今月のミシマ社

第9回

毎日出版文化賞特別賞贈呈式レポート

2018.12.14更新

 2018年も残すところわずかとなりました。今年も数々のミシマ社的大ニュースがありましたが、なかでもミシマ社より2017年10月に刊行された『うしろめたさの人類学』(松村圭一郎著)が第72回毎日出版文化賞特別賞を受賞したことは大きな出来事でした。今日のミシマガでは、贈呈式に行ってきたミシマンがその日の様子をレポートします。

2018年9月29日朝、自由が丘オフィスーー。

icon_mishiman.jpgなんだか社内が騒がしいなあ。あれ、普段は京都オフィスにいるメンバーもこっちにいる・・・なんで?

nozaki-1.png松村圭一郎さんの『うしろめたさの人類学』が第72回毎日出版文化賞特別賞を受賞したんだよ。今日はその賞の贈呈式。ミシマン、あんまり時間がないから、とりあえず早くスーツに着替えて!

icon_mishiman.jpg毎日出版文化賞? それってどんな賞なの?(ミシマン、検索する。)

icon_mishiman.jpgえっ! 第1回の受賞作のひとつに、谷崎潤一郎の『細雪』が入ってる! なんかすごい賞な気がする・・・! そうだノザキ、僕スーツなくて、正装用の洋服がミシマ社Tシャツしかないんだけどこの格好でもいい?

nozaki-1.pngいい、いい、式に遅れちゃう。いくよ!

会場に到着ーー。

1214-4.jpg

icon_mishiman.jpgここは・・・。ホテル椿山荘? わ~庭が広いな。なんだかこんな場所初めて来たよ。クロークに荷物を預けて、受付を済ませて・・・。それにしてもスーツの大人がたくさんいるなあ。僕Tシャツで来ちゃったけど大丈夫かなあ。あっ松村さんとミシマさんだ。お~い、こんにちは~。松村さん、この度は、受賞おめでとうございます!

松村 ありがとうございます。いや~ミシマ社のみんなを見るとなんかホッとするわ~~。

icon_mishiman.jpg・・・僕は逆にいつもの顔を見つけてもなんか落ち着かないなーと思っていたら・・・。あ! イベントの時は絶対ミシマ社Tシャツを着てくるミシマさんが、今日はスーツを着ているじゃないですか!

mishima-1.pngうーん

nozaki-1.png会場の入り口には今回受賞した作品が並んでるね。『うしろめたさの人類学』もしっかり並べられてる。やっぱりこの装丁、目をひくし、素敵だなあ。そろそろ式が始まるね。

icon_mishiman.jpgあっ。あそこでホシノさんと並んで座っているのは、この本をデザインしてくれた尾原史和さんだよね。そのななめ前は・・・平川克美さんだ!

nozaki-1.png製本担当・シナノ印刷の河合さんや、この本を推してくださっていた本屋さんもいるよー。うれしい~。

icon_mishiman.jpgおっと!式が始まるよ!まずは審査員を務められた鷲田清一先生からの選評があるみたい。

鷲田清一先生選評終わりーー。 

icon_mishiman.jpgわっホシノさん、もしかして泣いてる?

hoshino-1.png身のまわりの小さなところから自分たちで変えていくことは、けっしてちっぽけな行為ではない、という温もりのこもった励ましの言葉に、目頭が熱くなりました。

1214-1.jpg

icon_mishiman.jpgうん、うん。受賞者のスピーチも素晴らしかったね。このあとは立食パーティーが始まるよ。お寿司も食べられるみたい。いただきまーす。・・・さっきからやたらカメラを向けてくる人がいるなー、さすが新聞社主催のパーティーだなーと思ってたらミシマ社のモリさんじゃん。

mori-1.pngミシマンも一枚どうぞ。はい、チーズ!(パシャッ)

icon_mishiman.jpgチーズ! ありがとう。モリさん、パーティに参加してみて、どうだった? 

mori-1.pngシャンデリア付きのゴージャスな会場に出版関係者が詰め掛けていて、写真を撮っているだけで緊張しちゃった。でも、ミシマ社のテーブルだけちょっと雰囲気が違うね。ミシマ社Tシャツ着てたり、書店員さんや読者の方も来てくださっていたり。豪華ホテルの立食パーティーでもミシマ社はミシマ社らしく盛り上がっていて楽しかったよ

icon_mishiman.jpg僕もこういう堅苦しい場は初めてだから緊張してたんだけど、また明日からいい仕事をできるように頑張ろうって思えたよ。

nozaki-1.pngミシマン、まだまだ終わりじゃないよ! このあとは会場を移して、チームミシマ社での二次会に向かうよ!

一同二次会の会場へーー。

一同 カンパーイ!

1214-3.jpg

icon_mishiman.jpgいや~、尾原さんの装丁デザインの話、おもしろかったなー・・・ってついつい夢中になって話し込んでしまって、もう、松村さんの新幹線の時間だ!(この日、松村さんは日帰りでした)あっ、ハセガワさん!二次会の感想おしえて!どうだった?

hasegawa-1.png超楽しかったー!

icon_mishiman.jpgうんうん。二次会からまた、ゲストも増えたしね。

hasegawa-1.pngお仕事終わりにわざわざかけつけてくれた書店員さんでしょ、あと、ミシマ社サポーターさんに、松村さんとお仕事している他の出版社のみなさん・・・私自身も、はじめましての方、たくさんいた!

icon_mishiman.jpgふだんなかなか接点のない人たちが、一冊の本を通して、こうして集まってるのって、すごいことだよね。しかも、みんなが幸せな気持ちになる。

hasegawa-1.png本当にそうだね。

icon_mishiman.jpgみんなでお祝いできて、よかったね!それでは最後に。この本を出した出版社の代表であり、担当編集者でもあり、松村さんの大学時代からの親友でもあるミシマさん、ひとことお願いします!

mishima-1.png思いっきり楽しめました。松村さん、尾原史和さん、平川克美さん、サポーターの皆さん、書店員さん、印刷所の方々など皆さんといっしょにお祝いできたことがなにより嬉しかったです。このレポートを読んでくださっている皆さんとも、少しでも喜びを共有できたらうれしいかぎりです。今日だけはぞんぶんに喜びに浸り、また明日からは心機一転、一冊入魂の日々です。これからも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

1214-2.jpg


毎日新聞のウェブサイト上では、贈呈式の様子が記事になっています。記事中に公開されている動画では、松村圭一郎さんおよびほかの受賞者の方々による受賞スピーチも見られます。

記事を読みにいく

ミシマガ編集部

ミシマガ編集部
(みしましゃへんしゅうぶ)

 

編集部からのお知らせ

『うしろめたさの人類学』好評8刷です。まだの方はぜひ!

ushirometasa_shoei.jpg

『うしろめたさの人類学』松村圭一郎(ミシマ社)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 胎児はめちゃくちゃおもしろい! ~増﨑英明先生と最相葉月さん、発刊後初対談(1)

    胎児はめちゃくちゃおもしろい! ~増﨑英明先生と最相葉月さん、発刊後初対談(1)

    ミシマガ編集部

    発売から1カ月半ほど経った『胎児のはなし』、「本当におもしろかった! 知らなかったことがたくさん!」という読者のみなさまの声をたくさんいただいています。そして新聞などメディアでの紹介が続き、おかげさまで3刷大増刷中です!

  • イスラムが効く!

    『イスラムが効く!』刊行直前 内藤正典先生インタビュー(1)

    ミシマガ編集部

    今週末2019年2月23日(土)に『イスラムが効く!』が発売となります。イスラム地域研究者の内藤正典先生と、イスラム法学者でありムスリムである中田考先生による対談本。『となりのイスラム』(内藤正典著)から2年半ぶりに、ミシマ社からは2冊目のイスラムに関する本が登場です。本を書き終えた内藤先生に、とくにこれは日本人に効く!という場面を詳しく教えていただきました。2日にわたってお届けします。

  • 町屋良平さんインタビュー 言語的凝縮を解き放つ(1)

    町屋良平さんインタビュー 言語的凝縮を解き放つ(1)

    ミシマガ編集部

    祝・第160回芥川賞受賞!! 昨年末に「本屋さんと私」に登場してくださった町屋良平さんが、このたび「1R(いちらうんど)1分34秒」にて芥川賞を受賞されました。こちらのインタビューでは、小説を書くという営みについても、丁寧にお話しいただいています。町屋さんの小説をこれから読む方も、すでに読んだ方も、ぜひどうぞ!

  • 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1)

    『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1)

    ミシマガ編集部

    11月22日、『銀河鉄道の星』(宮沢賢治・原作、後藤正文・編、牡丹靖佳・絵)が発売となりました。発売を記念して、この本の著者であり、12月5日にはNEW ALBUM「ホームタウン」を発表したASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル&ギターを担当する後藤正文さんと、装丁を手がけてくださった名久井直子さんの対談を2日間にわたり、お送りします。昨日掲載した「あとがき」からさらに踏み込んで、後藤さんがなぜ、宮沢賢治を新訳しようと思ったのか、そして子どものころから宮沢賢治の作品に触れてきた名久井さんは、今回何を感じられたのか? たっぷりとお届けします。

ページトップへ