今月のミシマ社

第4回

西日本豪雨災害復興支援チャリティ販売@スロウな本屋さん 開催します!

2018.07.21更新

 スロウな本屋さん×ミシマ社「手売りブックス」チャリティ販売を開催することとなりました。(参加はこちらから。)

===============

 このたびの西日本豪雨で被災された方々へ心からお見舞い申し上げます。

 一刻も早い日常の回復を念じてやみません。

 先日、渡辺と鳥居が岡山のほうへお見舞いにあがりました。自分たちにできることはなにか? ずっとなにかできないか考えていたのですが、現地の様子をつかむことから、と思い訪問した次第です。実際の状況は思っていたよりはるかに厳しく、被災された方々のご苦労は私たちの想像の及ぶところでないと、あらためて痛感しました。

 そんな折、岡山のちいさな本屋「スロウな本屋さん」店主小倉さんより、「何か一緒にできないか」というお話をいただきました。それは願ってもない、と今回のチャリティ企画へつながった次第です。

 支援先は、地元の小倉さんに全面的にお任せするかたちでお願いし、私たちは対象となる「手売りブックス」シリーズの売上の利益分をほぼ全額、寄付させていただくことに決めました。

 小倉さんのお言葉にあるように、「本を通じて何かをしたい」。これは本を愛する誰もが考えていたことでもあると思います。

 ぜひ、ご参加いただけるとうれしいです。

 重ね重ね、一刻も早い復旧を心から祈念いたします。  ミシマ社代表 三島邦弘

===============

 以下、スロウな本屋店主の小倉さんからのメッセージです。

===============

 豪雨以降、岡山の街の空気は一変しました。戻ってきた日常と、戻らない日常とのギャップに、こころ痛む日々が続いています。幸いにも難を逃れた者でも、誰もがすぐに被災地支援に行ける訳ではなく、そのことにうしろめさたを抱くひとがとても多いように感じています。何かしたい、でも何ができるかまだわからない。そんな方にとっても、本を通じてささやかでも役に立てることがある、そんな機会となればうれしいです。

=============== 

 チャリティ対象となるのは、「手売りブックス」全5点。お買い上げ1冊毎に300円を寄付いたします。また、寄付先の団体は決まり次第お知らせします。

0721-1.jpg

 お買い上げの方には、スロウな本屋さんの特製シールをおつけします。

 この特製シール、「手売りシール大賞」を受賞した優れもの。くわしくはこちらをごらんください。

0721-2.jpg

 企画のご連絡をいただきすぐに渡辺、鳥居の二人で岡山まで本を届けてきました。二人の手書きシールにも出会えるかもしれません。

 スロウな本屋さんのオンラインショップからもチャリティにご参加いただけます。遠方の方はこちらからどうぞ。

 販売期間は2018720日~9月下旬まで。

 このような場を提供いただいたスロウな本屋さんに感謝しつつ、ほかにもできることはないか、探し続けたいと思っています。賛同いただける方がいらっしゃいましたらぜひご参加くださいませ。

チャリティに参加する

ミシマガ編集部

ミシマガ編集部
(みしましゃへんしゅうぶ)

 

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 谷川俊太郎さんインタビュー 京都と本と音楽のはなし(1)

    谷川俊太郎さんインタビュー 京都と本と音楽のはなし(1)

    ミシマガ編集部

    2019年の暮れ。ミシマ社の企画会議にて「ミシマ社メンバーが本気で会いたいと思う人に取材する企画」を2020年にスタートすることが決まりました。メンバーが全力で依頼書を書き、全力で取材準備し、全力でまとめる。改めて家の本棚を見返すと、一番たくさんあったのは谷川俊太郎さんの本でした。思えば、幼稚園のころから「ことばあそびうた」を口ずさみ、小学校の教科書で詩を読み、中学の合唱コンクールで歌い、高校・大学時代ででエッセイや対談本を読み、歌い、そして社会人になって改めて詩にふれ、と気づけばいつも近くに谷川俊太郎さんがいました。そんなタブチが谷川さんへインタビューを敢行。京都の思い出、本と本屋のはなし、そして音楽のはなしを、本日と明日にわたりお届けいたします。

  • 感じる坊さん。感じる坊さん。

    【特別編】意外と実践的で、言葉にできない生活の本。 ―『坊さん、ぼーっとする。』を書き終えて

    白川 密成

    「この本はどんな本なんですか?」と訊かれたとしたら、様々な答えがあると思います。例えば、僕が妻や5歳、7歳という小さな娘たちとのお寺での日々の中で、なにを感じ、どのように仏教や弘法大師の言葉と向き合ったか、という本です。

  • 聴し合う神々

    聴し合う神々

    森田 真生

    「たんぽぽさんおはよー!」「カモさん待って待ってー!」と、我が家の三歳児は、人間と同じように、人間でないものたちにも話しかけていく。子どもにとって、言葉を交わし合うことのできる相手は、人間だけではないのだ。

  • 2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画!  猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました

    2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画! 猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました

    ミシマガ編集部

    みなさま、本日は2月22日です。今日が何の日か、もちろんご存知ですよね・・・? そうです、「猫の日」です! 222という並びを見せられると、「ニャーニャーニャー」とかわいく鳴く猫の姿が、目の前に浮かんで離れませんよね。

この記事のバックナンバー

02月16日
第20回 ミシマ社の本屋さんが渋谷パルコに出現!? ほぼ日の学校Presents「本屋さん、あつまる。」に出店します! ミシマガ編集部
01月05日
第19回 ミシマ社メンバーが推す! 2019年ミシマ社の本(後半) ミシマガ編集部
01月04日
第18回 ミシマ社メンバーが推す! 2019年ミシマ社の本(前半) ミシマガ編集部
12月24日
第17回 京都オフィスメンバーが新人に贈る一冊 ミシマガ編集部
12月23日
第16回 自由が丘オフィスメンバーが新人に贈る一冊 ミシマガ編集部
08月21日
第15回 ミシマ社ナイトレポート ミシマガ編集部
07月14日
第14回 次の土日は東京も京都も手売り! BOOK MARKET 2019&ミシマ社の本屋さん ミシマガ編集部
07月07日
第13回 焼津だ! マグロだ!! ミシマ社だ!!! 焼津合宿2019レポート ミシマガ編集部
04月07日
第12回 絶好調! 「ミシマ社から読者へ 春の贈り物編」フェア 紀伊國屋書店梅田本店 百々さんインタビュー! ミシマガ編集部
02月02日
第11回 くまざわ書店武蔵小金井北口店さんでミシマ社フェア開催! ミシマガ編集部
12月30日
第10回 今年の一冊座談会「これからのミシマ社に贈る本」(2) ミシマガ編集部
12月29日
第10回 今年の一冊座談会「これからのミシマ社に贈る本」(1) ミシマガ編集部
12月14日
第9回 毎日出版文化賞特別賞贈呈式レポート ミシマガ編集部
10月27日
第8回 銭湯でミシマ社フェア?! ミシマガ編集部
09月16日
第7回 ミシマ社の夏合宿2018レポート ミシマガ編集部
09月01日
第6回 「著者からの夏休みの贈り物」総まとめ ミシマガ編集部
08月01日
第5回 「著者からの夏休みの贈り物」はじまりました&『THE BOOKS』増刷しました ミシマガ編集部
07月21日
第4回 西日本豪雨災害復興支援チャリティ販売@スロウな本屋さん 開催します! ミシマガ編集部
07月20日
第3回 バカナス ミシマガ編集部
05月20日
第2回 手売りブックスのシールを貼りに行くの巻 ミシマガ編集部
04月15日
第1回 益田ミリ『今日の人生』「かもがわ おさんぽ展」を開催します! ミシマガ編集部
ページトップへ