今月のミシマ社

第37回

今年の一冊座談会「思いがけず出会った本」(1)

2021.12.28更新

 ミシマ社では毎年恒例となっている「今年の一冊座談会」(昨年の記事はこちら)。
 今年のテーマは、10月刊『思いがけず利他』(中島岳志さん・著)にちなんで、「思いがけず出会った本」としました。
 幅広いジャンルの書籍が集まっただけでなく、その本との「思いがけない」出会いのエピソードも飛び出し、大いに盛り上がった座談会。本日は自由が丘オフィスの模様をお届けします。
 みなさんも、今年出会った本たちを思い返しながら楽しんでいただけると嬉しいです。

スガが選ぶ『今年の一冊』

1227_1のコピー.JPG

スガ 私が選んだのは、進化生物学や統計生物学を研究されている三中信宏先生の『読む・打つ・書く』という本です。本についての本なんですけど、馴染みのある「読む」と「書く」の間に「打つ」という意外な単語があることにグッと掴まれて手に取りました。その「打つ」は「書評を打つ」ことで、「息を吸えば吐くように、本を読めば書評を打つ」をモットーに、読書生活に「打つ」も取り入れることをおすすめされています。書評することの実用性と創造性に気づかされ、打ってみたくなること間違いなしです。
 本日のテーマの「思いがけず」といえば『思いがけず利他』ですが、『読む・打つ・書く』にも「利他」や「利己」という言葉が繰り返し出てきます。本の中で、本当に何回も「役に立ったら望外の喜びです」という表現が出てくるんです。「読む・打つ・書く」はすべて利己的にやるものだと繰り返し書かれています。だからこそ、例えば本を書くときには、ご自身が後々参照しやすいように末尾の文献リストや索引をすごくこだわって作られているのですが、そのことが読者の役に立つこともありますよね。自分が読みたいけど世の中にない、という理由で書いたニッチなテーマの本も、誰かのためになるかもしれず、そうなればが望外の喜びだと書かれています。他にも、個人蔵書を処分する必要に迫られた際には、目利きの古書店に売り払って、必要な人の手に届くようにするのが恩返しだという話があったりと、終始、本と利他の関係が考察されている本であると感じました。

イケハタ この本はどこで思いがけず出会ったの?

スガ 理工書売り場で平積みされていたのですが、本のカバーとPOPに毛筆が使われていたのが印象的で、理工書はめったに買わないですが思わず立ち止まりました。

モリ この文字で「打つ」だと博打の話かと思うよね。

スガ 僕も手に取るまでは、破天荒な理系研究者の話なのかと思ってました(笑)。

イケハタが選ぶ『今年の一冊』

1227_5.JPG

イケハタ 私の「2021年、思いがけず出会った本」は佐藤究さんの小説『テスカトリポカ』です。分倍河原(東京都府中市)のマルジナリア書店の店主・小林さんと「マヤ暦とSFが好き」という話をしていたらおすすめされたのが出会いでした。550ページ超の鈍器本にふさわしい厚みと強烈な表紙で「なんかヤバそうな本だな・・・」と怯みつつも、謎の衝動に突き動かされて購入。そして読み始めたら止まらず、連日ほぼ徹夜で一気読みしてしまいました。その後、直木賞・山本周五郎賞W受賞で話題にもなり、ご存じの方も多いかと思います。

モリ マヤ暦とSFって(笑)

イケハタ 古代アステカ、現代のメキシコ、ジャカルタ、そしてカワサキを舞台に壮大なスケールで繰り広げられる、麻薬カルテルのボス、臓器売買をする闇医者、無戸籍の混血児...たちの物語。息を呑むほどに圧倒的な暴力描写。ページを繰る手が止まらないサスペンス。すべてを兼ね備えた特大傑作です。特別に小説好きでない私でも一気読みだったので、もうみんな読んでください!

モリ 貸してください。読みます!

サトウが選ぶ『今年の一冊』

1227_6.JPG

サトウ 私は今回はじめて芸人さんの本を読んだんですけど・・・ハライチの岩井さんの『僕の人生には事件が起きない』です。出会いは、誕生日のときに友達がお菓子と一緒にこの本を送ってくれて。あんまり本を読まない子だったから何だろうと思ったら、その子の妹が選んでくれた本だったんです。妹ちゃんとは2回くらいしか会ったことなかったんですけど、その子が選んでくれたんだなと思ったらすごく嬉しくて。わくわくしながら読みました。
 芸人さんってテレビであれだけたくさんエピソードトークしているだけあって、日常的におもしろそうなことを探しているみたいなんですよね。2つの道があったら無難な方じゃなくて何か起こりそうな方をわざと選ぶみたいな。岩井さんはどちらかというとアクティブな人じゃないイメージが勝手にあったんですけど、この本ではちゃんと何か巻き起こりそうな道を選んでいてイメージが変わりました。岩井さんは売れるようになってから、いままで連絡をとっていなかった昔の同級生から急に連絡がくるようになったらしくて、「私の誕生日パーティがあるから来てくれない?」みたいな誘いがきたときに、岩井さんは冷めた気持ちなんですけどそれでも行くんですよ。そのときに岩井さんの中で「こうしてやろう」というコンセプトを持って同級生のところにのぞんで行くんですけど、ただ突っ込んでいくのではなくて自分で何か仕掛ける気持ちでそっちの道に行くっていうのがすごく面白いなと思いました。「岩井さん、いいな」と思った本でした(笑)。

イケハタ 本屋さんで見て、どんな事件が起きない話を書いてるのか気になってました。

サトウ そうですね、基本事件は起きてないです。地味に何か起きてるんですけど・・・。他はおうちで家具を組み立てる話とか、じねんんじょで鍋をつくる話とか、ふふって笑える話が多いです。

ホシノ お友だちの妹さんに何でその本をサトウさんにプレゼントしたのか聞いてみたいね。

モリが選ぶ『今年の一冊』

1227_7.JPG

モリ 私が紹介したいのは、稲田俊輔さんの『おいしいものでできている』です。
 まずは帯を見てください。「食いしん坊はめんどうくさい」。名コピーだと思いませんか。
 この本は稲田さんの食べることへの異常な愛情を異様な高解像度で書いていて、例えば第一章は「月見うどん」なんですが、「卵黄を潰した最初の一口が好きで、それを味わいたいと思うと釜玉うどんとか卵黄をたくさん乗っけた月見うどんという手もあるんだけど、でもやっぱり一口目は"儚さ"込みで美味しくて、それをひきずって食べる二口目以降も一周回って愛おしいよね」みたいな超めんどくさい思弁が展開されるわけです。最高ですね。
 私は食べるのも料理するのも大好きなんですが、味覚や好み、さらにはアレルギーなんかは人それぞれなので、その食べ物をどう食べるか、というのはかなり「思いがけず」度が高いし自由な営みで面白いなと改めて感じました。

ホシノが選ぶ『今年の一冊』

1227_8.JPG

ホシノ 私の一冊は、たなかやすこさん著の『ベランダ寄せ植え菜園』です。今年一番何回も開いたのがこの本かなという一冊です。

モリ でかい!

ホシノ 今年は昨年末の『料理と利他』、3月の『ダンス・イン・ザ・ファーム』、5月の『菌の声を聴け』、10月の『その農地、私が買います』と、農・食系の本の編集を担当することが続いたこともあって、俄然そちら方面への興味が高まり、自分でもやってみたいという中でこの本を見つけました。この本は、ベランダという限られたスペースと条件のなかで菜園をする工夫が詰まっていて、本書のすすめに従って我が家でも思いがけずネズミコンポストを始めたり・・・。

モリ ネズミ!?

ホシノ あ、ネズミじゃなかったミミズコンポストだ!(編集部注:秋冬の自由が丘オフィスではネズミが天井裏を走り回っています)自宅で出た生ごみをミミズコンポストで堆肥にして、それを土に混ぜて次の作物の栄養にして、できた作物を自分で食べるという循環を体感できるのも、自分のなかでは嬉しいポイントでした。

オカダ 野菜と花を一緒に植えたりもするんですね。

ホシノ そうそう、花があるほうが、虫が来てくれて受粉がうまくいくとか、逆に害虫から守ってくれるとか、著者が長年試して蓄えてきた知恵が惜しみなく公開されてます。

スガ こういうハウツー本で自分にピタッとくるのを当てるのって難しいですよね。

ホシノ たしかに。初心者のうちは、いろいろな本に手を出すよりも、一冊自分に合うのを見つけて真似するほうが入りやすいですよね。私はこの本で、たなかやすこ派になりました(笑)。

オカダが選ぶ『今年の一冊』

1227_9.JPG

オカダ 私が選んだのは『Perfume COSTUME BOOK 2005-2020』です。テクノポップユニット・Perfumeの衣装761着を、年代順に載せた一冊です。Perfumeはもともと好きで、本が発売されることは前から知っていたけど、衣装はそこまで興味ないなと思って買わずにいました。でも近くの本屋さんにも置いてあって、年始のテンションで買ってしまって。今までPerfumeの衣装に特化して見たことがなかったんですが、同じだと思っていた衣装が、実はちょっとずつディティールが違っているとか、MVで着た衣装を踏まえて音楽番組に出演する時の衣装を作っているとか。3人の写真はほとんどなくて、ほぼ衣装だけの写真集なのですが、読み始めるとめちゃくちゃ面白くて。ダンスをする時の位置や見え方、または衣装替えなど、すべて計算されて作られているんだということがわかりました。
 この本を読んだ後に別のアーティストのライブに行ったのですが、その人のライブでも衣装替えがありました。大きなフリルのドレスの下に別の衣装を着ていたのですが、それを見た時に「この衣装も、下の衣装のデザインが折れないように、かつ早着替えもできるように考えて作られているんだ!」とこの本と思いがけず繋がりました。
 Perfumeの衣装制作にはたくさんの人が携わっていて、その方々が一年に何着もの衣装を作っていることがわかって、「全力で全部やる」という気迫が伝わってきて言葉を失いました。全部読むと「そういう歴史があってこの衣装が出来上がった!」というのが分かって面白いです。知らない世界を見せてもらった一冊になりました。

イケハタ Perfumeの着せかえ人形とかあったらいいかも・・・。


 後編では京都メンバーが選んだ本を紹介します!

後編はこちら

1227_1.JPG

ミシマガ編集部

ミシマガ編集部
(みしましゃへんしゅうぶ)

 

編集部からのお知らせ

2022年度ミシマ社サポーターのご案内

calendar.jpg「ミシマ社カレンダー2022」

2022年1月までにお申し込みいただいた方限定で、ミシマ社カレンダーをプレゼントします!(数量限定、なくなり次第終了となります)

募集期間:2021年12月1日〜2022年3月31日
サポーター期間:2022年4月1日~2023年3月31日

*募集期間以降も受け付けておりますが、次年度の更新時期はみなさま2023年の4月となります。途中入会のサポーターさまには、その年の特典をさかのぼって、すべてお贈りいたします。


2022年度のサポーターの種類と特典

下記の三種類からお選びください。サポーター特典は、毎月、1年間お届けいたします(中身は月によって変わります)。

ミシマ社サポーター【サポーター費:30,000円+税】

いただいたサポーター費のうち約25,000円分をミシマ社の出版活動に、残りをサポーター制度の運営に使用いたします。

【ミシマ社からの贈り物】

* ミシマ社サポーター新聞(1カ月のミシマ社の活動を、メンバーが手書きで紹介する新聞)
* 紙版ミシマガジン(非売品の雑誌。年2回発行・・・の予定です!)
*生活者のための総合雑誌『ちゃぶ台』(年2回発刊)
* 特典本に関連するMSLive!(オンライン配信イベント)へのご招待

※特典の内容は変更になる場合もございます。ご了承くださいませ。

ウルトラサポーター【サポーター費:100,000円+税】

いただいたサポーター費のうち約95,000円分をミシマ社の出版活動に、残りをサポーター制度の運営に使用いたします。

【ミシマ社からの贈り物】

上記のミシマ社サポーター特典と同じです。

ウルトラサポーター書籍つき【サポーター費:150,000円+税】

上記の特典に加えて、その年に刊行するミシマ社の新刊(「ちいさいミシマ社」刊も含む)をお送りいたします。いただいたサポーター費のうち約100,000円分をミシマ社の出版活動に、残りをサポーター制度の運営に使用いたします。

お申し込み方法

サポーター費のお支払いの方法によって、お申し込み方法が変わります。以下よりお選びください。

ミシマ社のウェブショップから クレジット決済・コンビニ決済・PayPal・銀行振込 をご希望の場合

ミシマ社の本屋さんショップ(ミシマ社公式オンラインショップ)にてお申込みくださいませ。

ミシマ社の本屋さんショップ

郵便振替をご希望の場合

下のボタンから、ご登録フォームに必要事項をご記入のうえ、お手続きください。後日、ミシマ社から払込用紙をお送りいたします。

郵便振替をご希望の場合

ご不明な点がございましたら、下記までご連絡くださいませ。
E-mail:supporters@mishimasha.com
TEL:075-746-3438

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 高橋さん家の次女 第2幕

    序 〜怒られの人〜

    高橋 久美子

     話題沸騰中の高橋久美子さんによる書籍『その農地、私が買います』の続編が、本日よりスタートします!「実家の畑をソーラーパネルにしたくない」。その思いを胸に、故郷の農地をめぐる複雑な事情とご自身の奮闘ぶりを赤裸々に綴ってこられた高橋さん。書籍発表を経た今、地元で、東京で、どんな声を聴き、何をしようとされているのでしょうか? 「続編を」というたくさんの声にお応えして、「高橋さん家の次女」第2幕がついに開幕します!

  • 斎藤幸平×タルマーリー(渡邉格・麻里子)対談 コモン再生は日本のグローバルサウスで芽吹く(前編)斎藤幸平×タルマーリー(渡邉格・麻里子)対談 コモン再生は日本のグローバルサウスで芽吹く(前編)

    斎藤幸平×タルマーリー(渡邉格・麻里子)対談 コモン再生は日本のグローバルサウスで芽吹く(前編)

    ミシマガ編集部

    『人新世の「資本論」』(集英社新書)がロングセラーになっている斎藤幸平さんと、『菌の声を聴け』(ミシマ社)の著者タルマーリー(渡邉格・麻里子)の対談が実現しました! パンクロック、食、気候変動、マルクス、脱成長コミュニズム・・・。実践と理論を通じて、これからを生き延びるためのコモン再生の方法を探るエキサイティングな対談の一部をお届けします!

  • 『その農地、私が買います』、多彩な反響が続々!!『その農地、私が買います』、多彩な反響が続々!!

    『その農地、私が買います』、多彩な反響が続々!!

    ミシマガ編集部

     発売から約1カ月、高橋久美子著『その農地、私が買います 高橋さん家の次女の乱』は、感想をくださる方々の老若男女の幅や、どの角度から興味を持ち心を動かしてくださったかという切り口の多彩さが、際立っているように感じます。たくさんの媒体の方に取材いただくなかで、あらためて見えてきたこと、そして本書の魅力を、編集ホシノからお伝えします。

  • 『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)

    『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)

    ミシマガ編集部

     先日ついに『辛口サイショーの人生案内DX』が発刊しました! 多種多様なお悩みに対する最相さんの回答は、「どうやったらこんな答えを編み出せるのか?」と思ってしまうものばかり。「誰かの悩みに触れつづけると、どんな感覚になるのだろう?」という問いも湧きました。とにかく、舞台裏が気になってしかたがありません。 そこで、新人スミが最相さんご本人にインタビューさせていただきました! 「人生案内」の職人技を垣間見れば、本に収録された回答も一層おもしろく読めること間違いなし。貴重なお話の数々を、2日間にわたってお届けします!

この記事のバックナンバー

12月29日
第37回 今年の一冊座談会「思いがけず出会った本」(2) ミシマガ編集部
12月28日
第37回 今年の一冊座談会「思いがけず出会った本」(1) ミシマガ編集部
12月17日
第36回 クリスマスに「あの人」に贈りたい! ミシマ社の本(後編) ミシマガ編集部
12月16日
第36回 クリスマスに「あの人」に贈りたい! ミシマ社の本(前編) ミシマガ編集部
05月14日
第35回 東京浴場・隣町珈琲・ミシマ社合同フェア「はだか書店」開催中です! ミシマガ編集部
04月26日
第34回 「コーヒーと一冊」シリーズの2冊を増刷します! ミシマガ編集部
04月25日
3社合同フェア「みんなの生き方見本市2 試行錯誤の最前線」開催中です! ミシマガ編集部
04月14日
「みんなのミシマガジン」システム障害のお詫びと復旧のお知らせ ミシマガ編集部
03月13日
第33回 「~0 歳から100 歳まで~みんなで楽しむミシマ社の絵本展」開催中です! ミシマガ編集部
03月12日
第32回 茅ヶ崎・長谷川書店さんでミシマ社(もうすぐ)15周年フェア開催中! ミシマガ編集部
12月29日
第31回 今年の一冊座談会「明るいコロナ生活」(2) ミシマガ編集部
12月28日
第31回 今年の一冊座談会「明るいコロナ生活」(1) ミシマガ編集部
11月22日
第30回 関西で開催中のフェア・展示をご紹介します! ミシマガ編集部
08月19日
第29回 ミシマ社のFAQをつくるのじゃ!(5) ミシマ社のYouTubeとSNS編 ミシマガ編集部
08月12日
第28回 「こどもとおとなのサマースクール 2020」の課題に挑戦しました! ミシマガ編集部
07月13日
第27回 ミシマ社のFAQをつくるのじゃ!(4) ミシマ社の本編 ミシマガ編集部
06月25日
3社合同フェア「みんなの生き方見本市」開催中です! ミシマガ編集部
06月10日
第26回 電子書籍しません宣言、撤回します! ミシマガ編集部
06月09日
第25回 ミシマ社のFAQをつくるのじゃ!(3) ミシマ社サポーター編 ミシマガ編集部
06月01日
【一覧】ミシマ社の電子書籍とオーディオブック ミシマガ編集部
05月29日
第24回 オーディオブックが始まっています!!! ミシマガ編集部
05月24日
第23回 ミシマ社のFAQをつくるのじゃ!(2) みんなのミシマガジン編 ミシマガ編集部
05月11日
第22回 MSLive!(ミシマ社ライブ)はじめます!! ミシマガ編集部
04月22日
第21回 ミシマ社のFAQをつくるのじゃ! ミシマガ編集部
02月16日
第20回 ミシマ社の本屋さんが渋谷パルコに出現!? ほぼ日の学校Presents「本屋さん、あつまる。」に出店します! ミシマガ編集部
01月05日
第19回 ミシマ社メンバーが推す! 2019年ミシマ社の本(後半) ミシマガ編集部
01月04日
第18回 ミシマ社メンバーが推す! 2019年ミシマ社の本(前半) ミシマガ編集部
12月24日
第17回 京都オフィスメンバーが新人に贈る一冊 ミシマガ編集部
12月23日
第16回 自由が丘オフィスメンバーが新人に贈る一冊 ミシマガ編集部
08月21日
第15回 ミシマ社ナイトレポート ミシマガ編集部
07月14日
第14回 次の土日は東京も京都も手売り! BOOK MARKET 2019&ミシマ社の本屋さん ミシマガ編集部
07月07日
第13回 焼津だ! マグロだ!! ミシマ社だ!!! 焼津合宿2019レポート ミシマガ編集部
04月07日
第12回 絶好調! 「ミシマ社から読者へ 春の贈り物編」フェア 紀伊國屋書店梅田本店 百々さんインタビュー! ミシマガ編集部
02月02日
第11回 くまざわ書店武蔵小金井北口店さんでミシマ社フェア開催! ミシマガ編集部
12月30日
第10回 今年の一冊座談会「これからのミシマ社に贈る本」(2) ミシマガ編集部
12月29日
第10回 今年の一冊座談会「これからのミシマ社に贈る本」(1) ミシマガ編集部
12月14日
第9回 毎日出版文化賞特別賞贈呈式レポート ミシマガ編集部
10月27日
第8回 銭湯でミシマ社フェア?! ミシマガ編集部
09月16日
第7回 ミシマ社の夏合宿2018レポート ミシマガ編集部
09月01日
第6回 「著者からの夏休みの贈り物」総まとめ ミシマガ編集部
08月01日
第5回 「著者からの夏休みの贈り物」はじまりました&『THE BOOKS』増刷しました ミシマガ編集部
07月21日
第4回 西日本豪雨災害復興支援チャリティ販売@スロウな本屋さん 開催します! ミシマガ編集部
07月20日
第3回 バカナス ミシマガ編集部
05月20日
第2回 手売りブックスのシールを貼りに行くの巻 ミシマガ編集部
04月15日
第1回 益田ミリ『今日の人生』「かもがわ おさんぽ展」を開催します! ミシマガ編集部
ページトップへ