今月のミシマ社

第34回

「コーヒーと一冊」シリーズの2冊を増刷します!

2021.04.26更新

こんにちは、ミシマガ編集部です。

「コーヒーと一冊」シリーズの2冊『辛口サイショーの人生案内』、『愛と欲望の雑談』の増刷が決定しました!

本日は増刷を記念して、「コーヒーと一冊」シリーズの紹介、そして増刷がきまった2冊へ寄せられた読者のご感想をお届けしていきます。

「コーヒーと一冊」シリーズとは?

zenkan.jpg

コーヒーと一冊シリーズは、以下の3つの願いがこめられ、2015年に誕生したシリーズです。

1. かつての読み好き、カムバック!
2. これからの書き手の方がたへ
3. 本屋さんに元気を

具体的にはどういうことなのか、旧ミシマガジンでシリーズ発刊当初に代表三島のことばを引用します。

 まず編集面でいえば、「これからの書き手の方々へ」ということ。
 実際、「コーヒーと一冊」の創刊3冊は、「新人」の書き手の方々ばかり。
 いずれも「みんなのミシマガジン」連載時から好評を博した三本です。 
 もちろん、新人の方のみのレーベルではありません。今後、著名な方々にも書いていただきたい。と同時に、これから活躍していっていただきたい書き手の方々が一歩目、二歩目を踏み出す場としても、積極的でありたい。そう思っています。
 ちなみに、ミシマ社をよくご存じでいてくださる方々には、言うまでもないかもしれませんが、同シリーズにおいても「ちいさな総合出版社」を貫きます。つまり、ジャンルではなく、さまざまな「面白い!」を企画の基準に据えます。
 
 そして、この一本目の柱を可能にするのが、コンセプトのふたつ目になります。
 それは、「かつての読み好き、カムバック!」。
 こんな願いをこめてシリーズを考えました。
 具体的には、「読み切る感覚をもう一度」という考えのもと、すべての本を、100ページ前後の仕上がりにします(本体価格は1000円)。
 まさに、「コーヒータイム」に読み切ることだってできる。
 それにより、一冊を読了するという喜びを、体感してもらう。
 読了感覚を身体化することで、本という世界にふたたび近づいてもらう。
 (本を一冊まるごと読み終わったときの余韻がたまらない・・)
 (もっともっと浸っていたい・・・)
 そんなふうに、本シリーズの一冊が引き金になって展開していくことを願ってやみません。
「一冊を読む時間がなくて・・・」という、あまりにしばしば耳にした声にお応えするシリーズでもあります。
 もちろん、デザイン面においても、思わず読んでみたい感覚を実現。
 鞄に入れておきたい、カフェで読みたくなる、そんな軽やかで力みのないデザインになる予定です(ご期待ください!)。
 当然のこと、本好きの方にも喜んでもらえます。
 なぜなら、いっさい薄めることのない、濃縮100パーセントの読み物なのですから。
 
 そして、三つ目のコンセプトは、いきなり生々しい話をするようですが、「本屋さんに利益を」というもの。
 これこそ、もっとも太い柱にしていかねば、と思っていることであります。
 というのも、毎日、書店さんと「直取引」をさせていただくなかで、本屋さんの大変さということに思いを致さない日はありません。
 よく知っている何人かの書店員さんを思い浮かべても、これ以上無理という限界まで創意工夫をこらし、がんばっておられます。肉体的にも精神的にもギリギリまで。
 志のみならず、実務面においても、優秀だと私も心底尊敬している書店員さんたちが、そこまでしても「足りない」と言われる。経営を支えるには「足りない」と。
 この事態を前に、私はこう考えざるをえませんでした。
 もはや、書店員さん個人の努力や実力の問題ではないのでは? 
 どんなにがんばろうが、改善しようのない構造になっている。そのなかでいくらもがいても、終わりのない後退戦を強いられるようなものではないか。
 けれど、同じがんばりでも、その先に光があると感じることのできる状況では、人はつづけることができる。その光に希望を託して。
 具体的に言います。
 いま、書店の利益は、「流通」経由の場合、2割前後だと言われています。
 それを、同シリーズでは、買い切りというやり方をとることで、書店側が、4割以上、つまり倍以上の利益が入るようにしたいと考えています。
 そうすることで、たとえば1000冊の目標を800冊しか売れなかったじゃないか、といって責められていた書店員さんが、700冊の売りであっても、利益ベースでは倍近く儲かっている。1000冊を「無理やり」売るのではなく、本屋さんが思いを込めて届けたい本をしっかり届けていくことで、循環してく経済。
 そういう流れをつくっていきたいですし、いかねばならない。

 読者、本屋さん、書き手、出版社、すべてが共存していくための一歩を踏み出す。
 「コーヒーと一冊」はそういうシリーズです。

ーー旧みんなのミシマガジン 2015.02.22更新 ミシマ社の話「第53回 新シリーズ、始めます。」より

このような想いで創刊にいたった「コーヒーと一冊」シリーズ。遠出のできないゴールデンウィークに、久しぶりに本を読んでみようかな、という方にもおすすめです。また、これまで以上に苦しい状況に立たされている本屋さんへ、元気を届けていきたい! という読者の方の想いとも合致するシリーズです。

ここからは、今回増刷が決まった2冊に寄せられた読者の方からの感想をご紹介していきます。

『辛口サイショーの人生案内』

9784903908717.jpg『辛口サイショーの人生案内』最相葉月(ミシマ社)

先日、読売新聞「人生案内」の最相葉月さんの回答を紹介したツイートが「9万いいね」をこえるほどの反響を呼びました。
そんな人気連載の中から、厳選した相談と回答を一冊にまとめたのが本書『辛口サイショーの人生案内』です。

「ときに劇薬、けど良薬」。思わずうんうんとうなずいていました。ズバッと本質を突いていて、時に厳しいことを言っているようで、しかし最相さんの優しい心根がホロっときました。
もし私に悩み事があったら、近くにこんな人がいたら心が軽くなるんだろうなと思います。

ーー40代女性

サイショーさんのピシッとしたおこたえはもちろんなのですが、「他の人もこういうことで悩んでいるんだなぁ」と、ちょっとほっとしたりしました。佐藤ジュンコさんのイラストと文字のフォントも素敵で、お気に入りの一冊になりました。

ーー40代女性

私も帯コピーを考えてしまいました。
「愛のある辛口とただの辛口では、断然後味が違ってくるのだっ!」

ーー50代女性

相談者の相談内容が多彩だし、最相さんのコメントは「もっともだ~」とか、「あ! そういう見方、考え方もあるのか!」とはっとさせられたり、おもしろかったです。最相さんの手加減のない感じがいさぎよくて、気持ちがいいです。味わい深い読みものでした。

ーー40代女性

新聞連載時より、回答のムダのなさ、するどい指摘に胸のすく思いで読むのを楽しみにしていました。あの短い文章の中に問題点をするどく突き、矛盾を明確にし、言い訳をする退路を断ちつつ、寄りそう言葉も盛り込む名文の数々をまとめて読めて嬉しいです。

ーー女性

『愛と欲望の雑談』

9784903908809.jpg『愛と欲望の雑談』雨宮まみ、岸政彦(ミシマ社)

性とうまく向き合えない自身を描いた『女子をこじらせて』(ポット出版)で、世の女性の心を鷲掴みにしたライター・雨宮まみさん。日常に転がる「分析できないもの」を集めた『断片的なものの社会学』(朝日出版社)で、社会学の新たな扉を開き、今年に入ってからは、柴崎友香さんとの共著エッセイ『大阪』(河出書房新社)で話題を集めている岸政彦さん。そんな活躍する分野も性格もまったく違うお二人による「雑談」です。ロングセラーの一冊で、今回の増刷で4刷となりました!

雨宮さんも岸さんも本当に知りたいことを追及される方だと思いました。なぜこう思うんだろう! なんでこんな目にあってしまうんだろう! という率直な疑問を求め続けて。だからこそ、感覚も大切にされている。生きづらい世界でもそれを受け入れられている。雨宮さんが引用されていた「自分が世界とどう対峙していくかというのは、自分が世界を知らないと選べない」という吉本隆明さんの言葉を読み、もっと色々なことを知ろうと思いました。最高の雑談です!!

ーー50代女性

ほんと面白かったです。普段からモヤモヤしている事たちに触れて、「あるあるー!!」と共感したり、「そんな視点もあったのか」と眼からウロコが落ちたり。割とカロリーのあるテーマについて、笑いも交えながらお話しされていて、そのバランス感覚が良いなと思いました。

ーー20代女性

読みやすい分量のなかにも、お二人の思考が沢山つまっている本でした。お二人が相違点がありながらも、どこかで確かに繋がっているということが伝わってきました。気軽に読めるシリーズなので、他人にも勧めたくなりました。

ーー20代女性

***

「コーヒーと一冊」シリーズは、今回ご紹介したこの2冊をはじめ、多種多様な11冊をご用意しています。ぜひお気に入りの一冊をみつけてみてください。

お近くの書店が休業している、という場合でも、オンライン通販をしている書店さんは数多くございます。そちらからお買い求めいただくか、ミシマ社のオンラインショップ「ミシマ社の本屋さんショップ」にてお買い求めいただくことも可能です!(『辛口サイショーの人生案内』は在庫僅少のため、5月中旬ごろお届け予定です。)

ミシマガ編集部

ミシマガ編集部
(みしましゃへんしゅうぶ)

 

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『くらしのアナキズム』(松村圭一郎 著)「はじめに」を公開!

    『くらしのアナキズム』(松村圭一郎 著)「はじめに」を公開!

    ミシマガ編集部

    今月、文化人類学者の松村圭一郎さんによる、著書『くらしのアナキズム』を刊行します。ミシマ社からは、『うしろめたさの人類学』以来、4年ぶりとなる松村さんの新刊です。本日は、9月24日(金)のリアル書店先行発売に先立ち、『くらしのアナキズム』より「はじめに」を公開いたします。刊行記念イベントも予定しておりますので、ぜひご注目ください。

  • 特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)

    特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)

    ミシマガ編集部

     7月22日、平川克美さんが店主をされている隣町珈琲のブックレビュー対談に、『三流のすすめ』著者の安田登さんがゲストとして登壇されました。リアルイベントにお客としてうかがったミシマ社のホシノとイケハタが、そのあまりの面白さに、これはもっとたくさんの方に届けたい! と切望し、その一部を公開させていただくこととなりました。 中国の古典から現代の政治まで、止まることなく転がり続けた、“落ち着きがない”お二人の対話、2日間にわたってお届けします。

  • 本のこぼれ話

    作者・デザイナー・編集者による、もっと知りたい人への深掘り絵本トーク

    ミシマガ編集部

    網代幸介さんによる絵本『てがみがきたな きしししし』の刊行から2カ月が経ちました。昨日(9/4)より、広島のREADEN DEATにて原画展を開催中です。本日のミシマガジンでは、この作品をより深く知ってもらうべく、『てがみがきたな きしししし』が生まれるまでのきっかけや、ブックデザインの制作秘話についてお伝えいたします。

この記事のバックナンバー

05月14日
第35回 東京浴場・隣町珈琲・ミシマ社合同フェア「はだか書店」開催中です! ミシマガ編集部
04月26日
第34回 「コーヒーと一冊」シリーズの2冊を増刷します! ミシマガ編集部
04月25日
3社合同フェア「みんなの生き方見本市2 試行錯誤の最前線」開催中です! ミシマガ編集部
04月14日
「みんなのミシマガジン」システム障害のお詫びと復旧のお知らせ ミシマガ編集部
03月13日
第33回 「~0 歳から100 歳まで~みんなで楽しむミシマ社の絵本展」開催中です! ミシマガ編集部
03月12日
第32回 茅ヶ崎・長谷川書店さんでミシマ社(もうすぐ)15周年フェア開催中! ミシマガ編集部
12月29日
第31回 今年の一冊座談会「明るいコロナ生活」(2) ミシマガ編集部
12月28日
第31回 今年の一冊座談会「明るいコロナ生活」(1) ミシマガ編集部
11月22日
第30回 関西で開催中のフェア・展示をご紹介します! ミシマガ編集部
08月19日
第29回 ミシマ社のFAQをつくるのじゃ!(5) ミシマ社のYouTubeとSNS編 ミシマガ編集部
08月12日
第28回 「こどもとおとなのサマースクール 2020」の課題に挑戦しました! ミシマガ編集部
07月13日
第27回 ミシマ社のFAQをつくるのじゃ!(4) ミシマ社の本編 ミシマガ編集部
06月25日
3社合同フェア「みんなの生き方見本市」開催中です! ミシマガ編集部
06月10日
第26回 電子書籍しません宣言、撤回します! ミシマガ編集部
06月09日
第25回 ミシマ社のFAQをつくるのじゃ!(3) ミシマ社サポーター編 ミシマガ編集部
06月01日
【一覧】ミシマ社の電子書籍とオーディオブック ミシマガ編集部
05月29日
第24回 オーディオブックが始まっています!!! ミシマガ編集部
05月24日
第23回 ミシマ社のFAQをつくるのじゃ!(2) みんなのミシマガジン編 ミシマガ編集部
05月11日
第22回 MSLive!(ミシマ社ライブ)はじめます!! ミシマガ編集部
04月22日
第21回 ミシマ社のFAQをつくるのじゃ! ミシマガ編集部
02月16日
第20回 ミシマ社の本屋さんが渋谷パルコに出現!? ほぼ日の学校Presents「本屋さん、あつまる。」に出店します! ミシマガ編集部
01月05日
第19回 ミシマ社メンバーが推す! 2019年ミシマ社の本(後半) ミシマガ編集部
01月04日
第18回 ミシマ社メンバーが推す! 2019年ミシマ社の本(前半) ミシマガ編集部
12月24日
第17回 京都オフィスメンバーが新人に贈る一冊 ミシマガ編集部
12月23日
第16回 自由が丘オフィスメンバーが新人に贈る一冊 ミシマガ編集部
08月21日
第15回 ミシマ社ナイトレポート ミシマガ編集部
07月14日
第14回 次の土日は東京も京都も手売り! BOOK MARKET 2019&ミシマ社の本屋さん ミシマガ編集部
07月07日
第13回 焼津だ! マグロだ!! ミシマ社だ!!! 焼津合宿2019レポート ミシマガ編集部
04月07日
第12回 絶好調! 「ミシマ社から読者へ 春の贈り物編」フェア 紀伊國屋書店梅田本店 百々さんインタビュー! ミシマガ編集部
02月02日
第11回 くまざわ書店武蔵小金井北口店さんでミシマ社フェア開催! ミシマガ編集部
12月30日
第10回 今年の一冊座談会「これからのミシマ社に贈る本」(2) ミシマガ編集部
12月29日
第10回 今年の一冊座談会「これからのミシマ社に贈る本」(1) ミシマガ編集部
12月14日
第9回 毎日出版文化賞特別賞贈呈式レポート ミシマガ編集部
10月27日
第8回 銭湯でミシマ社フェア?! ミシマガ編集部
09月16日
第7回 ミシマ社の夏合宿2018レポート ミシマガ編集部
09月01日
第6回 「著者からの夏休みの贈り物」総まとめ ミシマガ編集部
08月01日
第5回 「著者からの夏休みの贈り物」はじまりました&『THE BOOKS』増刷しました ミシマガ編集部
07月21日
第4回 西日本豪雨災害復興支援チャリティ販売@スロウな本屋さん 開催します! ミシマガ編集部
07月20日
第3回 バカナス ミシマガ編集部
05月20日
第2回 手売りブックスのシールを貼りに行くの巻 ミシマガ編集部
04月15日
第1回 益田ミリ『今日の人生』「かもがわ おさんぽ展」を開催します! ミシマガ編集部
ページトップへ