今月のミシマ社

第2回

手売りブックスのシールを貼りに行くの巻

2018.05.20更新

 5月9日(水)午前10時20分。雨が降りそぼる中、北戸田駅に降り立ったホシノとノザキ。シナノ印刷のカワイさんと待ち合わせて向かったのは、22日(火)に発売となる「手売りブックスシリーズ」の製本を請け負ってくださっている新広社さんです。

 印刷の色味の確認などで、印刷工場にうかがう機会は、これまでにも時々あったのですが、製本所にうかがったのは、今回がおそらく初めてでした。ではなぜ今回、お邪魔させていただいたかというと・・・手売りブックスにはシールを貼る、しかも本ごとにデザインが違ったり、配置が微妙だったりする、という工程があり、本当はミシマ社メンバー全員で貼る作業をしたいところだったのですが、我々が代表して体験することになったのでした。

 ところで、書籍の製本が、どういう流れで行われているのか、なかなか普段知る機会がないと思いますので、まずは今回見せていただいた工程をダイジェストでお届けします。

・16ページで1折の本文(この時点では袋とじのような状態)が全折セットされた状態のものが、まずつくられます。

0520-9234.jpg

・機械を通して、表紙でくるみます。

0520-9217.jpg

・くるんだ後で、天・地・小口の3方をカットします。普段は機械で自動的にカットしますが、この日は、手動でカットする様子を見せてくださいました。

0520-9371.jpg

0520-9374.jpg

 その後に、カバーや帯をかけたり、しおりや読者ハガキなどを挟み込む作業があって、私たちが普段手にする完成形に仕上がっていきます。

 「手売りブックス」にはカバーと帯がありませんので、その代わりにいよいよここで、シール貼りの工程に入ります。現場では8人の女性たちが、流れ作業で、シール貼りと挟み込みを進めてくださっていました。

0520-9247.jpg

0520-9275.jpg

 「手売りブックス」シリーズ共通のシールに記されている通り、まさに「手から手へ」本が渡されて作業が進む光景に、思わず見入っていたホシノ&ノザキ、そういえば自分たちも貼りに来たのだった・・・! と思い出し、いざ挑戦。

0520-9316.jpg

0520-9321.jpg

 思いのほか、手元がブレて苦戦、まわりの皆さんに優しく教えてもらいつつ、なんとか任務完了です。

 こうやって、たくさんの方の手から手へ、を経て、このあとさらに、本屋さんでもオリジナルのシールを貼っていただき、いよいよ週明け22日には、全国の書店の店頭に並びます。

 読者の皆さんの「手」でぜひ、受け取っていただけたらと思います!

0513-2.jpg

ミシマガ編集部

ミシマガ編集部
(みしましゃへんしゅうぶ)

 

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    ミシマガ編集部

    2018/9/26(水)に発売されたクリープハイプの新アルバム『泣きたくなるほど嬉しい日々に』。そのデザインを手がけた寄藤文平さんと尾崎世界観さんは、4月にミシマガで対談しています。ミシマ社とも縁の深いお二人の対談、この機にぜひお読みください。(実は、今回の新アルバムの特装版の詩集と、タワーレコード特典の豆本の編集をミシマ社がお手伝いしています!)

  • 西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    ミシマガ編集部

    みなさん、最近、仕事どうですか? ナカムラケンタさんの『生きるように働く』と、『いま、地方で生きるということ』の著者でもある、西村佳哲さんの『一緒に冒険をする』(弘文堂)の2冊の刊行を記念して、2018年9月18日、代官山 蔦屋書店にてトークイベントが行われました。「最近〝仕事〟どう?」をテーマに、それぞれの角度から「仕事」について考え続けてこられたお二人が、自著の話、人が働くことの根っこについて、そして「働き方改革」までを語り合いました。そんなお話の一部を、前・後編2日間連続でお届けします。どうぞ!

  • 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1)

    町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1)

    ミシマガ編集部

    2018年6月22日、編集者であり長年街場を見つめてきた江弘毅さんがはじめて「ブンガク」を描いた、『K氏の大阪弁ブンガク論』が刊行になりました。司馬遼太郎や山崎豊子といった国民的作家から、黒川博行、和田竜など現代作家まで縦横無尽に書きまくっている本作で、2章を割いて江さんが絶賛しているのが、作家・町田康さん。本書の刊行を記念して(そして江さんが熱望して!)、紀伊國屋書店梅田本店にておこなわれた、お二人の対談の様子をお届けします。

  • 前田エマ×北野新太 将棋に恋をした。(1)

    前田エマ×北野新太 将棋に恋をした。(1)

    ミシマガ編集部

    2017年12月に発刊された『等身の棋士』。静かに燃える棋士たちの世界が著者の北野新太さんによる熱い文章で綴られています。この一冊に、ミシマ社に来て間もない新人ノザキは衝撃を受けたのでした。そして、この本が刊行された当初から、いつかはこのお二人の対談を、と願い続けて半年。念願の企画が今回ついに実現しました。

ページトップへ