今月のミシマ社

第2回

手売りブックスのシールを貼りに行くの巻

2018.05.20更新

 5月9日(水)午前10時20分。雨が降りそぼる中、北戸田駅に降り立ったホシノとノザキ。シナノ印刷のカワイさんと待ち合わせて向かったのは、22日(火)に発売となる「手売りブックスシリーズ」の製本を請け負ってくださっている新広社さんです。

 印刷の色味の確認などで、印刷工場にうかがう機会は、これまでにも時々あったのですが、製本所にうかがったのは、今回がおそらく初めてでした。ではなぜ今回、お邪魔させていただいたかというと・・・手売りブックスにはシールを貼る、しかも本ごとにデザインが違ったり、配置が微妙だったりする、という工程があり、本当はミシマ社メンバー全員で貼る作業をしたいところだったのですが、我々が代表して体験することになったのでした。

 ところで、書籍の製本が、どういう流れで行われているのか、なかなか普段知る機会がないと思いますので、まずは今回見せていただいた工程をダイジェストでお届けします。

・16ページで1折の本文(この時点では袋とじのような状態)が全折セットされた状態のものが、まずつくられます。

0520-9234.jpg

・機械を通して、表紙でくるみます。

0520-9217.jpg

・くるんだ後で、天・地・小口の3方をカットします。普段は機械で自動的にカットしますが、この日は、手動でカットする様子を見せてくださいました。

0520-9371.jpg

0520-9374.jpg

 その後に、カバーや帯をかけたり、しおりや読者ハガキなどを挟み込む作業があって、私たちが普段手にする完成形に仕上がっていきます。

 「手売りブックス」にはカバーと帯がありませんので、その代わりにいよいよここで、シール貼りの工程に入ります。現場では8人の女性たちが、流れ作業で、シール貼りと挟み込みを進めてくださっていました。

0520-9247.jpg

0520-9275.jpg

 「手売りブックス」シリーズ共通のシールに記されている通り、まさに「手から手へ」本が渡されて作業が進む光景に、思わず見入っていたホシノ&ノザキ、そういえば自分たちも貼りに来たのだった・・・! と思い出し、いざ挑戦。

0520-9316.jpg

0520-9321.jpg

 思いのほか、手元がブレて苦戦、まわりの皆さんに優しく教えてもらいつつ、なんとか任務完了です。

 こうやって、たくさんの方の手から手へ、を経て、このあとさらに、本屋さんでもオリジナルのシールを貼っていただき、いよいよ週明け22日には、全国の書店の店頭に並びます。

 読者の皆さんの「手」でぜひ、受け取っていただけたらと思います!

0513-2.jpg

ミシマガ編集部

ミシマガ編集部
(みしましゃへんしゅうぶ)

 

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1)

    『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1)

    ミシマガ編集部

    11月22日、『銀河鉄道の星』(宮沢賢治・原作、後藤正文・編、牡丹靖佳・絵)が発売となりました。発売を記念して、この本の著者であり、12月5日にはNEW ALBUM「ホームタウン」を発表したASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル&ギターを担当する後藤正文さんと、装丁を手がけてくださった名久井直子さんの対談を2日間にわたり、お送りします。昨日掲載した「あとがき」からさらに踏み込んで、後藤さんがなぜ、宮沢賢治を新訳しようと思ったのか、そして子どものころから宮沢賢治の作品に触れてきた名久井さんは、今回何を感じられたのか? たっぷりとお届けします。

  • 西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    ミシマガ編集部

    みなさん、最近、仕事どうですか? ナカムラケンタさんの『生きるように働く』と、『いま、地方で生きるということ』の著者でもある、西村佳哲さんの『一緒に冒険をする』(弘文堂)の2冊の刊行を記念して、2018年9月18日、代官山 蔦屋書店にてトークイベントが行われました。「最近〝仕事〟どう?」をテーマに、それぞれの角度から「仕事」について考え続けてこられたお二人が、自著の話、人が働くことの根っこについて、そして「働き方改革」までを語り合いました。そんなお話の一部を、前・後編2日間連続でお届けします。どうぞ!

  • くすみ書房店主・久住邦晴さんの本を発刊します

    くすみ書房店主・久住邦晴さんの本を発刊します

    ミシマガ編集部

    今月末に『奇跡の本屋をつくりたい〜くすみ書房のオヤジが残したもの』が発刊となります。多くの人に愛されながらも、2015年に閉店した札幌の書店「くすみ書房」の店主、久住邦晴さんの未完の遺稿を再編集し、書籍化したものです。この本にちなんで今日からミシマガ上でも「奇跡の本屋をつくりたい」のコーナーがスタートします。

  • 凍った脳みそ

    特集『凍った脳みそ』後藤正文インタビュー(1)

    ミシマガ編集部

    『凍った脳みそ』。なんとも不思議なタイトルである。いったい何の本なのか? と題名だけ見てわかる人はかなりのゴッチファンにちがいない。ぞんぶんにお好きなように本書を楽しんでくださいませ! 実は、アジカンファンだけど「この本はどうしようかな」と思っている方や、必ずしもアジカンやゴッチのファンでもないけど音楽は好きという方や、ゴッチもアジカンも音楽もとりわけ好きなわけじゃないけど面白い本は好き! という方にも、本書はおすすめなのです。その理由の一端に迫ることができればと思い、著者の後藤正文さんに直接お話をうかがいました。

ページトップへ