今月のミシマ社

第31回

今年の一冊座談会「明るいコロナ生活」(1)

2020.12.28更新

 ミシマ社では毎年恒例となっている「今年の一冊座談会」(昨年の記事はこちら)。今年も自由が丘と京都のそれぞれで座談会を行いました。今年の座談会は「明るいコロナ生活」をテーマに、メンバーひとりひとりが、今年読んだ本のなかからおすすめの一冊をプレゼンをしました。本日は自由が丘メンバーの、明日は京都メンバーの座談会の様子をお届けいたします。

***

スガが選ぶ「今年の一冊」

 今年、益田ミリさんの『今日の人生2 世界がどんなに変わっても』(ミシマ社)に、感想のおはがきをたくさんいただきました。今年は仕事や生活の形が激変し不安を感じるなか、『今日の人生2』で描かれている、コロナでも変わらない日常の暖かな光景やそれを見つめるミリさんの眼差しに、ホッと一息つけた方が多かったのではないかと思います。
 私が選んだ、現代川柳のアンソロジー『金曜日の川柳』をおすすめする理由も同じです。本の帯に「どうして、こんなことをわざわざ書くんだろう」とある通りで、日常の小さな小さな、だからこそ人間らしいシーンに、笑ったりときに心の奥にグッと来たり。ときには想像力豊かで自由すぎるフィクションの句も。約350ページある本ではあるのですが、「すげえ、こんなのよく思いつくなあ」と思いながらあっという間に読み終わりました。現代川柳、注目ですよ!!


サトウが選ぶ「今年の一冊」

 スガくんが選んだ本と短い文章というつながりがあるのですが、『音楽の肖像』という本を選びました。バッハ、ベートーベン、モーツァルトなどのクラシック音楽の作曲家を、堀内誠さんの絵とエッセイ、谷川俊太郎さんの詩によって人ずつ描かれています。堀内さんが描く肖像画も風景も本当にすばらしくて画集としても楽しめるし、エッセイも音楽史として勉強になるというか。もうこれを教科書にしたらいいと思うんです。音楽の鑑賞の授業って、無理やり感想を書かなくてはいけない感じがして私は好きではなかったのですが、谷川さんの詩は自由で、現代風の言葉を使いながらもクラシック音楽に本当にぴったりの詩をかかれているので、音楽の授業でも感想じゃなくて詩をかいたっていいし絵でもいいなと思いました。10年後読んでもきっと面白いし、生読んで楽しめるです。


オカダが選ぶ「今年の一冊」

 私が選んだのは『四畳半タイムマシンブルース』です。ヨーロッパ企画さんの舞台「サマータイムマシン・ブルース」と、森見登美彦さんの小説『四畳半神話大系』が"悪魔合体"したです。クーラーのリモコンが壊れてしまったとある夏の日、ひょんなことからタイムマシンを見つけ、「このタイムマシンで壊れる前のリモコンを取ってくれば良いのでは?」という思いつきから、登場人物たちが様々なハプニングに巻き込まれるというお話です。
 今年は産休を経て社復帰をした年で、家族の本をよく読んでいたのですが、そもそも読書が進まなかったり、暗い本を読んでいたりでした。その中で、この本がとびきり明るくておもしろい本でした。内容を知っていながらも夢中になって読んだし、コロナのことや、もやもやしていたことを忘れてこの世界にどっぷりハマって読むことができました。
 森見さんが『四畳半神話大系』の世界観も壊さずに書いてらっしゃって、相性ピッタリでした。


モリが選ぶ「今年の一冊」

 「内田先生ファンである私の今年のはもちろん『日本習合論』(ミシマ社)なんですが・・・、「コロナ時代を明るく生きる」という意味では、今月の新刊の『料理と利他』です。
この本の元になった対談ほか、今年開催した土井先生の4本のMSlive!にめちゃめちゃに影響を受けました。
モリは料理も仕事も、レシピ通りにやりたい設計主義者だったんですが、土井先生の味噌汁作りを見せていただいて、作為のない自然に沿う料理のすばらしさに気づきました。それで料理も仕事も、今までの自分ではありえなかったような「ええ加減」なことにチャレンジできるようになりました。毎日ざっくり作ったみそ汁を家族でニコニコ食べて幸せです。こんなに明るい話がありますか!?
 あと、「自社本はダメ」って言われるかと思ってもう・・・他社本で今年番面白かったのは、白井聡さんの『武器としての「資本論」』(東洋経済新報社)です。マルクスや資本論の末に「美味しいもの」の話になったので、「土井先生につながった!」と衝撃を受けました」

イケハタ人だけ3紹介している・・・」

ホシノ「モリくんが土井先生のすき焼き食べてリアルに鼻血出したところを見て、こんなことほんとに起こるんだ・・・って思いました」


イケハタが選ぶ「今年の一冊」

 ぼくの今年のは『人類堆肥化計画』です。著者の東千茅さんは、奈良県の宇陀で里山生活を送っている方で、〈里山生活=清貧〉という固定観念をぶち壊す悪魔的なです。
 「生きものを殺す悦び」なんてことが書かれていたりして、見ギョッとするような、不道徳な感じもするのですが、そこを突き詰めていくと「たくさん殺すためには、たくさん育まないといけない」ということにもなっていくのが面白くて。飼っている鶏に「ニック」、稲に「穂波ちゃん」と名付けて、丹精込めて育てた末に、その子たちを殺して食べることの悦び。「生きることを生きる」ためのマニフェストでもあり、春夏秋冬の里山ぐらしを丹念に描写したエッセイでもあり、言葉遣いは文学的でもあり、本当に「生きている」感がドクドクと伝わってくる文章です。藤原辰史さん、デイヴィッド・モンゴメリさん、バタイユ、坂口安吾などの引用も多彩で、「人間と自然」といったテーマに興味のある方にとっては、ブックガイドにもなると思います。


ホシノが選ぶ「今年の一冊」

 私は津村記久子さんの『サキの忘れ物』を選びました。9つの作品が集められた短編集です。たとえば表題作の「サキの忘れ物」では、主人公の千春は高校をやめていて、家族とのコミュニケーションも成り立ちづらいような状況にいたり、あるいは最後に収録されている「隣のビル」の主人公は、会社で上司から「トイレに行っている時間が長い」と言われてしまうような、閉塞感のある日常を送っています。そんな中で彼女たちは、わりと淡々と日々を過ごしているように見えるのですが、最後のところで自分の大切なものは譲らずに静かに育んでいて、あるとき小さなきっかけで何かの扉が開いて本人の行動や変化につながっていくという、その小さな奇跡に、静かに励まされる気持ちがしました。
 外の世界が荒れ模様でも、自分の中の大切なものを大切にしていけば、なにかにつながっていくという、祈りのような、すごい一冊だなと思います。

***

 座談会のあとは、自然発生的に本の交換会になりました。「明るいコロナ生活」という1つのテーマを設定した座談会ではありましたが、様々なジャンルの書籍が選ばれていることや、コロナと直接関係のある本が選ばれていなかったことが興味深く思えます。
 明日は京都オフィスの座談会の様子をお届けします。

(京都メンバーの座談会記事はこちら

IMG_7846.JPG

ミシマガ編集部

ミシマガ編集部
(みしましゃへんしゅうぶ)

 

編集部からのお知らせ

2021年度ミシマ社サポーターのご案内

募集期間:2020年12月1日〜2021年3月31日
サポーター期間:2021年4月1日~2022年3月31日

*募集期間以降も受け付けておりますが、次年度の更新時期はみなさま2022年の4月となります。途中入会のサポーターさまには、その年の特典をさかのぼって、すべてお贈りいたします。

★2021年1月までにお申し込みいただいた方限定で、ミシマ社カレンダーをプレゼントします!

dd2bc2f39b2eabfc7011a1b33e85265f49b9054a.jpg

昨年つくったミシマ社カレンダー。今年もこんな感じでつくっています。


2021年度のサポーターの種類と特典

下記の三種類からお選びください。サポーター特典は、毎月、1年間お届けいたします(中身は月によって変わります)。


◎ミシマ社サポーター【サポーター費:30,000円+税】
いただいたサポーター費のうち約25,000円分をミシマ社の出版活動に、残りをサポーター制度の運営に使用いたします。

【ミシマ社からの贈り物】
* ミシマ社サポーター新聞(1カ月のミシマ社の活動を、メンバーが手書きで紹介する新聞)
* 紙版ミシマガジン(非売品の雑誌。年2回発行・・・の予定です!)
*生活者のための総合雑誌『ちゃぶ台』(年2回発刊)と今年度の新刊1〜2冊(何が届くかはお楽しみに!)
* 特典本に関連するMSLive!(オンライン配信イベント)へのご招待
* ミシマ社オリジナルグッズ
・・・などを予定しております!(※特典の内容は変更になる場合もございます。ご了承くださいませ。)

◎ウルトラサポーター【サポーター費:100,000円+税】
いただいたサポーター費のうち約95,000円分をミシマ社の出版活動に、残りをサポーター制度の運営に使用いたします。

【ミシマ社からの贈り物】
上記のミシマ社サポーター特典に加え、
*ウルトラサポーターさん交流会

◎ウルトラサポーター書籍つき【サポーター費:150,000円+税】
上記のウルトラサポーター特典に加えて、その年に刊行するミシマ社の新刊(「ちいさいミシマ社」刊も含む)を全てプレゼントいたします。いただいたサポーター費のうち約100,000円分をミシマ社の出版活動に、残りをサポーター制度の運営に使用いたします。


お申し込み方法

サポーター費のお支払いの方法によって、お申し込み方法が変わります。以下よりお選びください。

⑴ ミシマ社のウェブショップから クレジット決済・コンビニ決済・PayPal・銀行振込 をご希望の場合
ミシマ社の本屋さんショップ(ミシマ社公式オンラインショップ)にてお申込みくださいませ。

ミシマ社の本屋さんショップはこちら

⑵ 郵便振替をご希望の場合
下のボタンから、ご登録フォームに必要事項をご記入のうえ、お手続きください。後日、ミシマ社から払込用紙をお送りいたします。

郵便振替をご希望の場合

ご不明な点がございましたら、下記までご連絡くださいませ。
E-mail:supporters@mishimasha.com
TEL:075-746-3438

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『中学生から知りたいウクライナのこと』まえがきを公開します

    『中学生から知りたいウクライナのこと』まえがきを公開します

    ミシマガ編集部

    本日のミシマガでは、藤原さんによる本書の「まえがき」を公開します。なぜ、ウクライナを「中学生から知る」ことが大切なのか。戦争が起こったときに、歴史学を通じて考えられることは何か。私たちはいかに義務教育で習ってきた狭い歴史観(世界の見方)を崩し、もっと複雑で豊かな、生きた人びとの経験について想像することができるのか。いま起こっていることに自分なりに向き合いつづけたいと思っておられるすべての方に、ぜひお読みいただきたいと願っています。

  • 特別鼎談「共有地としての一冊!取引所」(前編)

    特別鼎談「共有地としての一冊!取引所」(前編)

    竹本吉輝・近藤淳也・三島邦弘

    本日と明日は、読者・書店・出版社を風通し良くつないでいくための、いわば出版界の「共有地」づくりに取り組む3人による鼎談をお届けします。

  • まずは自己紹介であります。

    まずは自己紹介であります。

    仲野 徹

    みなさん、こんにちは。仲野徹です。と言ってもご存じない方がほとんどでしょう。4月までは、大阪大学医学部の仲野です、と言うてたんですが、定年になったんで、肩書きがなくなりました。公式の職業(?)は「隠居」なんですけど、そんなこというても、どんな人かわかりませんわな。

  • 『教えて!タリバンのこと』刊行特集 教えてください! イスラム圏、ウクライナ、これからの世界の見かた(前編)

    『教えて!タリバンのこと』刊行特集 教えてください! イスラム圏、ウクライナ、これからの世界の見かた(前編)

    ミシマガ編集部

    『教えて!タリバンのこと』発刊を記念して、内藤先生の特別インタビューを掲載します。本書は、「世界を別の角度から見ること」や「土台の異なる他者との対話」の大切さを訴える一冊です。  アフガニスタンの米軍撤退と、ロシアのウクライナ侵攻はつながっている? ロシアにも米国にも侵攻された経験をもつ人びとは、今起きている戦争と国際社会をどう見ている? 今まさに、ひとりでも多くの方に読んでいただきたい言葉をお届けします。

この記事のバックナンバー

05月23日
第41回 ミシマ社ホームページリニューアル大作戦 ミシマガ編集部
05月17日
第40回 ミシマ社の本屋さん「ハレトケ市」に出店しました! ミシマガ編集部
05月07日
第39回 2022年度ミシマ社サポーターまだまだ募集中です! ミシマガ編集部
01月24日
第38回 フェア開催決定!!「書店員が推す! 2022最注目ワード 『利他』と『アナキズム』をアップデートする2冊フェア」 ミシマガ編集部
12月29日
第37回 今年の一冊座談会「思いがけず出会った本」(2) ミシマガ編集部
12月28日
第37回 今年の一冊座談会「思いがけず出会った本」(1) ミシマガ編集部
12月17日
第36回 クリスマスに「あの人」に贈りたい! ミシマ社の本(後編) ミシマガ編集部
12月16日
第36回 クリスマスに「あの人」に贈りたい! ミシマ社の本(前編) ミシマガ編集部
05月14日
第35回 東京浴場・隣町珈琲・ミシマ社合同フェア「はだか書店」開催中です! ミシマガ編集部
04月26日
第34回 「コーヒーと一冊」シリーズの2冊を増刷します! ミシマガ編集部
04月25日
3社合同フェア「みんなの生き方見本市2 試行錯誤の最前線」開催中です! ミシマガ編集部
04月14日
「みんなのミシマガジン」システム障害のお詫びと復旧のお知らせ ミシマガ編集部
03月13日
第33回 「~0 歳から100 歳まで~みんなで楽しむミシマ社の絵本展」開催中です! ミシマガ編集部
03月12日
第32回 茅ヶ崎・長谷川書店さんでミシマ社(もうすぐ)15周年フェア開催中! ミシマガ編集部
12月29日
第31回 今年の一冊座談会「明るいコロナ生活」(2) ミシマガ編集部
12月28日
第31回 今年の一冊座談会「明るいコロナ生活」(1) ミシマガ編集部
11月22日
第30回 関西で開催中のフェア・展示をご紹介します! ミシマガ編集部
08月19日
第29回 ミシマ社のFAQをつくるのじゃ!(5) ミシマ社のYouTubeとSNS編 ミシマガ編集部
08月12日
第28回 「こどもとおとなのサマースクール 2020」の課題に挑戦しました! ミシマガ編集部
07月13日
第27回 ミシマ社のFAQをつくるのじゃ!(4) ミシマ社の本編 ミシマガ編集部
06月25日
3社合同フェア「みんなの生き方見本市」開催中です! ミシマガ編集部
06月10日
第26回 電子書籍しません宣言、撤回します! ミシマガ編集部
06月09日
第25回 ミシマ社のFAQをつくるのじゃ!(3) ミシマ社サポーター編 ミシマガ編集部
06月01日
【一覧】ミシマ社の電子書籍とオーディオブック ミシマガ編集部
05月29日
第24回 オーディオブックが始まっています!!! ミシマガ編集部
05月24日
第23回 ミシマ社のFAQをつくるのじゃ!(2) みんなのミシマガジン編 ミシマガ編集部
05月11日
第22回 MSLive!(ミシマ社ライブ)はじめます!! ミシマガ編集部
04月22日
第21回 ミシマ社のFAQをつくるのじゃ! ミシマガ編集部
02月16日
第20回 ミシマ社の本屋さんが渋谷パルコに出現!? ほぼ日の学校Presents「本屋さん、あつまる。」に出店します! ミシマガ編集部
01月05日
第19回 ミシマ社メンバーが推す! 2019年ミシマ社の本(後半) ミシマガ編集部
01月04日
第18回 ミシマ社メンバーが推す! 2019年ミシマ社の本(前半) ミシマガ編集部
12月24日
第17回 京都オフィスメンバーが新人に贈る一冊 ミシマガ編集部
12月23日
第16回 自由が丘オフィスメンバーが新人に贈る一冊 ミシマガ編集部
08月21日
第15回 ミシマ社ナイトレポート ミシマガ編集部
07月14日
第14回 次の土日は東京も京都も手売り! BOOK MARKET 2019&ミシマ社の本屋さん ミシマガ編集部
07月07日
第13回 焼津だ! マグロだ!! ミシマ社だ!!! 焼津合宿2019レポート ミシマガ編集部
04月07日
第12回 絶好調! 「ミシマ社から読者へ 春の贈り物編」フェア 紀伊國屋書店梅田本店 百々さんインタビュー! ミシマガ編集部
02月02日
第11回 くまざわ書店武蔵小金井北口店さんでミシマ社フェア開催! ミシマガ編集部
12月30日
第10回 今年の一冊座談会「これからのミシマ社に贈る本」(2) ミシマガ編集部
12月29日
第10回 今年の一冊座談会「これからのミシマ社に贈る本」(1) ミシマガ編集部
12月14日
第9回 毎日出版文化賞特別賞贈呈式レポート ミシマガ編集部
10月27日
第8回 銭湯でミシマ社フェア?! ミシマガ編集部
09月16日
第7回 ミシマ社の夏合宿2018レポート ミシマガ編集部
09月01日
第6回 「著者からの夏休みの贈り物」総まとめ ミシマガ編集部
08月01日
第5回 「著者からの夏休みの贈り物」はじまりました&『THE BOOKS』増刷しました ミシマガ編集部
07月21日
第4回 西日本豪雨災害復興支援チャリティ販売@スロウな本屋さん 開催します! ミシマガ編集部
07月20日
第3回 バカナス ミシマガ編集部
05月20日
第2回 手売りブックスのシールを貼りに行くの巻 ミシマガ編集部
04月15日
第1回 益田ミリ『今日の人生』「かもがわ おさんぽ展」を開催します! ミシマガ編集部
ページトップへ