今月のミシマ社

第4回

西日本豪雨災害復興支援チャリティ販売@スロウな本屋さん 開催します!

2018.07.21更新

 スロウな本屋さん×ミシマ社「手売りブックス」チャリティ販売を開催することとなりました。(参加はこちらから。)

===============

 このたびの西日本豪雨で被災された方々へ心からお見舞い申し上げます。

 一刻も早い日常の回復を念じてやみません。

 先日、渡辺と鳥居が岡山のほうへお見舞いにあがりました。自分たちにできることはなにか? ずっとなにかできないか考えていたのですが、現地の様子をつかむことから、と思い訪問した次第です。実際の状況は思っていたよりはるかに厳しく、被災された方々のご苦労は私たちの想像の及ぶところでないと、あらためて痛感しました。

 そんな折、岡山のちいさな本屋「スロウな本屋さん」店主小倉さんより、「何か一緒にできないか」というお話をいただきました。それは願ってもない、と今回のチャリティ企画へつながった次第です。

 支援先は、地元の小倉さんに全面的にお任せするかたちでお願いし、私たちは対象となる「手売りブックス」シリーズの売上の利益分をほぼ全額、寄付させていただくことに決めました。

 小倉さんのお言葉にあるように、「本を通じて何かをしたい」。これは本を愛する誰もが考えていたことでもあると思います。

 ぜひ、ご参加いただけるとうれしいです。

 重ね重ね、一刻も早い復旧を心から祈念いたします。  ミシマ社代表 三島邦弘

===============

 以下、スロウな本屋店主の小倉さんからのメッセージです。

===============

 豪雨以降、岡山の街の空気は一変しました。戻ってきた日常と、戻らない日常とのギャップに、こころ痛む日々が続いています。幸いにも難を逃れた者でも、誰もがすぐに被災地支援に行ける訳ではなく、そのことにうしろめさたを抱くひとがとても多いように感じています。何かしたい、でも何ができるかまだわからない。そんな方にとっても、本を通じてささやかでも役に立てることがある、そんな機会となればうれしいです。

=============== 

 チャリティ対象となるのは、「手売りブックス」全5点。お買い上げ1冊毎に300円を寄付いたします。また、寄付先の団体は決まり次第お知らせします。

0721-1.jpg

 お買い上げの方には、スロウな本屋さんの特製シールをおつけします。

 この特製シール、「手売りシール大賞」を受賞した優れもの。くわしくはこちらをごらんください。

0721-2.jpg

 企画のご連絡をいただきすぐに渡辺、鳥居の二人で岡山まで本を届けてきました。二人の手書きシールにも出会えるかもしれません。

 スロウな本屋さんのオンラインショップからもチャリティにご参加いただけます。遠方の方はこちらからどうぞ。

 販売期間は2018720日~9月下旬まで。

 このような場を提供いただいたスロウな本屋さんに感謝しつつ、ほかにもできることはないか、探し続けたいと思っています。賛同いただける方がいらっしゃいましたらぜひご参加くださいませ。

チャリティに参加する

ミシマガ編集部

ミシマガ編集部
(みしましゃへんしゅうぶ)

 

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    ミシマガ編集部

    2018/9/26(水)に発売されたクリープハイプの新アルバム『泣きたくなるほど嬉しい日々に』。そのデザインを手がけた寄藤文平さんと尾崎世界観さんは、4月にミシマガで対談しています。ミシマ社とも縁の深いお二人の対談、この機にぜひお読みください。(実は、今回の新アルバムの特装版の詩集と、タワーレコード特典の豆本の編集をミシマ社がお手伝いしています!)

  • 西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    ミシマガ編集部

    みなさん、最近、仕事どうですか? ナカムラケンタさんの『生きるように働く』と、『いま、地方で生きるということ』の著者でもある、西村佳哲さんの『一緒に冒険をする』(弘文堂)の2冊の刊行を記念して、2018年9月18日、代官山 蔦屋書店にてトークイベントが行われました。「最近〝仕事〟どう?」をテーマに、それぞれの角度から「仕事」について考え続けてこられたお二人が、自著の話、人が働くことの根っこについて、そして「働き方改革」までを語り合いました。そんなお話の一部を、前・後編2日間連続でお届けします。どうぞ!

  • 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1)

    町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1)

    ミシマガ編集部

    2018年6月22日、編集者であり長年街場を見つめてきた江弘毅さんがはじめて「ブンガク」を描いた、『K氏の大阪弁ブンガク論』が刊行になりました。司馬遼太郎や山崎豊子といった国民的作家から、黒川博行、和田竜など現代作家まで縦横無尽に書きまくっている本作で、2章を割いて江さんが絶賛しているのが、作家・町田康さん。本書の刊行を記念して(そして江さんが熱望して!)、紀伊國屋書店梅田本店にておこなわれた、お二人の対談の様子をお届けします。

  • 前田エマ×北野新太 将棋に恋をした。(1)

    前田エマ×北野新太 将棋に恋をした。(1)

    ミシマガ編集部

    2017年12月に発刊された『等身の棋士』。静かに燃える棋士たちの世界が著者の北野新太さんによる熱い文章で綴られています。この一冊に、ミシマ社に来て間もない新人ノザキは衝撃を受けたのでした。そして、この本が刊行された当初から、いつかはこのお二人の対談を、と願い続けて半年。念願の企画が今回ついに実現しました。

ページトップへ