今月のミシマ社

第5回

「著者からの夏休みの贈り物」はじまりました&『THE BOOKS』増刷しました

2018.08.01更新

著者からの夏休みの贈り物

 こんにちは。京都オフィスの野崎です。

 今日から8月がスタートしました。暑さの厳しい今年の夏、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

 私は、京都へ来ておよそ1週間。満員電車に揺られ通勤していた東京での暮らしから、高校生の時以来の自転車通勤となったのですが、あまりの日差しのするどさに毎朝険しい顔で通勤しています。本当に暑いです、京都。

 さてそんな今年の夏は、涼しいところで本を読んで、暑い夏を乗り越えよう! ということで本日より1カ月、『みんなのミシマガジン』トップページの書籍紹介コーナー「明日の一冊」にて夏休み特別企画をお届けします。

 題して「著者からの夏休みの贈り物」。ミシマ社ゆかりの著者の方々に、「夏休み、この本を読んでよかった! ぜひこの本を読んでほしい!」という一冊を伺いました。

 企画にご協力くださったのは、こちらの方々です!

・平川克美さん(『21世紀の楕円幻想論 その日暮らしの哲学』著者)

・安田登さん(『あわいの力 「心の時代」の次を生きる』著者)

・白川密成さん(『坊さん、父になる。』著者)

・木村俊介さん(『インタビュー』著者)

・若松英輔さん(『現代の超克 本当の「読む」を取り戻す』著者)

・平尾剛さん(『近くて遠いこの身体』著者)

・井川直子さん(『昭和の店に惹かれる理由』著者)

・森田真生さん(「数学の贈り物」著者)

・江弘毅さん(『K氏の大阪弁ブンガク論』著者)

・石井ゆかりさん(『選んだ理由。』著者)

・釈徹宗さん(『お世話され上手』著者)

・河野通和さん(『言葉はこうして生き残った』著者)

・後藤美月さん(『おなみだぽいぽい』著者)

・松村圭一郎さん(『うしろめたさの人類学』著者)

・佐藤ジュンコさん(『佐藤ジュンコのおなか福福日記』著者)

・松樟太郎さん(『究極の文字を求めて』著者)

 ほか、選者は随時増えていく・・・かも?

 みなさんどんな本をご紹介くださるのでしょうか? 本日8月1日より、1カ月のあいだ「明日の一冊」のコーナーにて順次掲載していきますので、どうぞお楽しみに!

THE BOOKS』増刷しました

 2012年に発刊となり、本好きのみなさまから愛されてきた『THE BOOKS 365人の本屋さんがどうしても届けたい「この一冊」』が増刷となりました。

0801-1.jpg

『THE BOOKS 365人の本屋さんがどうしても届けたい「この一冊」』ミシマ社編(ミシマ社)

 本を一番よく知る本屋さんが「この本だけは、どうしても届けたい」と思う一冊を、直筆の手書きキャッチコピーと、本屋さんならではのエピソードとともに紹介。巻末には本書に登場する365店のMAPも掲載、書店ガイドとして本屋巡りのお供にもオススメ。

「本が好きになった!」という方、「もともと本が好きだったけど、もっと好きになった!」という方で、日本中を包み込みたいなぁ。 本にかかわる私たち全員のそんな願いとともに、本を愛する皆さまとこれから本が好きになる皆さまへ、心からの感謝をこめて本書をお贈りいたします。(はじめにより)

 2012年に発刊となって早6年。6年経ったいまも、「この本を読んでさらに本を読みたくなった!」などの声をいただきます。嬉しいです。ありがとうございます!

 今回の増刷にあたり、「この一冊」を選んでくださった書店さんの情報を更新しました。移転されているお店は、最新の住所を掲載しているので、迷わず行っていただけます。

 また、この6年のあいだに、残念ながら閉店になってしまった本屋さんもあります。青山ブックセンター六本木店や北海道のくすみ書房、紀伊国屋書店新宿南口店・・・言い始めたらきりがないほど。悲しいです。そんな閉店したお店の切ない情報も更新しています。行こうと思ったらお店がなかった!というのは、もっと悲しいですし。うう。

 夏の読書のお供に、こちらもぜひお手にとってご覧いただきたい一冊です。

ミシマガ編集部

ミシマガ編集部
(みしましゃへんしゅうぶ)

 

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    ミシマガ編集部

    2018/9/26(水)に発売されたクリープハイプの新アルバム『泣きたくなるほど嬉しい日々に』。そのデザインを手がけた寄藤文平さんと尾崎世界観さんは、4月にミシマガで対談しています。ミシマ社とも縁の深いお二人の対談、この機にぜひお読みください。(実は、今回の新アルバムの特装版の詩集と、タワーレコード特典の豆本の編集をミシマ社がお手伝いしています!)

  • 西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    ミシマガ編集部

    みなさん、最近、仕事どうですか? ナカムラケンタさんの『生きるように働く』と、『いま、地方で生きるということ』の著者でもある、西村佳哲さんの『一緒に冒険をする』(弘文堂)の2冊の刊行を記念して、2018年9月18日、代官山 蔦屋書店にてトークイベントが行われました。「最近〝仕事〟どう?」をテーマに、それぞれの角度から「仕事」について考え続けてこられたお二人が、自著の話、人が働くことの根っこについて、そして「働き方改革」までを語り合いました。そんなお話の一部を、前・後編2日間連続でお届けします。どうぞ!

  • 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1)

    町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1)

    ミシマガ編集部

    2018年6月22日、編集者であり長年街場を見つめてきた江弘毅さんがはじめて「ブンガク」を描いた、『K氏の大阪弁ブンガク論』が刊行になりました。司馬遼太郎や山崎豊子といった国民的作家から、黒川博行、和田竜など現代作家まで縦横無尽に書きまくっている本作で、2章を割いて江さんが絶賛しているのが、作家・町田康さん。本書の刊行を記念して(そして江さんが熱望して!)、紀伊國屋書店梅田本店にておこなわれた、お二人の対談の様子をお届けします。

  • 前田エマ×北野新太 将棋に恋をした。(1)

    前田エマ×北野新太 将棋に恋をした。(1)

    ミシマガ編集部

    2017年12月に発刊された『等身の棋士』。静かに燃える棋士たちの世界が著者の北野新太さんによる熱い文章で綴られています。この一冊に、ミシマ社に来て間もない新人ノザキは衝撃を受けたのでした。そして、この本が刊行された当初から、いつかはこのお二人の対談を、と願い続けて半年。念願の企画が今回ついに実現しました。

ページトップへ