今月のミシマ社

第67回

今年の一冊座談会「とにかく熱中した一冊」(2)

2024.01.16更新

 こんにちは! 京都オフィスのスミです。

 ミシマ社では毎年年末に、メンバー全員がその年に読んだ本からおすすめの一冊を持ち寄り、その魅力、好きでたまらない気持ちをプレゼンする「今年の一冊座談会」を開催しています(昨年の記事はこちら)。

 昨年も12月某日に、自由が丘・京都各オフィスで行われました! テーマは、「今年、とにかく熱中した一冊」。このストレートなお題に、各メンバーがイチオシの本を語ります。
 先日の自由が丘オフィス編に続き、本日は京都オフィスの模様をお届けします!

***

スミ 今年のお題は「とにかく熱中した一冊」ということで、みなさん、今年よかった一冊を教えてください。
ハセガワ ハイっ! わたしからやっていい?
スミ お願いします!

「うちのカメ」との距離が縮まった一年

ハセガワ 『うちのカメ』

一同 おおー!

スミ かわいいタイトルですねー。

zadankai2023_hasegawa.JPG

ハセガワ 今年はじめてミシマ社のカメに愛着がわいて・・・。

オカダ え。はじめてですか?

ハセガワ いや、いままでも別に嫌いじゃなかったけど、ある日ふと「お、かわいいな」と思って。でも、こんなにずっと一緒にいるのに、この子たちのこと全然知らないなと思っていたら偶然、本屋さんでこの本を見つけました。これは、著者の石川良輔先生のお家のカメコ(←という名前です)の観察記であり、カメ入門でもある本で、これを読んではじめて、ミシマ社のカメがミナミイシガメってことがわかった。

一同 へー。

ハセガワ あとお腹のほうの甲羅(甲板)を見れば年齢がわかるとか、骨の構造や動きとか...そうそう、カメは恐竜の時代からいるんだって! そういうのもすごく勉強になりました。カメコは家内で飼われてるんだけど、完全に家の地理を把握してる。たとえば先生の標本室や研究室(石川先生はオサムシの研究者)には近寄らないとか。

一同 ははは。

ハセガワ あとは先生のひざの上で寝たり。

ヤマダ へえーっ。

ハセガワ 文章自体は淡々としていて、今日のカメコはあれした、これした、みたいな。見たまんまの姿を記録するように綴ってるんだけど、先生のカメコへの愛情をすごく感じます。どこかの家族の、子どもの成長記録を読んでいるような感じ。だから動物エッセイとしてもすごく楽しめるし、でも専門的な解説もしっかりあって、「カメ」という生き物のことを知るにはすごくおすすめです。

ペク.jpg(ミシマ社の「うちのカメ」、ペク)

ナゾ.jpg(ミシマ社の「うちのカメ」、ナゾ)

かっこよすぎて自宅で「面陳」

スミ 続いて私は、まず、みなさまご存知・・・『時代劇聖地巡礼 関西ディープ編』

jidaigeki_deep.jpg

一同 おお、出た!

スミ 今年、この本の制作に関わり、そのご縁で出会った本が「今年の一冊」になりました。鈴木尚之著『私説 内田吐夢伝』です。

zadankai2023_sumi2.JPG

スミ 『時代劇聖地巡礼 関西ディープ編』のカバー写真は、「巌流島」の風景に見立てられた琵琶湖です。この場所は、内田吐夢監督の映画『宮本武蔵 巌流島の決斗』(1965年公開)で使われています。
 私も実際に聖地巡礼をしてみようと思って、吐夢の宮本武蔵シリーズを観てみたら・・・、もう、ハマってしまって。

ミシマ 中村錦之助がほんとかっこいいよねぇ。

スミ 監督の評伝も読んでみようと思って、本書を手にとったら、最高におもしろくて。
 吐夢と長年仕事していた脚本家の鈴木が、10年以上かけて構想・執筆した大作で、びっくりするほど緻密なんです。ずっと吐夢のそばにいて、彼の映画への思いに触れつづけていたうえ、家庭内の会話まで傍らで聴いていたような人だからこそ書けた作品です。なおかつ、脚本家が書いているので、ストーリーとしてもすごくおもしろいんですよ!

ハセガワ うんうん。熱いね~。

スミ この時代の芸術を作っている人は、みなさん戦争経験者ですよね。吐夢自身も家族を日本に残して満州に渡り、労働者として10年留まったあいだに、壮絶な経験をしています。帰国後、日本の映画界に復帰しますが、その裏では家族との確執に苦しみ続けました。そうした人生が、映画の1コマ、ひとつひとつのセリフに凝縮しているのだと思うと、映画の見方も変わりました。
 黄金時代の文化を担った人々のしびれる立ち居振舞いや言葉、気持ちが詰まった本なので、何度も読み返して、自分の中に入れていきたいなと思っています。
 で、はじめは文庫版(↑写真左)を読んだのですが、ほんとうに好きになってしまったので、あとから単行本の初版(↑写真右)も買いまして・・・。

一同 (笑)。

スミ このカバー写真、めちゃかっこいいですよね・・・。家の本棚に「面陳」して、日々眺めています。

父の書棚から選んで読んでみたら

ノザキ じつは私、毎年のこの会で選ぶ本は、ちょっとおしゃれなやつを選ぼうと思ってやってきたんですけど(笑)、今回は、自分では絶対に買わなかっただろうし、この会にもってこなさそうなものを出します。『至高の営業』(杉山大二郎著)、ビジネス書! たしか、実家に帰って父親に自分の近況をベラベラ話していたんだと思います。そうしたら「一冊ぐらい本を読んだらいいよ」と、父が自分の書棚から大量のビジネス本を抱えてきて、そのうちの一冊を持ち帰って読みました。

zadankai2023_nozaki.JPG

ノザキ 主人公は、入社4年目26歳。業績のふるわない営業マンで、成績が伸び悩む営業所に勤務しており、年度末に社長に退職願を出しにいくシーンから始まります。すると営業所に4月に異動してきたのは若くてすごくできる上司で・・・という展開で、書いてあることは、「まあそうだろうな」と思うことがけっこうありました。
 例えば、仕事の質を決めるのは自分ではなく周りの人やお客様や成果である。だとすると、「質の高い仕事」というのは自分では測れず、とにかく若いうちは量を増やすのがよい、量を増やせば、質もともなってくる、とか。飛び込み営業をするときに、申し訳ない顔をする必要はない。自社の商品を届けることで、一緒にお客様(取引先)がよくなっていくということを、サポートしていくことが営業の仕事だ、というようなことが書かれていて・・・。
 ここに書かれていることが本当にあたらしくて、というよりは、ごく当たり前のことが書かれているんですけど、ごく当たり前のことを、自分がどう受け取って、どう咀嚼するかを考えていたら、自分の仕事の整理がついて、この本を一冊読んでよかったな、と純粋に思ったんです。なかなか自分からこういう本に出会いに行くことって難しい気がするんですが、なぜか父親がこのタイミングで出してきて、父が貼った付箋がびっちりの本を読み直す、という経験はけっこうよかったです。

ハセガワ いや〜なかなか示唆的な一冊ですね(ヤマダ君を見る)。

ヤマダ 26歳4年目の・・・

一同 (笑)

やっぱり太陽の光を

スミ それでは最後に、ミシマさん、よろしくお願いします。

ミシマ 今年の8月の最後の今月と来月にかいた、カズオ・イシグロの『クララとおひさま』です。
 カズオ・イシグロの本はずっと読んできてたんだけども、ノーベル賞取ったあたりから、急に読まなくなって。

一同 なんで〜(笑)

ミシマ しばらくまったく読んでいなかったんだけれども、この単行本も文庫版も福田利之さんが日本版のイラストを描いていて、いつか読むだろうなと思っていたんです。7月末のちくさ正文館の最終日に出会って、「ああ、これは今日手にする本かな」みたいな感じで、買った一冊です。
 なので、一番暑い時期くらいに読むことになりました。

zadankai2023_mishima.JPG

ミシマ 少し脱線しますが、「スピン」第5号に「出版の光と闇」というエッセイを寄稿させてもらいました。この夏の暑さを受けて、「もう光はいいんじゃない」っていう話をぽろっと書いているんですが、カズオ・イシグロはそのずっと先を書いていて。 
 AF(人口親友)として開発された人口知能搭載ロボットと人間との関係が書かれているのですが、僕は作者が太陽に込めた思いのほうにより惹かれました。
 どんどんオゾン層が破壊されていって、太陽光が地球環境の上昇を押し上げ、人間の体調・環境に大きな影響を与えています。その光は、感染症を起こす悪のひとつの原因である、免疫力を強烈に落としてしまう、そういうふうにとらえられがちです。
 一方で、太陽光の吸収に問題があると言われる「第三世代」であるクララは、ショーウィンドウで子供に買われるのを待っていた時期、太陽の光で瀕死の老人が劇的に回復する様子を目撃する。それによってなんか世界の捉え方が変わる。普通の知能ロボットではそんふうにふるまわない、解釈しないことがこのクララにだけは起こる。
 カズオ・イシグロが描いている世界は、かなりロジックとかけ離れた世界です。AIっていう超ロジックな世界と、そこではまったく説明がつかないことの一点に、クララは希望を見出す。自分を買った病弱な女の子の命を救う可能性を、「お日さま」に託すわけです。その後の展開は言いませんが、この小説の世界にしばし浸らざるを得ませんでした。
 ともあれ、太陽の光はもういらない、と自分が小エッセイで書いたことを完全に否定、自己否定したくてこの一冊にしました(笑)。
 全然スケールちがう一冊です。

カトウ 三島さんのスピンを読んで、私、メッセージアプリのアイコンを太陽にしたのをすごい後悔したんですけど、ああよかったって思いました。

ミシマ そもそも、ミシマ社のロゴが、そうですから。18年前、「どんなロゴがいいですか?」と寄藤文平さんに訊かれたとき、「太陽みたいなのがいいです」って答えたんです。「それ一番難しいよ〜」と言いつつ、3秒後にはできていたロゴなんですよね。

スミ みなさま、太陽のような熱い、温かい思いの詰まった紹介をありがとうございました。2024年もいい本との出会いがたくさんありますように!

***

zadankai2023_minna.JPG

ミシマガ編集部

ミシマガ編集部
(みしましゃへんしゅうぶ)

 

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

この記事のバックナンバー

02月07日
第69回 フェア「2024年のいま読みたい、利他の本」のご案内 ミシマガ編集部
01月24日
第68回 後藤正文×平尾剛 「それでもパスをつづける理由」開催します! ミシマガ編集部
01月16日
第67回 今年の一冊座談会「とにかく熱中した一冊」(2) ミシマガ編集部
01月12日
第66回 今年の一冊座談会「とにかく熱中した一冊」(1) ミシマガ編集部
01月09日
第65回 2024年のスタートはミシマ社イベントと共に! ミシマガ編集部
12月15日
第64回 ミシマ社の絵本直送便、お申し込み受付中! ミシマガ編集部
10月03日
全国の丸善ジュンク堂書店さんで『日本宗教のクセ』×『小さき者たちの』"忘れられた日本"フェア開催中! ミシマガ編集部
07月25日
第62回 BOOK MARKET2023に参加しました! 本日から、関西の出版社合同フェアに参加します! ミシマガ編集部
07月13日
第61回 今週末はブックマーケット! ミシマ社ブースを大解剖 ミシマガ編集部
07月03日
第60回 本好きたちよ、読者も書店員も出版社員もあつまれ!7月15.16日(土日)はBOOK MARKET 2023が開催!! ミシマガ編集部
05月24日
第59回 ウィー東城店佐藤さんと代表ミシマがトーク&ミシマ社フェア開催@広島・啓文社! ミシマガ編集部
05月05日
第58回 大好きなイベント「ハレトケ市」に参加しました! ミシマガ編集部
05月04日
第57回 5/13.14(土.日)「OISO BOOK MARCHE」(神奈川・大磯)に参加します! ミシマガ編集部
05月03日
第56回 5月はイベントもりだくさん! MSLive!&書店開催イベントのお知らせ ミシマガ編集部
04月29日
第55回 仕事の悩みに効く!『仕事のお守り』座談会 ミシマガ編集部
04月20日
第54回 第3回ハレトケ市に出店します! ミシマガ編集部
04月18日
第53回 ミシマ社合宿2023春 in 亀岡&るり渓 レポート(後編) ミシマガ編集部
04月16日
『みんなたいぽ』絵本原画展&イベント@フリッツ・アートセンター(前橋)開催します! ミシマガ編集部
04月15日
第53回 ミシマ社合宿2023春in亀岡&るり渓レポート(前編) ミシマガ編集部
04月14日
第52回 「どれが私の生きる道?」晶文社・平凡社・ミシマ社 3社合同フェア「みんなの生き方 見本市 2023」開催します! ミシマガ編集部
04月12日
第51回 「小さきものたちの声を届け続けます ミシマ社の本たち」フェア開催中!! ミシマガ編集部
04月05日
第50回 日々詩書肆室スタート記念、ミシマ社フェア開催中 ミシマガ編集部
03月12日
第49回 春らんまん! サクラ書店ラスカ平塚店でミシマ社フェアを開催中です! ミシマガ編集部
02月08日
第48回 たいへんやけどおもろい!「子育て」とミシマ社の本(2) ミシマガ編集部
02月03日
第48回 たいへんやけどおもろい!「子育て」とミシマ社の本(1) ミシマガ編集部
01月03日
第47回 新春企画!ミシマガ記事の福袋!!〈後半:新年、心を新たに編〉 ミシマガ編集部
01月01日
第47回 新春企画!ミシマガ記事の福袋!!〈前半:お正月のんびり編〉 ミシマガ編集部
12月30日
第46回 今年の一冊座談会「"ええかげん"な一冊」(2) ミシマガ編集部
12月29日
第46回 今年の一冊座談会「"ええかげん"な一冊」(1) ミシマガ編集部
10月21日
第44回 今週末は秋の手売り! KITAKAGAYA FLEA(大阪)&妙蓮寺 本の市(横浜) ミシマガ編集部
09月17日
第43回 京都・横浜で「ミシマ社の本屋さん」を出店します! ミシマガ編集部
07月22日
第42回 3年ぶりにあの定番イベントがかえってくる BOOK MARKET 2022 ミシマガ編集部
05月23日
第41回 ミシマ社ホームページリニューアル大作戦 ミシマガ編集部
05月17日
第40回 ミシマ社の本屋さん「ハレトケ市」に出店しました! ミシマガ編集部
05月07日
第39回 2022年度ミシマ社サポーターまだまだ募集中です! ミシマガ編集部
01月24日
第38回 フェア開催決定!!「書店員が推す! 2022最注目ワード 『利他』と『アナキズム』をアップデートする2冊フェア」 ミシマガ編集部
12月29日
第37回 今年の一冊座談会「思いがけず出会った本」(2) ミシマガ編集部
12月28日
第37回 今年の一冊座談会「思いがけず出会った本」(1) ミシマガ編集部
12月17日
第36回 クリスマスに「あの人」に贈りたい! ミシマ社の本(後編) ミシマガ編集部
12月16日
第36回 クリスマスに「あの人」に贈りたい! ミシマ社の本(前編) ミシマガ編集部
05月14日
第35回 東京浴場・隣町珈琲・ミシマ社合同フェア「はだか書店」開催中です! ミシマガ編集部
04月26日
第34回 「コーヒーと一冊」シリーズの2冊を増刷します! ミシマガ編集部
04月25日
3社合同フェア「みんなの生き方見本市2 試行錯誤の最前線」開催中です! ミシマガ編集部
04月14日
「みんなのミシマガジン」システム障害のお詫びと復旧のお知らせ ミシマガ編集部
03月13日
第33回 「~0 歳から100 歳まで~みんなで楽しむミシマ社の絵本展」開催中です! ミシマガ編集部
03月12日
第32回 茅ヶ崎・長谷川書店さんでミシマ社(もうすぐ)15周年フェア開催中! ミシマガ編集部
12月29日
第31回 今年の一冊座談会「明るいコロナ生活」(2) ミシマガ編集部
12月28日
第31回 今年の一冊座談会「明るいコロナ生活」(1) ミシマガ編集部
11月22日
第30回 関西で開催中のフェア・展示をご紹介します! ミシマガ編集部
08月19日
第29回 ミシマ社のFAQをつくるのじゃ!(5) ミシマ社のYouTubeとSNS編 ミシマガ編集部
08月12日
第28回 「こどもとおとなのサマースクール 2020」の課題に挑戦しました! ミシマガ編集部
07月13日
第27回 ミシマ社のFAQをつくるのじゃ!(4) ミシマ社の本編 ミシマガ編集部
06月25日
3社合同フェア「みんなの生き方見本市」開催中です! ミシマガ編集部
06月10日
第26回 電子書籍しません宣言、撤回します! ミシマガ編集部
06月09日
第25回 ミシマ社のFAQをつくるのじゃ!(3) ミシマ社サポーター編 ミシマガ編集部
06月01日
【一覧】ミシマ社の電子書籍とオーディオブック ミシマガ編集部
05月29日
第24回 オーディオブックが始まっています!!! ミシマガ編集部
05月24日
第23回 ミシマ社のFAQをつくるのじゃ!(2) みんなのミシマガジン編 ミシマガ編集部
05月11日
第22回 MSLive!(ミシマ社ライブ)はじめます!! ミシマガ編集部
04月22日
第21回 ミシマ社のFAQをつくるのじゃ! ミシマガ編集部
02月16日
第20回 ミシマ社の本屋さんが渋谷パルコに出現!? ほぼ日の学校Presents「本屋さん、あつまる。」に出店します! ミシマガ編集部
01月05日
第19回 ミシマ社メンバーが推す! 2019年ミシマ社の本(後半) ミシマガ編集部
01月04日
第18回 ミシマ社メンバーが推す! 2019年ミシマ社の本(前半) ミシマガ編集部
12月24日
第17回 京都オフィスメンバーが新人に贈る一冊 ミシマガ編集部
12月23日
第16回 自由が丘オフィスメンバーが新人に贈る一冊 ミシマガ編集部
08月21日
第15回 ミシマ社ナイトレポート ミシマガ編集部
07月14日
第14回 次の土日は東京も京都も手売り! BOOK MARKET 2019&ミシマ社の本屋さん ミシマガ編集部
07月07日
第13回 焼津だ! マグロだ!! ミシマ社だ!!! 焼津合宿2019レポート ミシマガ編集部
04月07日
第12回 絶好調! 「ミシマ社から読者へ 春の贈り物編」フェア 紀伊國屋書店梅田本店 百々さんインタビュー! ミシマガ編集部
02月02日
第11回 くまざわ書店武蔵小金井北口店さんでミシマ社フェア開催! ミシマガ編集部
12月30日
第10回 今年の一冊座談会「これからのミシマ社に贈る本」(2) ミシマガ編集部
12月29日
第10回 今年の一冊座談会「これからのミシマ社に贈る本」(1) ミシマガ編集部
12月14日
第9回 毎日出版文化賞特別賞贈呈式レポート ミシマガ編集部
10月27日
第8回 銭湯でミシマ社フェア?! ミシマガ編集部
09月16日
第7回 ミシマ社の夏合宿2018レポート ミシマガ編集部
09月01日
第6回 「著者からの夏休みの贈り物」総まとめ ミシマガ編集部
08月01日
第5回 「著者からの夏休みの贈り物」はじまりました&『THE BOOKS』増刷しました ミシマガ編集部
07月21日
第4回 西日本豪雨災害復興支援チャリティ販売@スロウな本屋さん 開催します! ミシマガ編集部
07月20日
第3回 バカナス ミシマガ編集部
05月20日
第2回 手売りブックスのシールを貼りに行くの巻 ミシマガ編集部
04月15日
第1回 益田ミリ『今日の人生』「かもがわ おさんぽ展」を開催します! ミシマガ編集部
ページトップへ