今月のミシマ社

第6回

「著者からの夏休みの贈り物」総まとめ

2018.09.01更新

 こんにちは、京都オフィスの野崎です。

 今日もミシマガジンに訪れてくださり、ありがとうございます。今日から9月。長く暑さの厳しい夏もおわり、やっと過ごしやすくなってきた気がします。みなさんはどんな夏を過ごされたのでしょうか?

 さて『みんなのミシマガジン』トップページの書籍紹介コーナー「明日の一冊」では、8月の1カ月間、ミシマ社ゆかりの著者の方々による選書をお届けしてまいりました。

 総勢16名の著者の方々による、とっても豪華な選書企画。お楽しみいただけましたでしょうか?

 今日のミシマガでは、「著者からの夏休みの贈り物」総まとめと題し、紹介された本を一挙公開いたします! 夏のうちに読めなかった本も、ぜひ秋の夜長に楽しんでみてくださいね。 

『お伽草紙』(太宰治、新潮社)

book-hirakawa.jpg

太平洋戦争末期、防空壕のなかで、父親が子供たちに語って聴かせるという体裁で書かれた太宰版の『お伽草紙』。瘤取り、浦島さん、カチカチ山、舌切雀という誰もが知っているおとぎ話だが、意想外な解釈と味付けでページを繰る手が止まらなくなる。普段小説を読まない人も、太宰嫌いも、既読の読者も、もう一度「読むことの愉悦」に浸ってほしい。

平川克美さん(『21世紀の楕円幻想論』著者)

『雲の墓標』(阿川弘之、新潮文庫)

book_yasuda.jpg

主人公、吉野次郎は京大で万葉集を学んでいた学生。太平洋戦争末期、戦場での餓死者や戦死者が相次ぎ、兵士の絶対数が少なくなると、学生たちは学業を中途で放棄させられ戦場に送られた。幹部候補生として兵学校出と同じ地位は与えられたが扱いはまったく違った。海軍予備学生は捨て駒。特攻隊員として育成された。その過程で進んで死を受け入れるもの、そのような友人の変化を冷ややかに眺める者、どちらにもなれず苦悩する者。それらが日記と手紙で淡々と綴られる。実はこの本は僕が生まれてはじめて読んだ本(除・教科書)の一冊なのです。

安田登さん(『あわいの力』著者)

『逆さに吊るされた男』(田口ランディ、河出書房新社)

book_missei.jpg

「地下鉄サリン実行犯 死刑囚Yとの十年を超える交流」(本の帯より)。作家の田口ランディさんによる、私小説でありながら、どこかノンフィクションの雰囲気も色濃く感じる本。「あの事件」のことが心のどこかに引っかかっている人(多いと思う)にぜひ一読をすすめたいです。日本の戦争への道をたどった『昭和史1926―1945』(半藤一利、平凡社ライブラリー)を併読しました。本は2冊、3冊という「組み合わせ」で化学変化があると思う。

白川密成さん(『坊さん、父になる。』著者)

『マティス 画家のノート【新装版】』(アンリ・マティス 著、二見史郎 訳、みすず書房)

book_kimura_2.jpg

日本では一九七九年に刊行され、この七月に新装版が出た、書物らしい書物です。マティスへのインタビューや、本人が記した手紙など、肉声、肉筆が集められていて、外界の捉え方や考え方の痕跡に、より直に触れられます。物事を観察し、解釈し、形に残すというのは、内的な感動の表現であるべきという内容などは、いま書き途中の本を前に転がす駆動力にさえなってくれています。そんな意味でも、私にとっては読んで良かった本です。

木村俊介さん(『インタビュー』著者)

『身体感覚で『論語』を読み直す。―古代中国の文字から』(安田登、新潮文庫)

book_wakamatu.jpg

能楽師でもある著者によって記された本書は、いわゆる『論語』の研究書とは、まったく異なる視界を開いてくれる。『論語』の解説、解読するのは第一の目的ではない。必要があれば、孔子が生きていた魯の時代にさかのぼり、文字の奥に潜んでいる秘義を開示する。読者を孔子に出会わせようとするのである。「読む」とは、それを書いた者との真の意味での対話である。本書を手にする者は、そのことをまざまざと経験するだろう。良書というより、衝撃の書である。

若松英輔さん(『現代の超克 本当の「読む」を取り戻す』著者)

『身体知性 医師が見つけた身体と感情の深いつながり』(佐藤友亮、朝日新聞出版)

book_hirao.jpg

心と身体は別々なようでいて、実はそうじゃない。体調が悪いときは気持ちも沈むし、気持ちが沈んでいるときは体調もピリッとしない。複雑に絡み合うこの問題を、医師で合気道家の著者が丁寧に紐解いている。生まれ持ったこの身体は人それぞれに違う。だから身体について語るときに私たちはいつもすれ違う。わかるようなわからないような感覚が余韻を引く。そんなモヤモヤを解消した人にはもってこいの一冊。ぜひご一読を。

平尾剛さん(『近くて遠いこの身体』著者)

『珈琲屋』(大坊勝次・森光宗男、新潮社)

book_ikawa.jpg

「大坊」大坊勝次さん、「珈琲美美」故・森光宗男さんの対談集。二人は共に自家焙煎・ネルドリップ珈琲界のレジェンドだが、それは珈琲の仕事でもない人にはあまり関係が無いかもしれない。ただ、教室の隅でタイプの違う男子二人がサッカーの話をするように、止まらない珈琲への「夢中」。好きなことで生きた人生が二つ、ここにある。そんなふうに生きたいな、生きられるかな、と望む者の心底に、線香花火のような静かな火を灯す一冊。

井川直子さん(『昭和の店に惹かれる理由』著者)

『エクソフォニー 母語の外へ出る旅』(多和田葉子、岩波現代文庫)

book_morita.jpg

夏に海や山に出かけるのもいいが、思う存分、言葉の旅に出かけるのもいい。母語の外へ。あるいは、母語の中に、別の言葉を育てていく旅。意味の限界。言葉の境界。何かを伝えるためにではなく、文法の音楽、舌のダンス、意味から自由な言語を求めて。

森田真生さん(独立研究者)

『告白』(町田康、中公文庫)

book_ko.jpg

人間の情理と狂気、暴力、色欲、金銭の魔力・・・。河内音頭に唄い継がれる大量殺人事件「河内十人斬り」の全体性を河内弁によって完全無欠に書ききった、文庫版850ページの大作。じめっとした大阪の夏の蒸し暑い風土を実感するのに、これほどふさわしい小説はないです。

江弘毅さん(『K氏の大阪弁ブンガク論』著者)

『負債論 貨幣と暴力の5000年』(デヴィッド・グレーバー 著、酒井隆史 監訳、高祖岩三郎・佐々木夏子 訳、以文社)

book_ishii_2.jpg

正直なところ、私は人に本を薦めるのが嫌いだ。だれにも嗜好があり、人と本にも相性がある。合わないものを薦められるくらい鬱陶しいことはない。同じジャンル、似た傾向の作家でも、好きと嫌いはある。惚れ込んだ作家の本でも、許せない一冊がある。だから、これは皆様へのお勧めではなく、あくまで私自身の「今夏の課題図書」である。今1/3ほどまできて、とにかく面白い。夏中に必ず読み切るぞ。

石井ゆかりさん(『選んだ理由。』著者)

『ブンとフン』(井上ひさし、新潮文庫)

book_syaku.jpg

中学一年生の夏休みだったと思う。いとこのお姉さんに「夏休みの読書感想文、何を読んだらいいかなあ」と相談したところ、勧められたのが『ブンとフン』であった。以来、ずいぶん多くの人にこの本を勧めてきた。この本で、「物語と遊ぶ」という感覚を覚えたように思う。"軽妙な文章に心身のリズムを合わせていく喜び"を知ったのである。

釈徹宗さん(『お世話され上手』著者)

『ケルト 再生の思想――ハロウィンからの生命循環』(鶴岡真弓、ちくま新書)

book_kono_2.jpg

ケルト人は文字を持たず、歴史を書き残すことはなかったが、アイルランドやイギリスの文化には、いまだに色濃く、その影響が残っている。すべては「死からこそ始まる」。ハロウィンの起源である「万霊節(サウィン)」の夜、死者は 年に一度、 回帰する。生者はこれを家に迎え入れ、もてなし、静かに供養する。生きる者たちこそが、「死者たちから生命力を贈与される」、恵みの夜である――。キリスト教以前のヨーロッパの古層ケルトの声に耳を澄まし、ケルト暦の叡智に生命の活力と躍動を感じる。呼吸が深くなる気がする。今年度、河合隼雄学芸賞受賞作。

河野通和さん(『言葉はこうして生き残った』著者)

『あたらしい図鑑』(長薗安浩、ゴブリン書房)

book_gotomiduki_2.jpg

例えば、トンカツ屋さんにひとりで入っていくおばあちゃんをみた時、私の胸は、絵にも言葉にもならない気持ちになります。その気持ちには全く価値がありません。だけど、とても大事なもののような気がしています。私のこの気持ち、私だけのために図鑑にしたいです。たくさんの図鑑ができたら、いい絵がきっと一枚描ける気がします。生きることにだだくさになってしまう夏、初心を思い出す1冊です。

後藤美月さん(『おなみだぽいぽい』著者)

『さよなら未来 エディターズ・クロニクル2010-2017』(若林恵、岩波書店)

book_matumura.jpg

インターネットが登場したとき、誰もが胸のときめきとともに、世界の分断が架橋されて人びとがつながりあう日を夢見た。現実は、こんなありさまだ。いまもAIやシンギュラリティが世界を変えると喧伝される。そろそろ気づいたほうがいい。話はそう単純ではない。テクノロジーによって、人類は複雑な問いの前に立たされている。本書は、私たちの「常識」に揺さぶりをかけながら、その先へと軽やかに思考を誘ってくれる一冊だ。

松村圭一郎さん(『うしろめたさの人類学』著者)

『どうしてドステンちゃん』(いがらしみきお、竹書房)

book_junko_2.jpg

ロバの女の子・ドステンちゃんが主人公の"社畜コメディ"漫画。「どうしてロバは働いてばっかりいるの?」「ロバの眼ってどうしてあんなに悲しそうなのかしら」ドステンちゃんの質問が深刻すぎて仰天しますが次のコマでは、ぐふふ、嚙み殺しきれない笑い声が漏れます。ちょっと読んでみて、と手渡すと皆、ぐふぐふ言いながら震えます。税金払うために働いてるのかと国の社畜疑惑にもやもやする日々ですが、少し気が晴れました。

佐藤ジュンコさん(『佐藤ジュンコのおなか福福日記』著者)

『熔ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録』(井川意高、幻冬舎文庫)

book_matu_2.jpg

私は夏が嫌いです。正確には「暑い」のが嫌い。というわけで、読むと涼しくなる本をご紹介します。というと真っ先に「ホラー」が浮かびますが、そんじょそこらのホラーよりよほど背筋が寒くなるのがこちら。著名企業の3代目でありながら、ギャンブルに狂いついには会社のお金に手を出す井川氏の告白なのですが、泥沼にはまり込み、数千万単位のお金が数分で消えていく様はまさにホラー。暑さを忘れる1冊です。

松樟太郎さん(『究極の文字を求めて』著者)

ミシマガ編集部

ミシマガ編集部
(みしましゃへんしゅうぶ)

 

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    ミシマガ編集部

    2018/9/26(水)に発売されたクリープハイプの新アルバム『泣きたくなるほど嬉しい日々に』。そのデザインを手がけた寄藤文平さんと尾崎世界観さんは、4月にミシマガで対談しています。ミシマ社とも縁の深いお二人の対談、この機にぜひお読みください。(実は、今回の新アルバムの特装版の詩集と、タワーレコード特典の豆本の編集をミシマ社がお手伝いしています!)

  • 西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    ミシマガ編集部

    みなさん、最近、仕事どうですか? ナカムラケンタさんの『生きるように働く』と、『いま、地方で生きるということ』の著者でもある、西村佳哲さんの『一緒に冒険をする』(弘文堂)の2冊の刊行を記念して、2018年9月18日、代官山 蔦屋書店にてトークイベントが行われました。「最近〝仕事〟どう?」をテーマに、それぞれの角度から「仕事」について考え続けてこられたお二人が、自著の話、人が働くことの根っこについて、そして「働き方改革」までを語り合いました。そんなお話の一部を、前・後編2日間連続でお届けします。どうぞ!

  • 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1)

    町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1)

    ミシマガ編集部

    2018年6月22日、編集者であり長年街場を見つめてきた江弘毅さんがはじめて「ブンガク」を描いた、『K氏の大阪弁ブンガク論』が刊行になりました。司馬遼太郎や山崎豊子といった国民的作家から、黒川博行、和田竜など現代作家まで縦横無尽に書きまくっている本作で、2章を割いて江さんが絶賛しているのが、作家・町田康さん。本書の刊行を記念して(そして江さんが熱望して!)、紀伊國屋書店梅田本店にておこなわれた、お二人の対談の様子をお届けします。

  • 凍った脳みそ

    特集『凍った脳みそ』後藤正文インタビュー(1)

    ミシマガ編集部

    『凍った脳みそ』。なんとも不思議なタイトルである。いったい何の本なのか? と題名だけ見てわかる人はかなりのゴッチファンにちがいない。ぞんぶんにお好きなように本書を楽しんでくださいませ! 実は、アジカンファンだけど「この本はどうしようかな」と思っている方や、必ずしもアジカンやゴッチのファンでもないけど音楽は好きという方や、ゴッチもアジカンも音楽もとりわけ好きなわけじゃないけど面白い本は好き! という方にも、本書はおすすめなのです。その理由の一端に迫ることができればと思い、著者の後藤正文さんに直接お話をうかがいました。

ページトップへ