今月のミシマ社

第11回

くまざわ書店武蔵小金井北口店さんでミシマ社フェア開催!

2019.02.02更新

0731-1.png こんにちは。営業チームのモリです。2019年最初のミシマ社フェアが、くまざわ書店武蔵小金井北口店さんではじまりました! デッチのスガくんとフェアの設営に行ってきましたので、リポートいたします。

0202_6.JPG

どんな本屋さん?

 くまざわ書店武蔵小金井北口店さんは、東京都小金井市のJR中央線・武蔵小金井駅にあります。駅前のMEGAドン・キホーテさんの賑やかなビルに入り、エスカレーターを下ると、広い店内にたくんさんの本が。
 あちこちで企画コーナーがあったり、机と椅子が設置された座り読みコーナーがあったりと、とても素敵な空間になっています。今回フェアのためにお借りするスペースは、エスカレーターを降りて振り向いたらすぐのスペース。

0202_1.jpg事前準備のために撮った写真より。赤枠がフェア台

 こんな良いところにミシマ社フェアの棚を作らせていただけるということで、気合を入れて準備させていただきました!


いざ設営!

 この日の設営のために、仕掛け屋・ハセガワがフェアグッズをこしらえて、京都からお店へ送ってくれました。モリとスガくんの二人がかりで、数々のパネルを組み立てていきます。

0202_2.JPG

パネルを組み立てるデッチ・スガ


 通りかかったお客さんと談笑したりしつつ、どんどん組み立てます。

 0202_3.JPG

本の配置に悩む営業・モリ

 ハセガワの仕掛けグッズの中には、さまざまなポーズをとったいろんなサイズのミシマンたちがぎっしりとつまった謎の袋も。

0202_4.jpg水揚げされたミシマンの群れ

「この大量のミシマン、どうすればいいんだ・・・」

 しかし困ったときのために、ハセガワがメモを付けてくれていました。
「すきなところにどうぞ~」「ワイワイ系で!!」
 なるほど、好きなようにやればいいのか!そう気づいた二人は、パッションがおもむくままに、ミシマンを貼り続けました。

 その結果・・・。

0202_5.JPG

ミシマンだらけ

 大量のミシマンが並ぶ謎のコーナーが出現しました。
 お店入り口のエスカレーターを降りて、振り返るとすぐこれです。
 猛烈に目立っています。

 そして肝心の棚のほうは・・・

0202_12.JPG

じゃーん!

 「益田ミリさんの本」「ミシマ社の雑誌 ちゃぶ台」「仕事の本」・・・などなどジャンルにこだわらず本を作る「小さな総合出版社」ならではのいろんな本を並べました。

 フェア期間中には新刊も出ますし、棚のレイアウトもちょっとずつ変わっていきますので、お近くの方はぜひこまめにチェックしてみてください。

 さらに今回、こんなこともやっています。


フェアならではのおまけコーナー

① 1回0円! 本のおみくじ&ミシマ社通信バックナンバー
 ミシマ社の本から引用した、グっとくる言葉が書いてる「ミシマ社 本のおみくじ」。どれを読もうか迷ったときは、本の神さまに委ねてみましょう。運命の一冊に出会えるかも?
 そしていつも本に挟まれている、ご存知「ミシマ社通信」のバックナンバーもたくさん置いています。ひそかに人気(?)のミシマンガだけを集めた傑作選ペーパーもまぎれていますよ。テイクフリーなので、好きなだけ持って行ってください。

0202_13.jpeg

本のおみくじ&ミシマ社通信バックナンバー

②本屋さんでTシャツ
 ミシマ社は出版社なのにナゾのグッズ「ミシマ社Tシャツ」も販売しています。営業・モリは外回り時に愛用、書店員さんからはツッコまれております。本屋さんで販売されるのはかなりレアなので、この機会にぜひ! 生地も案外しっかりしているぞ!!

③店長のオススメミシマ社本
 店長の中原さんが、おすすめのミシマ社本を紹介してくださいます。
 果たしてどの本が選ばれるのか、ぜひお店でご確認ください。

0202_7.JPG

オススメ本の目印、ミニ店長

 では、ここで笑顔がすてきな本物の店長、中原さんからも一言頂きましょう。

中原店長からのメッセージ
 「はじめまして、店長の中原です。武蔵小金井にミシマ社の良い本を紹介したいと思っています。この機にぜひご来店ください!」

0202_8.JPG

本のおみくじで『日帰り旅行は電車に乗って』を引いた中原店長

 今回のフェアは、昨年開催されたくまざわ書店桜ヶ丘店でのミシマ社フェアを中原店長が覚えていてくださって、モリに「うちでもやりたいな〜」とお声がけ頂き実現しました。中原店長、ありがとうございます!!

 最後に、このフェアの制作チームにも、今回のこだわりポイントを聞いてみたいと思います。

仕掛け屋・ハセガワより

0430-5.pngバトンタッチして、ハセガワです。最初にモリも書いてますが、今回のフェアは、とにかく場所がいい! そしてスペースも広々!!  ということで、お客さんがエスカレーターを降りてきて振り返ったときに、ぱっと最初に目に入るように、このスペースをお店の中で、一番目立つ場所にするぞ! と決めました。

 白い本が多いし、壁や床も肌色とか茶色でやさしい感じだったので、パネルには原色のパキッとした画用紙をいっぱい使いました。あとは、わたしが「にぎやかし隊」と呼んでいる、ミシマンたちを、とにかくいっぱい作りました。が、この子たちの扱いにモリが設営時に困っていたことを、さきほどレポートを読んで知りました。

0202_9.JPG

 にごやかし隊の中には、こんな、びよーんとしたミシマンもいます。ふと思いついて、作ってみました(いま『ワンピース』を最初から読み返してる影響です、たぶん)。
 見つけてもとくに何もないですが、気が向いたら探してみてください。

0202_10.JPG

 ・・・以上がハセガワから届いたコメントなのですが、これを読んでモリとスガは青ざめました。びよーんとしたミシマン、使いどころに困って、貼らずに持ち帰ってきてしまった・・・。ハセガワさんすみません! 今度貼ってきます!


 そんなこんなで、とてもにぎやかな、ミシマ社らしいフェアになりました。ぜひ足をお運びください!

ミシマ社フェア@くまざわ書店 武蔵小金井北口店

 会期:1/28~3月中旬(予定)
 場所:くまざわ書店 武蔵小金井北口店
 アクセス:JR中央線「武蔵小金井」駅 北口から徒歩で約2分
  MEGAドン・キホーテ武蔵小金井駅前店B1
 営業時間:10:00 ~ 21:00
 電話:042-385-2351


おまけ:隠れミッシーを探せ!
 基本的にミシマンたちは目立ちたがりやです。でも、ひとりだけはずかしがりやさんがいます。
 この子はこのフェアのどこに隠れているでしょうか? お店で探してみてください!

0202_11.JPG

「ひっそり待ってまーす」

ミシマガ編集部

ミシマガ編集部
(みしましゃへんしゅうぶ)

 

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 町屋良平さんインタビュー 言語的凝縮を解き放つ(1)

    町屋良平さんインタビュー 言語的凝縮を解き放つ(1)

    ミシマガ編集部

    祝・第160回芥川賞受賞!! 昨年末に「本屋さんと私」に登場してくださった町屋良平さんが、このたび「1R(いちらうんど)1分34秒」にて芥川賞を受賞されました。こちらのインタビューでは、小説を書くという営みについても、丁寧にお話しいただいています。町屋さんの小説をこれから読む方も、すでに読んだ方も、ぜひどうぞ!

  • 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1)

    『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1)

    ミシマガ編集部

    11月22日、『銀河鉄道の星』(宮沢賢治・原作、後藤正文・編、牡丹靖佳・絵)が発売となりました。発売を記念して、この本の著者であり、12月5日にはNEW ALBUM「ホームタウン」を発表したASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル&ギターを担当する後藤正文さんと、装丁を手がけてくださった名久井直子さんの対談を2日間にわたり、お送りします。昨日掲載した「あとがき」からさらに踏み込んで、後藤さんがなぜ、宮沢賢治を新訳しようと思ったのか、そして子どものころから宮沢賢治の作品に触れてきた名久井さんは、今回何を感じられたのか? たっぷりとお届けします。

  • くすみ書房店主・久住邦晴さんの本を発刊します

    くすみ書房店主・久住邦晴さんの本を発刊します

    ミシマガ編集部

    今月末に『奇跡の本屋をつくりたい〜くすみ書房のオヤジが残したもの』が発刊となります。多くの人に愛されながらも、2015年に閉店した札幌の書店「くすみ書房」の店主、久住邦晴さんの未完の遺稿を再編集し、書籍化したものです。この本にちなんで今日からミシマガ上でも「奇跡の本屋をつくりたい」のコーナーがスタートします。

  • 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(1)

    『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(1)

    ミシマガ編集部

    こんにちは、京都オフィスの野崎です。突然ですが、今日はミシマガ読者のみなさんにとにかく早く伝えたい、大ニュースがあるんです! それは・・・

ページトップへ