
会期:9月29日(日)~10月27日(日)
場所:秋田県立美術館

 藤本智士さんが編集長を務め、2012~16年に発行された秋田県のフリーマガジン「のんびり」で掲載された写真を紹介する写真展です。県外の写真家が撮影した風景や郷土芸能の写真など、紙面に載り切らなかった作品も含め約150点を展示!
 私も先日おじゃましてきたのですが、錚々たる顔ぶれの写真家さんたち、そして「あきたこまち」特集の臨場感あふれる展示など、発見いっぱいのめちゃくちゃ楽しい展示でした。まだの方はぜひご覧いただきたいです!!(イケハタ)

詳細はこちら

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 谷川俊太郎さんインタビュー 京都と本と音楽のはなし(1)

    谷川俊太郎さんインタビュー 京都と本と音楽のはなし(1)

    ミシマガ編集部

    2019年の暮れ。ミシマ社の企画会議にて「ミシマ社メンバーが本気で会いたいと思う人に取材する企画」を2020年にスタートすることが決まりました。メンバーが全力で依頼書を書き、全力で取材準備し、全力でまとめる。改めて家の本棚を見返すと、一番たくさんあったのは谷川俊太郎さんの本でした。思えば、幼稚園のころから「ことばあそびうた」を口ずさみ、小学校の教科書で詩を読み、中学の合唱コンクールで歌い、高校・大学時代ででエッセイや対談本を読み、歌い、そして社会人になって改めて詩にふれ、と気づけばいつも近くに谷川俊太郎さんがいました。そんなタブチが谷川さんへインタビューを敢行。京都の思い出、本と本屋のはなし、そして音楽のはなしを、本日と明日にわたりお届けいたします。

  • 感じる坊さん。感じる坊さん。

    【特別編】意外と実践的で、言葉にできない生活の本。 ―『坊さん、ぼーっとする。』を書き終えて

    白川 密成

    「この本はどんな本なんですか?」と訊かれたとしたら、様々な答えがあると思います。例えば、僕が妻や5歳、7歳という小さな娘たちとのお寺での日々の中で、なにを感じ、どのように仏教や弘法大師の言葉と向き合ったか、という本です。

  • 聴し合う神々

    聴し合う神々

    森田 真生

    「たんぽぽさんおはよー!」「カモさん待って待ってー!」と、我が家の三歳児は、人間と同じように、人間でないものたちにも話しかけていく。子どもにとって、言葉を交わし合うことのできる相手は、人間だけではないのだ。

  • 2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画!  猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました

    2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画! 猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました

    ミシマガ編集部

    みなさま、本日は2月22日です。今日が何の日か、もちろんご存知ですよね・・・? そうです、「猫の日」です! 222という並びを見せられると、「ニャーニャーニャー」とかわいく鳴く猫の姿が、目の前に浮かんで離れませんよね。

ページトップへ